石田敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田敏子(いしだ としこ、1935年 - )は、日本日本語教育学者筑波大学名誉教授

人物[編集]

国際基督教大学大学院修士課程修了、同準(准)教授早稲田大学日本語教育研究科非常勤講師、筑波大学教授、1999年定年退官、名誉教授、日本女子大学文学部日本文学科教授、2005年退職、国際教養大客員教授、2010年退職。(スタンフォード大講師、ハーバード大講師、パリ第7大講師、INALCO客員教授、オックスフォード大客員研究員、ダーラム大客員教授、マラヤ大客員教授。)日本語教育を専門とするほか、多様な翻訳も行う。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本語教授法』大修館書店 1988
  • 『入門日本語テスト法』大修館書店 1992
  • 『入門書き方の指導法 日本語の教え方を一から学び直したい人へ』アルク 2007

共著[編集]

翻訳[編集]

  • アーサー・ケストラー『サンバガエルの謎 異端の生物学者カンメラーの悲劇』サイマル出版会 1975
    • 『サンバガエルの謎 獲得形質は遺伝するか』岩波現代文庫
  • アール W.ステヴィック『新しい外国語教育 サイレント・ウェイのすすめ』日本ブリタニカ 1979 のちアルク 
  • スチュアート・ピッケン『若者たちよ、自立をめざせ 若き友人達に贈る総合的人間学』大和書房 1981
  • フィリップ・ハリー『罪なき者の血を流すなかれ ル・シャンボン村の出来事』新地書房 1986

参考[編集]

  • 石田敏子教授略歴ならびに著述目録 (石田敏子教授退任記念号) 国文目白 2005-02