石田かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 かおり(いしだ かおり、1964年 - )は、日本の化粧文化研究者、駒沢女子大学教授。

略歴[編集]

神奈川県生まれ。本名・香里。1987年横浜国立大学文理学部哲学科卒、1992年お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科比較文化学満期退学。2007年「化粧に見られる美的価値基準の問題と解決策としての化粧教育の提案」で博士(被服環境学)(文化女子大学)。1992年資生堂に入社。ビューティーサイエンス研究所にて化粧文化の研究を開始。2000年駒沢女子大学人文学部人間関係学科専任講師となり、2007年准教授、2012年教授、2018年同人間総合学群教授[1]。当初フッサール現象学を研究していた。

著書[編集]

  • 『おしゃれの哲学 現象学的化粧論』理想社 1995
  • 『化粧せずには生きられない人間の歴史』2000 講談社現代新書
  • 『お化粧大研究 すてきな自分になるために』PHP研究所 (未知へのとびらシリーズ)2003
  • 『京の「はんなり」 江戸は「粋」 魅せるおんなの極上作法』祥伝社 2005
  • 『化粧と人間 規格化された身体からの脱出』法政大学出版局 2009

共著[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]