石川理夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 理夫(いしかわ みちお、1947年 - )は、日本の温泉評論家。日本温泉地域学会会長。環境省中央環境審議会温泉小委員会専門委員。

仙台市生まれ。東京大学法学部卒業。出版社勤務後、企画編集会社を起業。その傍ら、国内外の温泉地と国内外の温泉地取材と温泉史・共同湯・温泉文化論の研究活動に携わり、日本における温泉評論の草分けとなる。NHKBS『ふだん着の温泉スペシャル』『ぜんぶ、温泉!』やNHKラジオ深夜便温泉紀行担当をはじめテレビ・ラジオ出演、雑誌・新聞等での温泉執筆や講演会などを数多くこなす。日本温泉地域学会主催「温泉観光士養成講座」では温泉文化論を担当している《日本温泉地域学会ホームページ参照》。温泉執筆や評論活動はよく知られているが、共同湯の考察をはじめ温泉史・温泉文化論に関する研究活動も行っている〈脚注1〉。とくに「惣(総)湯」の歴史的考察に関する一連の論文は注目される〈脚注2〉。

目次

1 経歴

2 著書

2.1 単著

2.2 共著

2.3 論文

2.4 論稿


1 経歴

■ 1947年 宮城県仙台市生まれ

■ 1971年 東京大学法学部卒業

■ 2003年 日本温泉地域学会創立、副会長

■ 2004年 環境省中央環境審議会温泉小委員会発足、臨時委員

■ 同       長野県温泉審査部会委員(4期)

■ 2007年 環境省中央環境審議会温泉小委員会専門委員

■ 2009年 温泉関係功労者環境大臣表彰受賞

■ 2012年 日本温泉地域学会会長

2 著書

2.1 単著

■ 『のんびり温泉100 湯』PHP研究所、1993年

■ 『湯治で元気になる! 厳選50湯』双葉社、1999年

■ 『本物の温泉 ここが一番!』宝島社、2000年

■ 『温泉で、なぜ人は気持ちよくなるのか』講談社プラスα新書、2001年

■ 『山歩きで楽しむ本物の温泉』アテネ書房、2002年

■ 『心とからだを癒す四国遍路と温泉の旅』宝島社新書、2002年

■ 『温泉♨法則』集英社新書、2003年

■ 『極上ゆシュラン』双葉社、2003年

■ 『温泉巡礼』PHP研究所、2006年

■ 『温泉の平和と戦争』彩流社、2015年

■ 『本物の名湯ベスト100』講談社現代新書、2016年

2.2 共著

■ 『ムラに生きる マチに生きる』径書房、1991年

■ 『おふろの楽園』求龍堂、1994年

■ 『歴史の舞台を旅する 伊能忠敬』近畿日本ツーリスト出版部、1999年

■ 『面白いほどよくわかる世界史』日本文芸社、2001年

■ 『美を伝える人たち』求龍堂、2001年

■ 『入門 おとなの温泉旅ドリル』ダイヤモンド社、2006年

■ 『温泉で健康になろう 関東編』JAF出版社、2007年

■ 『日本温泉地域資産』日本温泉地域学会、2008年

■ 『温泉 自然遺産と文化遺産』日本温泉協会編、2008年

■ 『温泉図鑑 文化編』日本温泉協会編、2010年

■ NHKテレビテキスト『極める! 友近の温泉学』日本放送協会、2010年

■ 『温泉とっておきの話 甘露寺泰雄×阿岸祐幸×石川理夫』海鳴社、2013年

2.3 論文

〔共同湯論〕

■ 「共同湯における『総湯』の歴史的考察」日本温泉地域学会誌『温泉地域研究』創刊号、2003年

■ 「石川県山中温泉『総湯』の成立過程と<総有>の歴史的考察」『温泉地域研究』第6号、2006年

■ 「共同湯の原点『惣湯』としての長野県野沢・渋温泉『大湯』の成立」『温泉地域研究』第9号、2007年

■ 「『箱根七湯』における歴史的『惣湯』について」『温泉地域研究』第10号、2008年

■ 「温泉地における共同湯の意義の再評価--惣湯考察を受けて--」『温泉地域研究』第12号、2009年

■ 「上杉氏領国下のもう一つの歴史的惣湯--新潟県大湯温泉--」『温泉地域研究』第13号、2009年

■ 「温泉利用の公衆浴場数全国一の長野県における共同湯の現状」『温泉地域研究』第19号、2012年

■ 「鳥取県の温泉地と共同湯の成立過程の考察」『温泉地域研究』第23号、2014年

〔温泉史・温泉文化論他〕

■ 「温泉教授本のパッチワーク的温泉言説と湯治“文化論”の陥穽」『温泉地域研究』第7号、2006年

■ 「温泉資源保護をめぐる各都道府県の現状と取り組み」『温泉地域研究』第8号、2007年

■ 「野沢の温泉資源と共同湯を支える地域共同体の意義」温泉科学会学会誌『温泉科学』第60巻第1号、2010年

■ 「温泉地のアジール性についての考察-戦国時代の禁制と近世ヨーロッパの温泉地中立地帯宣言-」『温泉地域研究』第17号、2011年

■ 「菅江真澄が見つめた北東北の温泉文化・信仰」『温泉地域研究』第18号、2012年

■ 「箱根の温泉霊場『姥子の湯』にみる温泉(地)の聖性と共同性」『温泉地域研究』第21号、2013年

■ 「日本の『温泉神』の成立構造と特質」『温泉地域研究』第25号、2015年

■ 「江戸時代の温泉番付にみる温泉地の受容と変遷」『温泉地域研究』第27号、2016年

2.4 論稿

■ 「地域(温泉地)に内在する資源の発掘・活用による地域再生の調査研究〜あおもりの温泉地活性化をめざして」

平成15年度青森県民政策研究リポート、2003年

■ 「地域資源としての温泉」『別冊東北学』VOL8、東北芸術工科大学東北文化研究センター、共同、2004年

■ 「温泉の癒し・ケアの力と地域共同性」『季刊at』、太田出版、2008年

■ 「温泉の評価を考える」『観光文化』第222号、公益財団法人日本交通公社、2014年

出典[編集]

 1 温泉図鑑-文化編―、(一社)日本温泉協会、56頁、2010年。  2 石川理夫『温泉の平和と戦争-東西温泉文化の深層-』、235頁、彩流社、2015年。

脚注[編集]

 1 温泉地域研究第7号2006年、第8号2007年、第17号2011年、第18号2012年、第21号2013年、第25号2015年、第27号2016年、温泉科学第60巻第1号2010年。  2 日本温泉地域研究創刊号2003年、第6号2006年、第9号2007年、第10号2008年、第12号2009年、第13号2009年、第19号2012年、第23号2014年。

外部リンク[編集]