石川経夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川経夫
生誕 (1947-03-11) 1947年3月11日
死没 (1998-06-26) 1998年6月26日(満51歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 東京大学[要出典]
ハーバード大学[要出典]
研究分野 理論経済学[要出典]
労働経済学[要出典]
母校 東京大学[要出典]
ジョンズ・ホプキンス大学[要出典]
影響を
受けた人物
青木昌彦[要出典]
宇沢弘文[要出典]
小宮隆太郎[要出典]
ケネス・アロー[要出典]
サミュエル・ボウルズ[要出典]
デール・ジョルゲンソン[要出典]
レスター・サロ―[要出典]
影響を
与えた人物
玄田有史 (学部および大学院での指導教官)[1]
テンプレートを表示

石川 経夫(いしかわ つねお、1947年3月11日 - 1998年6月26日)は、日本経済学者専門は、所得分配論。[要出典]

来歴[編集]

1947年神奈川県鎌倉市出身。[要出典] 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校を経て、1969年東京大学経済学部卒業。[要出典] 同年9月、ジョンズ・ホプキンス大学大学院に入学。[要出典] 経済学者橘木俊詔氏とは大学院時代の親友にあたる。[要出典] 1972年ジョンズ・ホプキンス大学経済学博士(Ph.D.)を取得。[要出典] 師匠の宇沢弘文氏に提出した論文を、ケネス・アロー教授に認められ、1973年2月、同教授に招かれ、ハーバード大学助教授に就任。[要出典] 東大助教授を経て、1988年東京大学経済学部教授[要出典] 東大・第24代総長、有馬朗人氏の下で、総長補佐を務めた。[要出典]

1998年、51歳で死去した[2]

石川経夫基金と石川賞[編集]

石川の死後、その夭折を惜しんだ関係者や教え子たちの募金により、「石川経夫基金」が設立され、石川の業績を国内外に広く紹介するための事業が行われた[2]。また、石川経夫基金は日本経済学会に寄付するとともに、石川と関係の深い分野での経済学研究上の貢献に対して賞を与えることを同学会に提案した。これを受けて同学会は2004年9月総会にてこの提案を受け入れ「日本経済学会・石川賞」を創設することを決定した[2]2006年度以降、毎年賞の選考・授与が行われている[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『所得と富』(岩波書店 1991年)
  • 『分配の経済学』(東京大学出版会 1999年)
  • 『INCOME DISTRIBUTION THEORY』(東京大学出版会 2001年)

編著[編集]

  • 『日本の所得と富の分配』(東京大学出版会 1994年)([[]]との共著)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『貨幣の理論』(J.ニーハンス編)(東京大学出版会 1980年)

出典・外部リンク[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 玄田有史助教授 研究者インタビュー”. 東京大学基金. 2016年5月閲覧。
  2. ^ a b c d 日本経済学会・石川賞”. 日本経済学会. 2016年5月閲覧。