石川静 (ヴァイオリニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川静(いしかわ しずか、1954年10月2日 - )は、東京都出身のヴァイオリニストである。

経歴[編集]

中学時代まで[編集]

新しき村出身の石川清明(財団法人新しき村理事長)の長女として生まれた。4歳からヴァイオリンを始め、鈴木鎮一に師事し、その後鷲見三郎に師事する。小学校4年生の1964年、第18回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第3位を受賞し、小学校6年生の1966年、同コンクール東京大会、全国大会で第1位を受賞した。14歳の時、プラハの国際ラジオ・コンクールで優勝した。

プラハ留学[編集]

中学校を卒業した1970年、東京芸術大学の客員教授であったマリエ・ホロニョヴァの勧めでチェコスロバキアに留学し、プラハ音楽芸術アカデミーで学んだ。1972年,第6回ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで第2位を受賞。

1974年に同アカデミーを卒業。1976年、エリザベート王妃国際音楽コンクールで第5位を受賞し,チェコスロバキア音楽祭でチェコ・フィルハーモニー管弦楽団のソリストとして日本デビュー。1977年、芸術選奨新人賞受賞。1979年,第1回フリッツ・クライスラー国際コンクールで第3位。

近況[編集]

プラハに在住、ヨーロッパ、日本で演奏活動を行っている。エリザベト音楽大学客員教授。

レコーディング[編集]

外部リンク[編集]