石田正継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
石田正継
Ishida Masatsugu.jpg
石田正継像 文禄3年(1594年)9月 伯蒲慧稜妙心寺蔵)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
死没 慶長5年9月18日1600年10月24日
改名 正継→円済→梅岩道圍
別名 為成、清成、正継、政成
通称:藤左衛門(藤右衛門)、左吾左衛門、太郎右衛門、隠岐(隠岐守/隠岐入道)
号:円済、道園
戒名 梅岩道圍居士
墓所 妙心寺壽聖院
官位 従五位下隠岐
主君 京極氏→豊臣秀吉
氏族 石田氏(原氏)
父母 父:石田為広(仲成)
瑞岳院[1]
正澄三成、女(福原長堯正室)、女(熊谷直盛正室)

石田 正継(いしだ まさつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将石田三成の父。嫡子は正澄

名前[編集]

「正継(正繼)」の他に、諱や通称には諸説ある。『古今武家盛衰記』『霊牌日鑑』[2]『諸家興廢記』『武者物語』『翁草』には、「藤左衛門為成」とあり、『志士清談』には「左吾左衛門」、『震澤山舊時記』には「太郎右衛門」、『関ヶ原軍記大成』には「原淸成入道圓濟(原清成、円済)」とあるが、多賀神社文書・伊波太岐神社文書には「正継」とあり、これが通説とされている[3]

略歴[編集]

出自は、近江国坂田郡石田村(現:滋賀県長浜市石田町)出身の地侍、または京極氏の被官とする説があり、学問の志が深く、才文武を兼ね、学は和漢を通じ、万葉集をひもとき、和歌を詠ずる風流心があった[4]。醒ヶ井の松尾寺から六十巻の書籍を借り読破し、三成にも読ませようとした[5]。父は石田為広(為成、仲成・為厚とも)で、法名は前陸奥入道清心といわれるが詳細は不明。

三成が豊臣秀吉に仕えると、天正14年から16年、三成が堺の奉行となったときに、その代官として三成を補佐した。

堺の甘露山大阿弥陀経寺は、文亀2年(1502年)に八万貫屋宗徳・妙徳より塩風呂を寄進されて以来、治療に用いられて栄えていたが、天正16年、代官の正継は、この濫用を止めさせ、寺院の乱れを正し、入浴の方法や休日などを定めた。この塩風呂には秀吉も入浴して持病平癒したので、諸役免除の朱印が与えられている。

文禄4年(1595年)、三成が佐和山城主に封ぜられると正継も近江国内で300石を食み、常に城にあって、以後は城代として三成留守時の政令を掌った。京極家の木材伐採における諍いの沙汰、百姓の共有地の保護、神社仏閣・経典の保存に尽力した。佐和山領、江北の蔵入地の支配は三成に代わって、その任務を行った。この地方に残っている民政の古文書は三成よりも正継の名の方が多い[6]

朝鮮出兵では、楠木正虎と共に肥前名護屋城にあって帳簿関係を担当した。

刺髪して初め入道円斎を号し、さらに梅岩道圍(ばいがんどうい)居士を号した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与し、佐和山城の本丸を2800人で守備した。関ヶ原で西軍が敗れると東軍の1万5000人が城に押し寄せたが、小早川秀秋らの猛攻に半日抵抗して家臣の多くを脱出させた後、18日に正澄と共に自尽して果てた[7]

墓所は京都市右京区妙心寺塔頭壽聖院で、右上の肖像画も当寺の所蔵である。(大阪市立美術館寄託) 土佐派の粉本類に本作によく似た紙形(下絵)があることから、筆者は同時代に活躍した土佐光吉かその周辺の絵師だと推測され、2012年に重要文化財に指定された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一説に、土田外記成元の娘
  2. ^ 三成の子済院宗享が妙心寺住職時代に残した記録。
  3. ^ 渡邊 1929, pp.1-2
  4. ^ 今井 1988, pp.4-5
  5. ^ 今井 1988, p.5
  6. ^ 今井 1988, p.94
  7. ^ 今井 1988, pp.201-203

参考文献[編集]