石川県道196号上安原昭和町線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道196号標識
石川県道196号
上安原昭和町線
路線延長 7.639km(実延長)
陸上区間 7.017km(現道部分)
0.622km(新道部分)
制定年 1972年昭和47年)
起点 上安原町交差点
石川県金沢市上安原町)
主な
経由都市
金沢市
終点 六枚町交差点
(金沢市昭和町)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

石川県道196号上安原昭和町線(いしかわけんどう196ごう かみやすはらしょうわまちせん)は、石川県金沢市上安原地区と、同市昭和町を結ぶ一般県道石川県道)である。

路線概要[編集]

起点は、金沢市西部。現道の起点は、上安原町交差点で、ここより北上し、上安原中央交差点に至る。上安原中央交差点より東に進み、神野2丁目の須天八幡神社前付近で、新道と現道が分かれ東に進む。国道8号と交差し、さらに東へ進み、伏見川橋詰交差点で石川県道197号寺中西金沢線と接続する。石川県道197号寺中西金沢線と重複して、北陸自動車道金沢西IC第2料金所の富山方面出入口付近、国道8号の下をくぐり、古府西交差点を北に折れて進み袋畠交差点に至る。同交差点で石川県道197号寺中西金沢線から東に折れて離れ、示野交差点で再び国道8号と交わる。国道8号と重複して北上し、次の示野中町交差点で東に折れて離れる。その後、出雲町交差点で北に折れた後、出雲町北交差点で再び東に折れ、金沢市立戸板小学校前を通り、木曳川に沿って東に進み、JR北陸本線の高架をくぐり、終点の六枚町交差点に至る。

なお、新道部分として、前述の金沢市神野2丁目の須天八幡神社前付近で北上し、同市北塚町の二塚交番前交差点(石川県道25号金沢美川小松線交点)に至るルートもある。

歴史[編集]

通過する自治体[編集]

接続道路[編集]

重複区間[編集]

  • 石川県道197号寺中西金沢線(伏見川橋詰交差点・金沢市古府2丁目 - 袋畠交差点・同市袋畠町)
  • 国道8号(示野町交差点・金沢市示野町 - 示野中町交差点・同市示野中町)

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

関連項目[編集]