石田保昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 保昭(いしだ もりあき、1930年9月30日[1] -2018年5月18日 )は、日本インド史学者、評論家

経歴[編集]

千葉市生まれ。陸軍幼年学校で学ぶ[2]1953年東京大学文学部東洋史学科卒。1958年 - 1961年インド政府外国語学校教官としてニューデリーに滞在。帰国後著した『インドで暮らす』は「ユニークなルポルタージュであり、実証という水準においてスメドレーの中国ルポルタージュに優るとも劣らず、ありきたりのインド紹介論とは全く趣を事にしている」と中村平治が評している[3]。東京大学教養学部講師[4][5]として東洋史を講義していたが病気療養のため辞職[6]

交友[編集]

イスラム学者の板垣雄三とは小学校からの同級生[2]

家族・親族[編集]

石田家[編集]

父は陸軍中将石田保忠。母文枝(元女医)は陸軍少将大橋常三郎の長女[7]。叔父は陸軍大佐石田保政[2]代言人弁護士)の北田正董は曾祖父(祖母酉の父)[8]。外交官北田正元(初代駐アフガニスタン公使[9])は大叔父[10]樋口一葉と共に女流作家として活躍した北田薄氷は大伯母[10]

著書[編集]

参考[編集]

  • 「インドで暮らす」著者略歴

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インド現代史”. 国立国会図書館. 2017年3月17日閲覧。
  2. ^ a b c 阿久津正幸編: “板垣雄三先生インタビューVol.2 (PDF)”. 人間文化研究機構地域研究推進事業「イスラーム地域研究」東京大学拠点. p. 81/106 (2014年3月31日). 2017年11月11日閲覧。
  3. ^ 中村平治 (1964). 日本における現代インド政治の研究. 11. アジア研究. pp. 13-14. https://doi.org/10.11479/asianstudies.11.1_81 2017年11月11日閲覧。. 
  4. ^ 『教養人の東洋史 下 15世紀から現代迄』奥付著者略歴、田中正俊小島晋治新島淳良三木亘、石田保昭著(1966年3月15日初版第1刷、1972年4月30日初版第11刷)現代教養文庫 社会思想社 ISBN 9784390105484
  5. ^ 私はこう考える : 東大闘争・教官の発言 - 国立国会図書館サーチ
  6. ^ 長沢栄治・阿久津正幸編: “板垣雄三先生インタビューVol.1 (PDF)”. 人間文化研究機構地域研究推進事業「イスラーム地域研究」東京大学拠点. p. 25/100 (2014年3月31日). 2017年11月11日閲覧。
  7. ^ 石田文枝著『知らず知らずに九十五歳 元女医の人生ひとり歩き』
  8. ^ 石田文枝著『知らず知らずに九十五歳 元女医の人生ひとり歩き』61頁
  9. ^ 日本・アフガニスタン協会の沿革と業績
  10. ^ a b 石田文枝著『知らず知らずに九十五歳 元女医の人生ひとり歩き』63頁