石川登盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 登盛(いしかわ ともり、1885年明治18年)10月1日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚実業家

経歴[編集]

岩手県東磐井郡八沢村(現在の一関市)出身[1]1912年(明治45年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[2]岩手県警部西磐井郡長、岩手県理事官を務め、1913年大正2年)に朝鮮総督府事務官に転じた[1]全羅北道第二部長、同警察部長、警務局保安課長、同衛生課長、同警務課長兼図書課長を歴任し、1929年(昭和4年)に平安北道知事に就任した[2]

退官後は、朝鮮火災海上保険株式会社社長を務めた[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 岩手県名士肖像録』 岩手県名士肖像録刊行会、1930年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年