石川県道56号七塚宇ノ気線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川県道56号から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道56号標識
石川県道56号 七塚宇ノ気線
主要地方道 七塚宇ノ気線
路線延長 3.247 km
制定年 1982年昭和57年)
起点 白尾インターチェンジ
石川県かほく市白尾)【地図
終点 内日角インターチェンジ
(かほく市森)【地図
接続する
主な道路
記法
のと里山海道石川県道60号金沢田鶴浜線
Japanese National Route Sign 0159.svg 国道159号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

石川県道56号七塚宇ノ気線(いしかわけんどう56ごう ななつかうのけせん)は、石川県かほく市を通る県道主要地方道)である。

概要[編集]

本線部は全区間、月浦白尾インターチェンジ連絡道路を構成する地域高規格道路の一部であり、信号機のない完成2車線で整備されている。起点ののと里山海道白尾ICから、白尾ランプ橋をカーブで南から東に向きを変えて進む。その後、白尾トンネルをくぐり、内日角(うちひすみ)高架橋 (887m) を渡り、終点で国道159号国道249号と重複)と合流する。白尾ランプ橋はのと里山海道の穴水方面と直結する形で整備されているため、内灘方面へは、側道部・白尾インター交差点を経なければ行き来できない。

側道は全区間、片側1車線で整備されている。起点の白尾IC交差点から東へ進む。本線部の白尾ランプ橋や白尾トンネル、内日角高架橋によって上下線が分離されている。高架部が完成する以前、白尾IC交差点から白尾インター口交差点にかけては、登坂車線が設けられていた。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

橋梁およびトンネル[編集]

  • 白尾ランプ橋
  • 白尾トンネル 291m
  • 内日角高架橋 887m(高架橋では石川県道で最長)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

インターチェンジ[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

穴水内灘方面)のと里山海道 - 石川県道56号七塚宇ノ気線 - 国道159号国道249号と重複)津幡バイパス(金沢方面)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目[編集]