石川恭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 恭三
生誕 (1936-03-23) 1936年3月23日(81歳)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 杏林大学
出身校 慶應義塾大学
プロジェクト:人物伝

石川 恭三(いしかわ きょうぞう、1936年3月23日 - )[1]は、杏林大学医学部名誉教授、医学博士東京都出身。

循環器・心臓病の分野を専門とし、日本の名医の一人として知られている。メディアへの出演も多い。著書は専門書・一般書合わせて70冊以上。

プロフィール[編集]

  • 慶應義塾大学医学部卒業後、同大学大学院医学研究科(内科学専攻)修了
  • ジョージタウン大学(米国ワシントンD.C.)医学部留学内科学専攻
  • 大和市立病院内科(慶應義塾大学助手)
  • 1969年 慶應義塾大学 医学博士 論文の題は「肺血管床を介しての拡張期圧較差 : とくに各種心疾患の肺血管抵抗に関する考察」[2]
  • 1975年(昭和50年) 杏林大学医学部助教授
  • 1981年(昭和56年) 杏林大学医学部主任教授(内科学)
  • 同大学付属病院副院長(平成8年3月まで)
  • 現在、杏林大学医学部名誉教授

所属学会[編集]

著書[編集]

  • 『患者さんがくれた宝物―医者が幸せを噛みしめるとき』(清流出版、2005年)
  • 『医者が見つめた老いを生きるということ』(集英社、2003年)
  • 『医者からの見舞い状 くれぐれも、ご自愛のほど。』(主婦と生活社、2003年)
  • 『55歳から楽しむ人生楽しめない人生 医者からのメッセージ 』(三笠書房、2003年)

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

 

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毒蝮三太夫さんより八日だけお兄さんです‼」とゆうゆうワイド出演時に毎回発言している。
  2. ^ 博士論文書誌データベース