石川耕一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 耕一郎(いしかわ こういちろう、1933年11月17日[1] - )は、日本宗教学者ユダヤ教)、昭和大学名誉教授。

東京出身。1957年東京大学文学部宗教学科卒。同大学院博士課程満期退学。米国ヒブル・ユニオン大学大学院博士課程修了、文学博士。イスラエル遺跡発掘調査に参加。石川工業高等専門学校建築学科助教授、昭和大学教養部助教授、教授、医学部教授。2004年定年退任、名誉教授。日本イスラエル文化研究会理事長。ユダヤ教の聖典『ミシュナ』を翻訳してきた。

翻訳[編集]

  • アラン・ウンターマン『ユダヤ人 その信仰と生活』市川裕共訳 筑摩書房 1983
  • 『ミシュナ I-1 (ベラホート)』エルサレム宗教文化研究所 エルサレム文庫 1985
  • 『ミシュナ IV-9〜10 (アヴォート、ホラヨート)』エルサレム宗教文化研究所 エルサレム文庫 1985
  • イガエル・ヤディン『ハツォール 聖書の語る巨大な城塞都市の再発見』山本書店 1986
  • 『ミシュナ II-9〜12 (タアニート、メギラァ、モエード・カタン、ハギガァ)』エルサレム宗教文化研究所 エルサレム文庫 1986
  • 『ミシュナ II-3 (ペサヒーム)』エルサレム宗教文化研究所 エルサレム文庫 1987
  • 『ミシュナ 1 ゼライーム』三好迪共訳 教文館 ユダヤ古典叢書 2003
  • 『ミシュナ 2 モエード』長窪専三共訳 教文館 ユダヤ古典叢書 2005

共著[編集]

  • ひろさちやが聞くユダヤ教の聖典』鈴木出版 世界の聖典 1993

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』