石都々古和気神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石都々古和気神社
DQlWMzEUMAA6WHP.jpg
拝殿
所在地 福島県石川郡石川町下泉269
位置 北緯37度8分41.90秒
東経140度27分3.25秒
主祭神 味秬高彦根命
大国主命
誉田別命
社格 式内社(小)
(称)陸奥国一宮
郷社
本殿の様式 流造
例祭 9月第2土曜日
テンプレートを表示
本殿
参道沿いにある磐境
石門

石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)は、福島県石川郡石川町にある神社式内社で、旧社格郷社。また、陸奥国一宮を称する。

祭神[編集]

味秬高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を主祭神とし、大国主命(おおくにぬしのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと。八幡神)を配祀する。当社の元元の祭神は味秬高彦根命で、これは棚倉町都都古別神社(都都古和気神社)二社と同じであり、都都古別神社から分祀されたものであるという説もあるが明確な裏附けはない。

歴史[編集]

当社は八幡山と呼ばれる山の頂上にある。創建の年代は不詳であるが、八幡山には磐境が多数あり、古代から祭祀の地とされていたことがわかる。延喜式神名帳の記述が書物における当社の初見である。

永承6年(1051年)、源有光源義家の安倍一族追討の軍に加わって功績を挙げ、代官として石川の地を賜った。有光は康平6年(1063年)にこの地に移って名を石川有光とし、八幡山山頂の当社東側に三芦城(石川城)を築城した。以降25代528年間にわたって石川氏の居城となっていたが、豊臣秀吉により取り上げられた。治暦2年(1066年)、源氏の氏神である石清水八幡宮の分霊(八幡神・大国主命)を勧請して石都々古和気神社に合祀した。

祭礼[編集]

八幡神を当社に合祀した日は旧暦9月19日であり、それ以降、当社の例祭はこの日に行われるようになった。山頂より神体を納めた神輿が氏子の手によって麓の馬場町御仮屋に下り、7日間にわたって流鏑馬などの神事が行われていた。昭和50年(1975年)に新暦の9月11日から15日まで、平成15年(2003年)より新暦の9月第2土曜日に例祭式、その前3日間を参篭と改めた。

文化財[編集]

福島県指定文化財[編集]

  • 重要文化財(有形文化財)
    • 石都々古和気神社の鰐口(美術工芸品) - 昭和28年10月1日指定[1]

石川町指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 石都々古和気神社の狛犬 1対(彫刻) - 平成28年5月指定[2]
    • 吉田光一文書(古文書) - 平成3年3月25日指定[1]

交通[編集]

JR東日本水郡線磐城石川駅下車、徒歩10分(石川町役場横)。ただし、これは八幡山麓の境内入口までの時間であり、本殿まではさらに10分程度山道を歩くことになる。参道とは別に本殿横まで自動車の通れる道がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中世石川町の文化財(石川町ホームページ)。
  2. ^ "「石都々古和気神社の狛犬」が新たに町指定文化財となりました"(石川町ホームページ)。

外部リンク[編集]