石川総乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石川総乗
時代 江戸時代中期
生誕 寛文3年7月14日1663年8月16日
死没 享保5年5月24日1720年6月29日
別名 宗八郎、當俊・総明
戒名 霊智院殿圓山一通
墓所 京都寺町本禅寺(現京都府京都市上京区北之辺町)
官位 従五位下備中
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 本姓:清和源氏
父母 父:石川義當、母:三枝守俊の娘
兄弟 総乗、上野當時、正幸大久保忠尚養子)
女子(石川総昌室)、阿喜井(吉川広紀室)
総因、日違上人、當休(本家家臣)
正室:祐子(京極高豊の姪)
後室:遠藤常友の娘
庄三郎、阿充(佐治好耀(本家家臣)妻)
養子:義武(弟上野當時の子)、総因(弟)

石川 総乗(いしかわ ふさのり)は、江戸時代前期の旗本。貞當系石川家(大島石川家)3代。

生涯[編集]

寛文3年(1663年)石川義當の嫡男として誕生した。延宝2年7月18日(1674年8月19日)将軍徳川綱吉に拝謁し、元禄12年8月(1699年8月)御小姓並となり、同年12月5日(1700年1月24日)父致仕と共に家督を継いだ。この後正式に小姓に列し、元禄15年12月3日(1703年1月19日)従五位下備中守に叙任された。以後、小姓組番頭、御書院番頭となり享保4年7月(1719年8月)伏見奉行となったが翌年5月24日(1720年6月29日)死去した。遺跡は下條信隆の養子となっていた弟信澄が幕命により継ぎ、名を総因と改めた。

なお『寛政重修諸家譜』 において正室は遠藤常友の女、後室を京極高和養女と記しているが、本項においては『石川家譜難波録』記載に従った。『石川家譜難波録』によれば京極高豊姪の没年は元禄2年(1689年)で、遠藤常友の女の没年は元禄8年(1695年)とされる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]