石川晃弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 晃弘(いしかわ あきひろ、1938年3月23日 - )は日本の社会学者千葉県出身。

専門は産業社会学、中東欧研究。社会学博士中央大学名誉教授。プレショウ大学名誉博士。日本スロヴァキア協会会長。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1964年 東京都立大学人文学部助手
  • 1968年 中央大学文学部専任講師
  • 1971年 中央大学文学部助教授
  • 1978年 中央大学文学部教授
  • 1990年 オスナブリュック大学社会学部客員教授(ドイツ)
  • 2001年 プレショウ大学教育学部客員教授(スロバキア)
  • 2008年 中央大学文学部定年退職。中央大学名誉教授。

この間、東京大学、北海道大学千葉大学大阪大学神戸大学東洋大学立命館大学など多くの大学で非常勤講師を務めた。また、ワルシャワ経済大学(ポーランド)、ブラチスラヴァ経済大学(スロヴァキア)、プラハ・カレル大学(チェコ)、東呉大学(台湾)など国外の大学でも非常勤講師を務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マルクス主義社会学-ソ連と東欧における社会学の展開-』(紀伊国屋書店, 1969年)
  • 『社会変動と労働者意識-戦後日本におけるその変容過程-』(日本労働協会, 1975年)
  • 『くらしのなかの社会主義-チェコスロバキアの市民生活-』(青木書店, 1977年)
  • 『職場のなかの社会主義-東欧社会主義の模索と挑戦-』(青木書店, 1983年)
  • 『東ヨーロッパ-人と文化と社会-』(有斐閣, 1992年)
  • 『スロヴァキア熱-言葉と歌と土地-』(海象社, 2006年)

共著[編集]

単編著[編集]

共編著[編集]

  • 『社会学の基礎知識』(有斐閣, 1969年)
  • 『社会学小辞典』(有斐閣, 1977年、新版増補2005年)
  • 『社会主義と社会的不平等』(青木書店, 1983年)
  • 『企業内の意思決定-誰が影響力を持っているか-』(有斐閣, 1985年)
  • 『スラブの社会』(講座スラブの世界4,弘文堂,1994年)
  • 『変わる組織と職業生活』(学文社,1999年)
  • 『国際比較からみた日本の職場と労働生活』(学文社,2005年)
  • 『東京に働く人々-労働現場調査20年の成果から-』(法政大学出版局,2005年)

主要訳書[編集]