石沢英太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石沢 英太郎
(いしざわ えいたろう)
ペンネーム 鵜飼光太郎(別名義)
誕生 (1916-05-17) 1916年5月17日
死没 (1988-06-16) 1988年6月16日(72歳没)
職業 推理作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1962年 - 1988年
ジャンル 推理小説
代表作 牟田刑事官シリーズ
主な受賞歴 双葉推理賞(1966年)
日本推理作家協会賞短編賞(1977年)
デビュー作 『脅迫旅行』
子供 野阿梓
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

石沢 英太郎(いしざわ えいたろう、1916年5月17日 - 1988年6月16日)は日本推理作家中華民国大連市育ち(生まれは日本本土)。

大連商業学校卒業後、満州電業に就職。1962年に『脅迫旅行』で第1回オール讀物推理小説新人賞で次点、翌年に『つるばあ』が宝石新人25人集に掲載される。1966年に『羊歯行』で第1回双葉推理賞受賞、1977年に『視線』で第30回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。

首つり自殺により72歳で死去。『少数派』のような、同性愛の世界を描いた異色作がある。

SF作家の野阿梓は息子。

作品リスト[編集]

  • 謀鬼 私説 黒田騒動 新人物往来社 1970 のち講談社文庫 
  • カラーテレビ殺人事件 双葉社 1972. -- (双葉推理小説シリーズ)
  • 唐三彩の謎 光文社 1973 (カッパ・ノベルス) のち徳間文庫 
  • カーラリー殺人事件 光文社 1973 (カッパ・ノベルス) のち講談社文庫 
  • 橋は死の匂い フタバノベルス 1974 のち徳間文庫 
  • やきもの推理行 新人物往来社 1976 のち徳間文庫 
  • 五島・福江行 集英社 1977.8 のち徳間文庫 
  • 視線 文藝春秋 1977.9 のち講談社文庫 
  • ブルー・フィルム殺人事件 立風書房 1977.8 のち講談社文庫 
  • 羊歯行・乱蝶ほか 講談社文庫 1978.8
  • 21人の視点 光文社 1978.9 (カッパ・ノベルス) のち文庫 
  • 牟田刑事官事件簿 双葉社 1978.12 のち講談社文庫、「牟田刑事官殺人簿」天山文庫
  • 秘画殺人事件 集英社 1979.3 のち徳間文庫、「秘画・写楽の謎」ケイブンシャ文庫
  • 殺人日記 集英社文庫 1979.7
  • 死の輪舞 フタバノベルス 1980.11 のち徳間文庫 
  • 空間密室 講談社 1981.6 のち文庫 
  • 退職刑事官 光文社 1981.4 (カッパ・ノベルス) のち文庫 
  • ヒッチコック殺人事件 広済堂出版 1982.8 のち徳間文庫 
  • 九州殺人行 「博多どんたく」の謎 光文社 1982.11 (カッパ・ノベルス) のち文庫 
  • 噂を集め過ぎた男 徳間文庫 1983.1
  • 殺意の断面図 トクマ・ノベルズ 1984.12
  • 南海幻想 光文社文庫 1984.9
  • 博多殺人案内 広済堂文庫 1985.12
  • 博多殺人行 広済堂文庫 1985.2
  • 博多殺人風景 広済堂文庫 1985.6
  • 映画主題歌殺人事件 広済堂文庫 1986.2
  • 福岡・博多殺人模様 広済堂文庫 1986.5
  • 中洲ネオン街殺人事件 広済堂文庫 1986.8
  • ゴルフツアー殺人事件 光文社文庫 1986.9
  • 博多歓楽街殺人事件 広済堂文庫 1987.5
  • 少数派 講談社 1987.4
  • 太宰府天満宮殺人事件 ケイブンシャ文庫 1988.4
  • さらば大連 光文社文庫 1988.8
  • 刑事官殺人ファイル 天山文庫 1988.8
  • 九州推理紀行 天山文庫 1989.3
  • 狙われた部屋 天山文庫 1989.10

エッセイ[編集]

  • 沖田総司剣と愛と死 滝口康彦,古川薫共著 新人物往来社 1975
  • ミステリー映画館 講談社文庫 1985.8
  • 石沢英太郎の推理作家の裏側の裏 創思社出版 1987.2 のち広済堂文庫
  • 洋画傑作劇場 映画は小説よりミステリー(編)広済堂出版 1988.5
  • 邦画傑作劇場 日本映画は小説よりミステリー 広済堂出版 1988.9

関連項目[編集]