石田寿老

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 寿老(いしだ じゅろう、1908年明治41年)2月 - 1994年平成6年)7月22日[1])は、日本の生物学者

島根県出身[1]。1932年東京帝国大学理学部動物学科卒、1945年「淡水魚(メダカ)の孵化酵素に関する研究」で理学博士三井海洋生物学研究所、東京帝国大学理学部動物学科助教授名古屋帝国大学理学部助教授、東京大学教養学部・理学部生物学教授。1969年定年退官、名誉教授埼玉大学教授、1972年東邦大学教授。1994年7月22日、多臓器不全のため死去[1]

弟子に毛利秀雄(東大名誉教授)がいる。

著書[編集]

  • 『動物の孵化』河出書房 生物学集書、1948
  • 『孵化酵素』北隆館 日本生物学業績、1948
  • 『生物学実験法講座 第11巻 A 発生の生理化学実験法』中山書店、1954
  • 『わかる動物かいぼうの実験』岩崎書店 中学生の生物実験教室、1960
  • 『わかる昆虫の実験』編 岩崎書店、1962

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • Abraham White 等『生化学原理』共訳 岩崎書店、1962

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.49

参考[編集]

  • 『発生生化学』編者紹介