石狩金沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石狩金沢駅
駅舎(2017年7月)
駅舎(2017年7月)
いしかりかなざわ
Ishikari-Kanazawa
G14 北海道医療大学 (2.2km)
(4.5km) 本中小屋
所在地 北海道石狩郡当別町字金沢
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 札沼線(学園都市線)
キロ程 31.1km(桑園起点)
電報略号 リカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1935年昭和10年)10月3日
備考 無人駅
テンプレートを表示

石狩金沢駅(いしかりかなざわえき)は、北海道石狩郡当別町字金沢にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の電報略号リカ

歴史[編集]

1976年の石狩金沢駅と周囲約500m範囲。左下が札幌方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名に旧国名の石狩を冠する。地名の由来は以下の諸説があるが、いずれも石川県金沢市に由来する。

  • 1890年(明治23年)に金沢出身の松村鉄之助らが入植し、1902年(明治35年)に松村が命名[8]
  • 1886年(明治19年)に金沢出身の松村市三郎が入植したことによる(町史ではこれを採る)[8]
  • この地の道路を囚人を使い開鑿した樺戸集治監看守長の出身地であるため[8][9]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅であり、緩急車改造の駅舎を持つ。

1976年の時点では、駅表側に島式、駅裏側に単式の複合ホーム2面3線を有する交換可能駅だった[注 1]が、貨物取扱廃止と無人化に伴い、貨物線は札幌側が寸断されて保線用引込み線となり、駅裏側ホームとレールが撤去されて単式ホーム1面1線となった。その後、引込み線も撤去されて完全に棒線化された。

利用状況[編集]

  • 1950年(昭和25年)の1日平均乗車人員は105人[10]
  • 1955年(昭和30年)の1日平均乗車人員は122人[10]
  • 1960年(昭和35年)の1日平均乗車人員は192人[10]
  • 1965年(昭和40年)の1日平均乗車人員は223人[10]
  • 1969年(昭和44年)の1日平均乗車人員は133人[10]
  • 2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)では、5年平均で「10名以下」[11]
  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は2.8人[12]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は3.2人[13]

駅周辺[編集]

駅前に廃校舎(旧町立金沢小学校)があるほか、民家が数軒あるのみ。新篠津村との境界が付近にある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
札沼線(学園都市線)
北海道医療大学駅 (G14) - 石狩金沢駅 - 本中小屋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、駅舎と島式ホームの間は駅舎横の新十津川方にある貨物ホームへの貨物積卸線で、島式ホームの駅舎側は使用されておらず、旅客用としては実質的には相対式ホーム2面2線だった。

出典[編集]

  1. ^ a b “札沼線(学園都市線)の電化について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年9月9日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090909-2.pdf 2009年9月14日閲覧。 
  2. ^ 「運輸通信省告示第353号」『官報』1944年7月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「運輸省告示第313号」『官報』1946年12月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ “札沼線(学園都市線)の電化開業時期について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年10月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-3.pdf 2011年10月17日閲覧。 
  5. ^ a b 杉山茂「電化目前の学園都市線と専用気動車のこと」、『鉄道ファン』第615号、交友社、2012年7月、 27頁。
  6. ^ 『JRガゼット』2009年10月号、交通新聞社
  7. ^ “札沼線・北海道医療大学―新十津川 20年5月7日に廃止”. 北海道新聞. (2018年12月8日). https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/255850 2018年12月8日閲覧。 
  8. ^ a b c 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 116. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月16日閲覧。. 
  9. ^ 『駅名の起源』 札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、31頁。NDLJP:1029473
  10. ^ a b c d e 当別町史 昭和47年5月発行 880頁。
  11. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ 札沼線(北海道医療大学・新十津川間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道株式会社), (2017年12月8日), http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/01.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  13. ^ 札沼線(北海道医療大学・新十津川間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社), (2018年7月2日), オリジナル2017年12月31日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180704114928/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/01.pdf 2018年7月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]