石水幸安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石水 幸安(いしみず ゆきやす、1917年8月12日 - 1985年2月16日)は、日本実業家石屋製菓創業者。

来歴[編集]

北海道雨竜郡一已村(現深川市一已町)生まれ。東亜商業学校卒。戦前は南満州鉄道株式会社に勤務した。戦後、妻の郷里の広島を経て、北海道に引き揚げる。1947年澱粉加工業を始め、後に駄菓子生菓子の製造に従事。

1967年より高級菓子製造に路線を転換し、長男・の協力も得て1971年最初のヒット作「シェルター」を世に出す。1976年に「白い恋人」を発売。翌年飛行機の機内食に採用されたことから、全国的なヒット商品となった。また、品質保持等の問題から、商品の販路を道内に限定する方針を取っていたことが、結果的に郷土土産の定番としても定着することに繋がった。

1979年脳梗塞で倒れ、翌年社長の座を長男の勲に譲って会長に退く。また、元北海道放送所属のアナウンサー 山田泰子は義孫である。(孫の妻)

参考文献[編集]

『石屋製菓50周年記念誌』1998年1月