石川明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いしかわ あきら
石川 明
生誕 1937年8月12日
日本の旗 日本千葉県野田市
死没 (2004-03-30) 2004年3月30日(66歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京電機大学工学部通信工学科
職業 実業家
活動拠点 チッソ
日本テキサス・インスツルメンツ
ボール・セミコンダクタ

石川 明(いしかわ あきら、1937年8月12日 - 2004年3月30日)は日本実業家

大学卒業後、チッソに入社して半導体向けシリコン材料の生産・検査を担当したが、集積回路の考案者であるジャック・キルビーがいたテキサス・インスツルメンツにあこがれ、日本テキサス・インスツルメンツに転職して生産技術の革新、工場の立ち上げ、組合運動への対応等を経て本社副社長兼日本テキサス・インスツルメンツの社長として国際提携を担当、売上高にして年間1000億から1500億円の事業を毎年一つずつ立ち上げた[1]。その後、画期的な球状半導体を開発して多数の特許を取得した。

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 石川明. "挑む 石川明氏 (テキサス・インスツルメンツ前上級副社長) 手作りゴルフ場・半導体メ-カ-… 夢に向かって走る." 日経ビジネス 864 (1996): 86-88.
  • 石川明,山根一眞. "メタルカラーの時代 (493) 世界市場を震撼させる直径 1 ミリの球状半導体 (1) 特許申請は 300 件以上! 米テキサス州ダラスに誕生した日本のハイテクベンチャーの挑戦--ボールセミコンダクター 石川明さん." 週刊ポスト 33.27 (2001): 184-187.
  • 日経ビジネス 2004年4月12日号 P12 時事潮流
  • 仲野英志 『ITの先駆者丸い半導体(ボール・セミコンダクター)に挑んだ男たち』 2006年、新生出版、ISBN 978-4-86128-165-5

特許[編集]

他多数

脚注[編集]