石川康晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしかわ やすはる
石川康晴
生誕 1970年12月15日
日本の旗 日本岡山県岡山市
職業 実業家

石川 康晴(いしかわ やすはる、1970年昭和45年)12月15日 - )は、日本の実業家。株式会社ストライプインターナショナル代表取締役社長。公益財団法人 石川文化振興財団 理事長。

1994年クロスカンパニーを創業。1999年に「earth music&ecology」を立ち上げた。 内閣府男女共同参画局推進連携会議議員。岡山大学経済学部経済学科(夜間主コース)卒。京都大学大学院卒。

経歴[編集]

  • 1970年 岡山県岡山市で生まれる
  • 1986年 岡山市立福田中学校卒業
  • 1989年 岡山県立岡山南高等学校卒業
  • 1989年 専門学校に入学
  • 1994年 23歳で故郷の岡山県にクロスカンパニーを創業、レディスセレクトショップ「CROSS FEMME」オープン
  • 1995年 有限会社クロスカンパニー設立
  • 1999年 主力ブランド「earth music&ecology」事業開始
  • 2002年 株式会社クロスカンパニーへ組織変更
  • 2004年 香港へ同社ブランドを展開
  • 2007年 岡山県知事より「岡山県男女共同参画社会づくり表彰」事業者部門受賞
  • 2008年 岡山大学経済学部経済学科(夜間主コース)に社会人入試を経て入学
  • 2008年 台湾現地法人設立。董事長に就任
  • 2009年 米国トム・ブラウンのオーナーに就任
  • 2010年 オカヤマアワード創設[1]
  • 2011年 中国現地法人設立。董事長に就任
  • 2012年 企業家ネットワーク主宰の「年間優秀企業家賞」において、第14回チャレンジャー賞を受賞[2]
  • 2013年
    • 1月 株式会社キャンの代表取締役会長に就任
    • 11月 起業家表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン2013」の「ナショナル・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー部門」入賞。2013年度日本代表に選出[3]
    • 初の著書「アース ミュージック&エコロジーの経営学」を日経BP社より発行[4] 
  • 2014年
    • 株式会社石川コーポレーションの代表取締役社長に就任
    • 自身のアートコレクションを岡山城やその周辺を中心に展示したプロジェクトImagineering OKAYAMA ART PROJECTを開催
  • 2015年
    • 2月 公益法人石川文化振興財団理事長に就任
    • 4月 バスケット株式会社の代表取締役会長に就任
    • 9月 株式会社キュレーションジャパンの代表取締役会長に就任
  • 2016年 3月株式会社ストライプインターナショナルに社名変更。現在、7会社、1財団の代表を務める。
    • 7月 企業家ネットワーク主宰の「年間優秀企業家賞」において、第18回企業家大賞を受賞 
    • 10月 株式会社アルファベットパステルの代表取締役会長に就任
    • 10月 株式会社スマービーの代表取締役会長に就任
  • 2017年
    • 1月 第42回経済界大賞において、「ライジング賞」を受賞

エピソード[編集]

日舞の師範を務めていた祖母の影響で服に興味を持ち始め、中学時代から、お小遣いやお年玉をほぼ洋服に使っていた。 中学2年の時に、行きつけの服屋の店員に「そんなに洋服が好きなら洋服屋になればいい」と言われ、その言葉がきっかけとなり、将来アパレル一本でやっていくことを決める。

学生時代はアルバイトに明け暮れ、専門学校を卒業後、紳士服チェーンに就職。給料はなるべく使わず、ボーナスは全額貯金。 入社して2年半後に退社する。[5]

創業当時、所持金は起業のために貯めた300万円だけだった。これを資金として、4坪の店をオープン。店の内装は夜なべしてペンキを塗り、カーペットはホームセンターで、ハンガーは100円ショップで購入、レジ台は粗大ゴミの中から拾って調達するなど、可能な限り自力で行っていた。 また、創業当時はヨーロッパで買い付けをして販売するレディースのセレクトショップを展開しており、初年度には売り上げが4000万円、翌年には1億円、3年目で2億円と順調に業績を伸ばしていった[6][7][8]

また「オカヤマアワード」他、地域貢献活動にも熱心に取り組んでおり、最近では“アート”で中山間地域の魅力を発信する「オカヤマアートヴィレッジプロジェクト」を立ち上げた。 プロジェクト第一弾として、「新庄村」の魅力を発信する、“食”と“音楽”がテーマの野外イベント「クールオカヤマフェス」を2013年8月24日(土)、25日(日)に開催し、約3000人を動員した。

オカヤマアワード[編集]

「自分の生まれ育った故郷岡山をもっと元気にしたい」という思いから、岡山の地域経済活性化と若手支援を目的に石川本人が私財を投入し2010年に「オカヤマアワード」を創設。 年に一度、授賞式を開催し、その年に岡山で活躍した(もしくは岡山県出身で活躍した)人物を表彰している[1]

Imagineering OKAYAMA ART PROJECT[編集]

石川の所有するアートコレクション「石川コレクション」を岡山城やその周辺を中心に展示したプロジェクト。岡山市の「岡山未来づくりプロジェクト」のメイン事業の一つとして 2014年11月2日から12月25日まで開催された。

プロジェクトメンバーの代表を石川がつとめ、アドバイザリー/ エキシビジョン・スペース・デザインに片山正通(株式会社ワンダーウォール代表)、アートアドバイザリーに那須太郎(TARO NASU代表)。 [9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]