石野誠三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いしの せいぞう
石野 誠三
別名義 石野 吉三郎 いしの きちさぶろう
生年月日 1905年
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業 撮影技師編集技師
ジャンル 映画
活動期間 1919年 - 不明
活動内容 1919年 日活関西撮影所入社
1921年 サワタ映画製作所入社
1924年 東亜マキノ等持院撮影所入社
1925年 マキノ・プロダクション御室撮影所移籍
1931年 J.O.スタヂオ移籍
1932年 正映マキノキネマ移籍
1941年 満洲映画協会入社
配偶者 水谷蘭子
主な作品
雄呂血
矢衾
砂絵呪縛

石野 誠三(いしの せいぞう、1905年 - 没年不明[1])は、日本の撮影技師編集技師である[1]

人物・来歴[編集]

1905年(明治38年)に生まれる[1]

満14歳を迎える1919年(大正8年)、撮影見習いとして日活関西撮影所に入社する[1]。1921年(大正10年)には日活を退社して、大阪の沢田順介サワタ映画製作所に入社している[1]。1924年(大正13年)、東亜マキノ等持院撮影所入社した[1]。初任給は30円であったという[2]。1925年(大正14年)には竜神虎彦監督の『何者?』前篇で撮影技師に昇進した。同年6月、牧野省三マキノ・プロダクションが東亜キネマと分離し、御室撮影所を建設・開所するとマキノに移籍した[1]

移籍しての第1作は金森万象監督の『奇傑鬼鹿毛』で、同作以来、金森とのコンビを多く組んだ[1]大森伊八、三木稔(のちの三木滋人)とともに撮影部の重要なカメラマンとなる[1]。1929年(昭和4年)に牧野の長男・マキノ正博(のちのマキノ雅弘)を所長に、名古屋に中部撮影所を建設・開所したときには、同所の現代劇部カメラマンに就任した[1]。在籍中に女優の水谷蘭子と結婚した[1]

1931年(昭和6年)、マキノ・プロダクションが解散すると、大沢商会が製作した金森監督の『見よ! この先駆者を』という大阪の日本ゼネラル・モータースから受注した宣伝映画を撮影した[3]。その後は大沢が設立したJ.O.スタヂオに移籍し編集技師に転向するが[1]、翌1932年(昭和7年)、正映マキノキネマが設立されると同社に移籍した[1]

1941年(昭和16年)、満洲映画協会(満映)に入社、石野吉三郎と改名し、作業管理所技術班長、編集係主任を歴任した[1]。同時期、『日満華競技大会』等のドキュメンタリー映画をマキノ出身のカメラマン大森伊八と組んで、監督している[4]第二次世界大戦終戦まで満映に在籍した[1]

戦後は、山口シネマに入社、日本中央競馬会の専属撮影技師としてパトロールフィルムの撮影を務めた[3]。マキノ・プロダクションのOB会「マキノ旧友会」の設立に寄与した[5]。それ以降の消息、死去時期などは不明である[1]

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外は編集技師として参加した。

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 菅家紅葉氏談話」、立命館大学、p.17, 2009年11月8日閲覧。
  2. ^ 「菅家紅葉氏談話」, p.24.
  3. ^ a b 「菅家紅葉氏談話」, p.28.
  4. ^ 啓民映画作品データベースm-omura.com/masa, 2009年11月8日閲覧。
  5. ^ 「菅家紅葉氏談話」, p.6.

外部リンク[編集]