石川県道35号能都内浦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川県道35号から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
石川県道35号標識
石川県道35号 能都内浦線
主要地方道 能都内浦線
路線延長 20.350km
制定年 1977年昭和52年)
起点 石川県鳳珠郡能登町地図
終点 松波西交差点
(石川県鳳珠郡能登町)【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0249.svg 国道249号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

石川県道35号能都内浦線(いしかわけんどう35ごう のとうちうらせん)とは、石川県鳳珠郡能登町を通る県道主要地方道)である。

概要[編集]

能登半島は基本的に海沿いの外周を国道249号が一周するような形となっているが、半島の複雑な起伏から国道はところどころ山間部へ入る。当県道が海沿いを舐めるように繋ぐ地区もそうした国道が山中へ入る区間を補う道路である。起点脇の宇出津漁港はもとより、沿線の姫漁港は太古の昔から利用されてきた天然の良港で、イルカの骨が出土した事などで知られる縄文真脇遺跡の地でもある。また隣の小木漁港は遠洋イカ釣り漁船の母港としても著名である。しかしながら、この路線は、全般に道路整備は遅れており、近年になってようやく両側2車線(片側1車線)に拡幅し、また要所要所に歩道が整備された。姫と小木の間を結ぶ真脇トンネルは、姫側2/3の区間が普通自動車1台分の幅しかなく(小木側から進むと内部でトンネル断面が一回り小さくなる)、現在でも高さ3.5mを超える大型車両は当トンネルを通行することができない。また、トンネル入口にはトンネル内部での対向不能である旨の看板を出しており、入口で対向車を発見した場合はトンネルに入らずに出てくるまで停車して待機することになる。

路線データ[編集]

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目[編集]