石川達夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 達夫(いしかわ たつお、1956年3月[1] - )は、日本の文学研究者。専修大学文学部教授。神戸大学名誉教授。専門はスラヴ文化論、ロシア・チェコの文学。

来歴[編集]

東京都生まれ。東京大学文学部卒業。カレル大学留学を経て、東京大学大学院人文科学研究科博士課程を満期取得退学[2]。博士(文学)(東京大学・論文博士)[2]広島大学総合科学部講師・助教授、神戸大学大学院国際文化学研究科教授を経て、現職。

1995年、『マサリクとチェコの精神』でサントリー学芸賞および第4回木村彰一賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『チェコ語初級』(大学書林, 1992年)
  • 『マサリクとチェコの精神――アイデンティティと自律性を求めて』(成文社, 1995年)
  • 『チェコ語中級』(大学書林、1996年)
  • 『黄金のプラハ――幻想と現実の錬金術』(平凡社, 2000年)
  • 『プラハ歴史散策――黄金の劇場都市』(講談社+α新書、2004年)
  • 『チェコ民族再生運動――多様性の擁護、あるいは小民族の存在論』(岩波書店, 2010年)
  • 『プラハのバロック 受難と復活のドラマ』(みすず書房, 2015年)

共著[編集]

訳書[編集]

  • ヴァーツラフ・ハヴェル『反政治のすすめ』(恒文社, 1991年)
  • カレル・チャペック『マサリクとの対話――哲人大統領の生涯と思想』(成文社, 1993年)
  • カレル・チャベック『チャペック小説選集(1)受難像』(成文社, 1995年)
  • カレル・チャベック『チャペック小説選集(2)苦悩に満ちた物語』(成文社, 1996年)
  • カレル・チャベック『チャペック小説選集(6)外典』(成文社, 1997年)
  • カレル・チャペック『チャペックの犬と猫のお話』(河出文庫, 1998年)
  • T・G・マサリク『ロシアとヨーロッパ――ロシアにおける精神潮流の研究』(全3巻、成文社, 2002年-2005年)
  • ヤン・パトチカ『歴史哲学についての異端的論考』(みすず書房 2007年)
  • ボフミル・フラバル『あまりにも騒がしい孤独』(松籟社, 2007年)
  • ヨゼフ・シュクヴォレツキー『二つの伝説』(松籟社, 2010年)
  • ヨゼフ・クロウトヴォル『中欧の詩学 歴史の困難』(法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス, 2015年)

外部リンク[編集]

脚注[編集]