石川忠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石川 忠司(いしかわ ただし、1963年2月20日 - )は、日本の文芸評論家東北芸術工科大学芸術学部文芸学科教授。

東京都生まれ。立教大学文学部独文学科卒。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程中退[1]1989年「修行者の言語-中原中也試論」が群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。2011年東北芸術工科大学に新設された文芸学科教授。

著書[編集]

共著

[編集]

  1. ^ 学位は「文学士」なので修士課程を修了していない。

外部リンク[編集]