石川晃次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川晃次
いしかわ こうじ
生誕 (1978-09-26) 1978年9月26日(43歳)
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
学歴 Los Angeles City Collage
ジャンル Pops
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
編曲家
担当楽器 歌、ピアノ、キーボード
活動期間 2009年 -
レーベル studiokarma
公式サイト ishikawakoji.com

石川 晃次(いしかわ こうじ、1978年9月26日 - )は日本シンガーソングライター作詞家作曲家編曲家

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1978年9月26日、宮城県仙台市生まれ[1]。1985年から1987年まで西ドイツミュンヘンにて育ち、1987から1999までは日本在住。

幼い頃から多様な音楽を聴いて育ち、14歳の時に自作で曲を創り始める。15歳になるとアレンジを含めた楽曲を創り始める。このスタイルは現在に至るまで、一貫して変わっていない。18歳になると、親友の長瀬弘樹と共に曲造りをするなどして、プレゼンテーションを積極的に行う。1999年、大検を取得。2001年9月、Los Angeles City Collageへ進学。

2000年代[編集]

2000年、進学のための渡米前、世界中を放浪して生活していた時期があり、その頃に初めてフィリピンに足を踏み入れる。その時にSide Aバンドと出会い[1]、作曲家、ベーシスト、プロデューサーのJoey Beninとも出会っており、フィリピンの良質な音楽のクオリティのに大いなる影響を受ける。

2004年から、フィリピンのマニラでJoey Beninのスタジオを共同で運営。以後、多くのフィリピンのアーティスト、ミュージシャンらの仕事に関わりながら、レコーディングエンジニア、プロデューサーとして現場のノウハウを大きく吸収していった。

2009年5月21日、ミニアルバムHEARTWARMINGをリリース。これが事実上の自身のアーティスト活動のデビューとなる。当初、自らの歌唱力に自信がなく、その後、アーティスト活動をすることは31歳になっても想定しておらず、周囲の説得に応じることで、あくまで一回限りの「お試し」と割り切ったリリースだった。そのため、この作品では写真は使われていない。

2010年代[編集]

2019年12発売の1枚目のオリジナルフルアルバムのリリースを機に、日本とフィリピンを拠点として、主に自らのアーティスト活動に従事する。2009年から2018年までの9年の活動で10枚のオリジナルアルバムをリリースしている。これまで9年間に発表してきた楽曲数は180曲程度あり、歌唱、作詞、作曲、編曲、レコーディングからミックスまでを自らの手で行う。

音楽性[編集]

ミュージシャンとしては「ジャンル」という観念を持たず、「スタイル」と位置付けて、ポップスを軸にしながらも、ラテンやエレクトロまで作品ごとに独自のコンセプトと方向性を持たせて展開している。これを映画監督のように、独自の解釈で各作品を展開するのと似た感覚と語っている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  1. SPIRAL (2009年12月23日)
  2. 図南の翼 (2010年12月22日)
  3. 11 (2011年11月11日)
  4. HEY (2012年12月12日)
  5. fantasy (2013年12月25日)
  6. sense (2014年9月26日)
  7. (2015年7月24日)
  8. Nature (2016年10月5日)
  9. 1980 (2017年9月6日)
  10. X (2018年12月25日

全作詞、作曲、編曲:石川晃次(一部英語曲を除く)

ライブアルバム[編集]

  1. 一夜限りのプレミアムコンサート「始まりは終わらない」 (2012年7月4日)

ミニアルバム[編集]

  1. HEARTWARMING (2009年5月21日)

ベストアルバム[編集]

  1. Legacy & Vanity 2009-2013 (2019年6月26日)配信限定
  2. Legacy & Vanity 2014-2019 (2019年6月26日)配信限定

楽曲提供

太字は、石川晃次本人によるセルフカバーが発表されている楽曲を指す。

  • 長瀬弘樹/Energy (作詞)、Tokyo Tower(作詞)、Pain (作詞、編曲)
  • Side A band/ I guess this is love(作詞、作曲、編曲).your heart will be mine(作曲、編曲)、.When I'm missing you(作曲、編曲)
  • 中野サユリ /ミツケテ(編曲)、Dreaming(編曲)
  • ハンバガーチェーン店の季節限定のメニューCMソング/荒野のヒーローズ(作詞、作曲、編曲)
  • 有馬元気/元気のストリート(編曲)
  • 岩本三千代/あなたにチョコレート(編曲)、散歩に行こうよ(編曲)I'm a woman (編曲)

エピソード[編集]

  • 中学校で音楽と英語の成績が最も悪く、以後、日本の教育システムへの不信感を強めるようになり、登校拒否 となり、アメリカの学へと渡ったとされる。英語は独学で習得する。
  • 父は日本のカント哲学の第一人者、石川文康[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『河北新報』2009年8月25日付。
  2. ^ 『北海道新聞』2010年1月10日付夕刊2面。

外部リンク[編集]