石田正範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石田 正範(いしだ まさのり、1942年6月1日 - 2011年11月20日[1])は、日本企業家CKD会長。

略歴[編集]

1942年6月1日、愛知県生まれ。大学卒業後、1965年に中京電機株式会社(現CKD)入社。CKD株式会社取締役総務部長兼広告宣伝部長、同社取締役営業本部長、同社代表取締役専務営業本部長、同社代表取締役副社長を歴任する。

2005年に同社代表取締役社長へと昇格する。就任中は、アジア事業を大幅に強化するなど手腕をみせた。2008年6月同社代表取締役会長に就任。

2011年11月20日、名古屋市の病院で死去。69歳没[1]

学歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石田正範氏死去(前CKD会長) 時事通信 2011年11月24日閲覧