石川総師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
石川 総師
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年1月2日1776年2月20日
死没 享和3年6月13日1803年7月31日
改名 孝之助(幼名)→総師
戒名 総師院殿種徳日懐大居士
墓所 東京都北区田端の大久寺
官位 従五位下、主殿頭
幕府 江戸幕府
伊勢亀山藩
氏族 石川氏
父母 父:石川総博、母:安田氏
兄弟 総師総予総鎮
正室:水野忠鼎の次女
総佐
娘(石川総安正室)、娘(松平近訓正室)

石川 総師(いしかわ ふさのり)は、伊勢亀山藩の第5代藩主。伊勢亀山藩石川家10代。

生涯[編集]

安永5年(1776年)1月2日、第4代藩主・石川総博の長男(なお、「鈴鹿郡野史」・「石川家譜難波録」では先々代総純の後見役であった石川総徳の子とする)として伊勢亀山で生まれる。寛政8年(1796年)5月6日、総博の隠居により家督を継ぐ。享和3年(1803年)6月13日、江戸で死去した。享年28。跡を長男の総佐が継いだ。

参考文献[編集]

  • 『新訂 寛政重修諸家譜 第3』続群書類従完成会、1981年
  • 『石川家譜難波録』
  • 『鈴鹿郡野史』(柴田厚二郎 1947年)