石川県道114号小原土清水線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川県道114号から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
石川県道114号標識
石川県道114号
小原土清水線
路線延長 10.627km
(重複区間を含まない)
陸上区間 10.627km
制定年 1973年昭和48年)
起点 内川ダム
石川県金沢市小原町)
主な
経由都市
金沢市
終点 土清水交差点
(金沢市土清水三丁目)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

石川県道114号小原土清水線(いしかわけんどう114ごう おはらつちしみず[1]せん)は金沢市内を通る一般県道石川県道)である。

概要[編集]

内川ダムからが特産品として知られる金沢市別所町まで北上、同町のJA金沢市筍加工場前を東へ右折し、内川を渡る。天池橋詰で左折して、天池橋で犀川を渡り、河岸段丘となっている小立野台地を登る。末駐在所前交差点からは、石川県道207号倉谷土清水線と重複し、終点の土清水交差点で石川県道10号線金沢湯涌福光線と接続する。

歴史[編集]

  • 1973年昭和48年)3月31日:金沢市菊水町から現在の終点までを「石川県道菊水土清水線」として路線認定。
  • 1977年(昭和52年)1月14日:「菊水土清水線」を廃止。「菊水土清水線」のうち、同市菊水町から同市小原町(内川ダム)の間を除外した現区間を「石川県道小原土清水線」として新たに路線認定。

接続道路[編集]

重複区間[編集]

  • 石川県道207号倉谷土清水線(金沢市末町・末駐在所前交差点 - 同市土清水3丁目・土清水交差点:終点)

周辺施設[編集]

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

脚注[編集]

  1. ^ 「土清水」は「つっちょうず」「つちしょうず」とも呼ばれる。石川県土木部道路整備課発行の『道路現況調書』では「つちしみず」と表記されており、当項目ではこれに従い読み方を「つちしみず」と表記する。

関連項目[編集]