石川真澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 真澄(石川 眞澄、いしかわ ますみ、1933年3月26日 - 2004年7月16日[1])は、日本ジャーナリスト東京都出身。

経歴[編集]

1957年九州工業大学工学部機械工学科卒業。大学卒業後、工学系の大学出身者が分野の違うマスコミに入社するのは当時としては珍しかった中で、朝日新聞社に入社する。朝日新聞では政治部に所属し、池田勇人首相番から政界の取材を開始する。『朝日ジャーナル』編集部副編集長、調査研究室主任研究員などを経て、1978年に朝日新聞政治担当編集委員に就任する。1991年から朝日新聞社役員待遇。

朝日新聞社在籍中の1983年から法政大学法学部マスコミュニケーション論の講座を持ち、1985年からは早稲田大学政治経済学部政治学の非常勤講師を務めた。朝日新聞社退職後は新潟国際情報大学情報文化学部教授桜美林大学大学院国際学研究科教授を歴任した。2004年7月16日に悪性胸腺腫のため71歳で死去。『戦後政治史』の加筆を行った山口二郎によれば、その序文を書きあげた2日後の死 であったという。ジャーナリストでありながらも上述のように複数の大学で教壇に立ち、また政治学者との共著も多い。職業研究者ではないが、政治ジャーナリストの中では、イエロー・ジャーナリズムとは距離を置き、学者に近いスタンスを取った。

人物[編集]

中道左派、革新の立場からの政治評論、分析をし、日本社会党や護憲派の研究や、自民党一党優位体制の分析を行った。政治部編集委員時代には当時闇将軍と呼ばれていた田中角栄に対する峻烈な批判特集を度々政治面で連載するなど立花隆等とともにアンチ角栄の評論家として知られ角栄や金丸等に講演や会見で時折揶揄されるほどであった。また、政治改革が議論された1990年代には、国政に民意を反映することを重視する立場から、当時の選挙制度改革で主張された小選挙区制導入には批判的であった。亥年現象寅年現象を提唱したことでも有名。

著書[編集]

単著[編集]

  • 戦後政治構造史(日本評論社, 1978年)
  • 日本の政治の今(現代の理論社, 1981年)
  • ある社会主義者――羽生三七の歩いた道(朝日新聞社, 1982年)
  • うまいといわれる短い文章のコツ――レポート・投稿・作文(ベストセラーズ, 1982年/ワニ文庫, 1986年)
  • データ戦後政治史(岩波書店岩波新書], 1984年)
  • 日本政治の透視図(現代の理論社, 1985年)
  • 政治のことば――状況の奥を読む(朝日新聞社, 1987年)
  • セピア色の庶民史(朝日新聞社編, 朝日新聞社, 1990年)
  • 選挙制度――ほんとうはどう改革すべきか(岩波書店[岩波ブックレット], 1990年)
  • 小選挙区制と政治改革――問題点は何か(岩波書店[岩波ブックレット], 1993年)
  • 戦後政治史(岩波書店[岩波新書], 1995年/新版.一部山口二郎が補筆, 2004年/第三版.同補筆, 2010年11月)
  • 日本政治のしくみ(岩波書店[岩波ジュニア新書], 1995年)
  • 人物戦後政治――私の出会った政治家たち(岩波書店, 1997年/岩波現代文庫, 2009年)
  • この国の政治(労働旬報社, 1997年)
  • いま、政党とは何か(岩波書店[岩波ブックレット], 1998年)
  • 堕ちてゆく政治(岩波書店, 1999年)
  • 戦争体験は無力なのか――ある政治記者の遺言(国正武重編.岩波書店, 2005年)

共著[編集]

共編著[編集]

  • (山口二郎)日本社会党――戦後革新の思想と行動(日本経済評論社, 2003年)

出典[編集]

  1. ^ 石川真澄・山口二郎『戦後政治史 第三版』岩波書店、2010年、6頁、ISBN 978-4004312819