石川県道128号敷浪停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
石川県道128号標識
石川県道128号
敷浪停車場線
路線延長 0.157km
陸上区間 0.157km
制定年 1960年昭和35年)
起点 JR敷浪駅
石川県羽咋郡宝達志水町敷浪)
終点 羽咋郡宝達志水町敷浪
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0159.svg国道159号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

石川県道128号敷浪停車場線(いしかわけんどう128ごう しきなみていしゃじょうせん)は、石川県羽咋郡宝達志水町敷浪地内を通る一般県道石川県道)である。

概要[編集]

起点の敷浪駅前からほぼ直線で東進し、終点の国道159号交点を結ぶ。

現況[編集]

車道は全区間、両側2車線(片側1車線)が確保されており、規格改良率は100%である。車道中央部には白破線のセンターラインが敷かれている。実延長が0.157km(=157m)と短く、またほぼ直線状に整備されているため、悪天候でない限りは、起終点双方から全区間を見通すことができる。これは敷浪駅の隣接駅でもある宝達駅前にある石川県道230号小川宝達停車場線と類似している。歩道も車道片側に全区間設置されているものの、狭小である。また、消雪パイプなどの融雪装置は設置されていない。

沿道には県道番号標識は立てられておらず、終点で接続する国道159号との交差点の前後にも同様の案内標識は立てられていない[1]。起点から終点にかけての車道と歩道を分ける縁石部には「石川県」と標示されたデリニエーターが立てられているものの、縮尺の小さい道路地図住宅地図、あるいは石川県発行の県道関係資料などで意識しない限りは、他の町道などと見分けがつきにくい。

歴史[編集]

接続道路[編集]

バス路線[編集]

  • 現在は存在しない。かつては宝達志水町のコミュニティバス(「のらんちゴー」)が当県道の全区間を経由していた。

周辺[編集]

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 敷浪駅の方向を標す旧型の「主要地点」の案内標識(114の2)が立てられている。

関連項目[編集]