石谷澄清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
石谷澄清
時代 江戸時代
生誕 享保14年(1729年
死没 安永9年1月24日1780年2月28日
別名 五右衛門、十蔵
戒名 義豊
幕府 江戸幕府
氏族 石谷氏
父母 父:石谷眞清
兄弟 石谷澄清、斧之助
坪内定堅の娘
石谷因清、女子(坪内定安の妻)

石谷 澄清(いしがや すみきよ)は、江戸時代旗本

生涯[編集]

延享元年(1744年)12月22日、父である石谷眞清の遺跡を継いだ。宝暦6年(1756年)4月10日に御小姓組に列し、宝暦8年(1758年)12月12日に中奥の番士となり、宝暦11年(1761年)6月に遠江国の領地を割って、上総国長柄・山邊両郡に移されたという。明和8年(1771年)5月1日に御徒頭となり、同年12月18日には布衣の着用を許されたという。安永3年(1774年)2月15日、西城の御目付となる。安永6年(1777年)11月25日に西城の御先鉄砲頭となり、安永7年(1778年)5月6日、務めを辞して寄合に移った。

子女[編集]

  • 石谷因清
石谷清昌の娘を妻とした。御小姓組の番士となる。
  • 女子
坪内主税定安の妻となる。

参考文献[編集]