石来民部丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石来民部丞
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
主君 朝倉義景
テンプレートを表示

石来 民部丞(いしき みんぶのじょう)は、戦国時代武将越前朝倉氏第11代当主朝倉義景家臣[1]

経歴・人物[編集]

天正元年(1573年8月一乗谷城の戦い朝倉義景が討死すると、広徳院を警護した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山本 大、『戦国大名家臣団事典 西国編』、新人物往来社(1981)