石狩沼田幌新事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石狩沼田幌新事件(いしかりぬまたほろしんじけん)とは、大正12年(1923年8月21日の深夜から8月24日にかけて、北海道雨竜郡沼田町の幌新地区で発生した、記録されたものとしては日本史上2番目[note 1]に大きな被害を出した獣害(じゅうがい)事件。ヒグマが開拓民の一家や駆除に出向いた猟師を襲い、5名が死亡、3名の重傷者を出した。

事件の経緯[ソースを編集]

事件の現場となった石狩沼田の幌新地区は、留萠本線恵比島駅から北東4~8kmほど離れた地区である。地名の「ほろしん」は、地区内を流れる雨竜川の支流・幌新太刀別川(ほろにたちべつがわ、アイヌ語で「湿地を流れる大きな川」を意味するポロ・ニタッ・ペツに由来)の、前半部を取ったものである[1]

8月21日[ソースを編集]

大正12年8月21日、沼田町内の恵比島地区で、太子講祭りが開催された。日ごろ娯楽も少ない開拓地ゆえ、余興で上演される浪花節や人情芝居を目当てに、近隣の村落から多くの人々が詰め掛けた[1][2]

最初の襲撃[ソースを編集]

村民を熱狂させた祭りも午後11時半頃にはお開きとなり、幌新地区の支線の沢や本通筋から祭りに参加していた一団[note 2]も、夜の山道を家路へと急いでいた。一行が幌新本通りの沢に差し掛かった頃、小用のため50mほど遅れて歩いていた林謙三郎(19) [note 3]が、突然現れた巨大なヒグマに背後から襲われた[1][2]。しかし、まだ若い彼は死力を尽くして暴れ、着物を裂かれながらも何とか脱出に成功する。そして恐怖に怯むこともなく、前方を歩く一団に急を知らせた。一方、先回りしたヒグマは一団の先頭部を歩いていた村田幸次郎(15) を撲殺し、幸次郎の兄・由郎(18) に重傷を負わせると、彼を生きたまま土中に埋めた。そして、幸次郎の遺体を腹部から食い始めた[1]

暗闇の念仏[ソースを編集]

パニックに陥った一団は、そこから300mほど離れた木造平屋建ての農家・持地乙松[1][2]に逃げ込み、屋根裏や押入れの中に身を隠し、囲炉裏にガンピ(シラカバの皮)を大量にくべてを強めるなどしてヒグマに立ち向かう手はずを整える。やがて30分ほど経過した頃、件のヒグマが幸次郎の内臓を食いつつ持地宅に現れ、ガラス窓から屋内を伺い始めた。家人は座布団などを投げつけて[2]追い払おうとしたところ、ヒグマは玄関に回ろうとする。村田兄弟の父親・三太郎(54) は入れるまいとして必死になって戸を押さえていたが、ヒグマは戸を三太郎ごと押し倒し、屋内に侵入した[1]。三太郎は咄嗟にスコップを構えて立ち向かったものの叩き伏せられ、重傷を負った。ヒグマは囲炉裏で盛んに燃え上がる火を恐れることもなく踏み消し、部屋の隅で恐怖に震えていた母親・ウメ(56) [note 4]を咥え上げると、そのまま家を出ていこうとする。三太郎は自らの深手も忘れ、半狂乱になってヒグマをスコップで打ち据えるが、意に介すこともなく向かいの山中へとウメを引きずっていく[2]。ウメが助けを求める叫び声が2、3度響いた後、かすかな念仏が何度も続けて聞こえてきたが、それも次第に遠ざかり、夜風に吹き消されてしまった[1]

8月22日[ソースを編集]

妻子を奪われた三太郎はじめ、避難民らは心身ともに苦痛に苛まれ、焦燥に駆られるばかりだった。しかしの備えもない農家ゆえ、屋内に閉じこもってわが身を守る以外に打つ手は無い。むなしい思いの中で22日の朝がきたところで、事情を知らない村民が持地宅のそばを偶然通りかかった。屋内の一団は大声で助けを求め、すでにヒグマが去ったことを聞きつけた上で戸外へとまろび出た。近隣の藪の中で下半身をすべて食われたウメの遺体が見つかり、土中に埋められた由郎も発見。まだ息があったため由郎は直ぐさま沼田市街の病院に送られたが、結局病院で死亡した[2]

8月23日[ソースを編集]

山中に消えた狩人[ソースを編集]

22日のうちに、惨劇は沼田町全域に知れ渡った。翌23日には、熊撃ち名人として名高い砂澤友太郎をはじめ雨竜村(現在の雨竜町)の伏古集落在住の3人のアイヌの狩人が応援に駆けつけた[2]。そのうちの1人・長江政太郎(56) [note 5]は凶悪なヒグマの話を聞きつけて憤慨し、「そのような悪い熊は、ぜひとも自分が仕留めなければならない」と、周囲が止めるのも聞かず単身でヒグマ退治に赴いたものの、山中で数発の銃声を響かせたきり行方知れずとなった[1][2]

8月24日[ソースを編集]

ヒグマの最期[ソースを編集]

24日。在郷軍人、消防団、青年団など総勢300人あまりの応援部隊が幌新地区に到着した。さらに、幌新、恵比島の集落民のうち60歳未満の男子が残らず出動し、村始まって以来のヒグマ討伐隊が結成された[1]。ところが、一行が山中に分け入ってまもなく加害ヒグマが現れ、討伐隊の最後尾にいた上野由松(57) が一撃で撲殺された。ヒグマは折笠徳治にも重傷を負わせ、咆哮を上げつつ別の討伐隊メンバーに襲いかかろうとしたが、現役除隊間もない軍人が咄嗟に放った銃弾が命中。さらに鉄砲隊が一斉射撃を浴びせたことにより、凶悪なヒグマもついに斃された。この現場のすぐそばで、23日に行方不明になっていた長江政太郎が、頭部以外をすべて食い尽くされた状態の遺体として発見された[2]

結果的に村田幸次郎、村田ウメ、長江政太郎、上野由松の計4人(救助後、病院で死亡した村田由郎を加えれば計5人)が死亡し、林謙三郎、村田三太郎、折笠徳治の3人が重傷を負っていた。

加害クマは、体長2m、体重200kgの雄成獣だった。解剖の結果、からは大きな一杯分にも及ぶ人骨と、未消化の人のが発見された[1]

その後[ソースを編集]

このヒグマの毛皮は幌新小学校に保存されていたが、昭和42年(1967年)に幌新小学校が廃校になった後は幌新会館に移され、現在では沼田町郷土資料館[note 6]に展示されている。また、重傷を負った林謙三郎は、その後一度も山に入らなかったという。

なお、事件の舞台である幌新太刀別川上流部では、その後炭鉱が開発された。それに伴って山中に2千人以上の人口を有する小都市が生まれ、恵比島駅を基点とする留萠本線の支線・留萠鉄道も開通して大いに栄えた。しかし昭和40年代の炭鉱閉山と共にゴーストタウンと化し、現在では幌新ダム貯水池の底に沈んでいる。

事件の原因[ソースを編集]

夏祭り帰りの一行が最初にヒグマに襲われた地点には、斃死したの死体が埋められていた。加害ヒグマは数日前よりこの死体を食べており、偶然現れた一行を「大事な餌を奪う敵」と見なし、排除に及んだのが事件の発端だと思われる[2]

補足[ソースを編集]

現在の沼田町は、北海道でも有数の米どころだが、開拓以前は面積の8割を原生林に覆われ、まさにヒグマの天地だった。この環境の中で開拓民とヒグマの接触事故は頻々と発生し、「開拓小屋にクマが侵入し、収穫したてのトウキビ(トウモロコシ)を食われた」「収穫間近のトウキビを一晩で一反(10アール)分食われた」などの逸話には事欠かない。

「石狩沼田幌新事件」以外の人身事故、家畜殺傷事件も相次ぎ、大正2年(1913年)には奔々地区(現在の更新3地区)で通学途中の小学生が体重200kgのヒグマに襲われ、内臓をすべて食い尽くされた。同じ頃、安達地区(現在の共成3地区)では農作業中の若い女性が襲われて瀕死の重傷を負った。

さらに昭和30年代に至っても、共成、東予、更新、真布、さらに幌新など町内各所にヒグマが出没し、農作物や家畜に被害を与えている[1]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 松浦武四郎の『近世蝦夷人物誌』には、安政の初めころに蝦夷地網走付近に出没した人食い熊を退治する逸話が掲載されている。死者数は、当事件と同数の5人である
  2. ^ 『新編沼田町史』の記述では20人、北海道新聞社発行『ヒグマ』では5人の一団とされている。
  3. ^ 彼は、後に沼田町の町議会議員になった。なお、登場人物名は、『新編沼田町史』で使用されているもので統一する。
  4. ^ 北海道新聞社発行の『ヒグマ』によれば、ウメは戸外に残したわが子を案ずるあまり、自ら戸外に出たとされている。ここでは、『新編沼田町史』の記述を採用した。
  5. ^ 長江政太郎の素性については、資料によって相違がある。『新編沼田町史』では「恵比島集落在住の猟師」と記載されているが、北海道新聞社発行の『ヒグマ』や、砂澤友太郎の妻・クラが著した自伝『ク スクップ オルシペ』には「雨竜村伏古在住のアイヌの狩人」と書かれている。なお、砂澤友太郎は彫刻家・砂澤ビッキの伯父である
  6. ^ 昭和57年(1982年)発行の『新編沼田町史』の記述を採用した。平成5年(1993年)発行『増補版 ヒグマ』では、加害ヒグマの収蔵場所は沼田町役場とされている。
  7. ^ 重傷を負って病院に収容されたものの容態が悪化して死亡した村田由郎も加えれば、死者は5人になる

引用[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『新編沼田町史』 沼田町、昭和57年
  2. ^ a b c d e f g h i j 『ヒグマ』 門崎允昭・犬飼哲夫著、北海道新聞社、昭和62年

参考文献[ソースを編集]

  • 『新編沼田町史』 沼田町、昭和57年
  • 『ク スクップ オルシペ-私の一代の話』 砂澤クラ、北海道新聞社、昭和58年
  • 『ヒグマ』 門崎允昭犬飼哲夫、北海道新聞社、昭和62年
  • 『増補版 ヒグマ』 門崎允昭犬飼哲夫、北海道新聞社、平成5年

関連項目[ソースを編集]