石川善樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 善樹(いしかわ よしき、1981年2月27日 - )は、東京都出身の予防医学研究者、医学博士[1]。株式会社キャンサースキャンのイノベーションディレクター[2]。株式会社Campus for H共同創業者。専門分野は、予防医学、行動科学計算創造学概念工学など。

来歴[編集]

広島県生まれ、東京都育ち。筑波大学附属駒場高等学校東京大学医学部健康科学・看護学科卒業後、ヘルスケア系コンサルティング会社に勤務。ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程を経て、自治医科大学より博士号取得。博士論文は「乳がん検診のアドヒアランス向上に関する研究:ランダム化比較対照試験」 [3]。現在は主に「人がよりよく生きる(Well-being)とは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行っている。

書籍[編集]

著書[編集]

  • 友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法(2014年11月、マガジンハウス
  • 最後のダイエット(2015年6月、マガジンハウス)
  • 疲れない脳をつくる生活習慣(2016年1月、プレジデント社
  • 仕事はうかつに始めるな(2017年2月、プレジデント社)
  • 問い続ける力(2019年4月、ちくま新書
  • フルライフ(2020年4月予定、NewsPicksPublishing)

共著[編集]

テレビ出演[編集]

  • NEWS WEBネットナビゲーター・第3期生(金曜日 2014年度)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ reseachmap
  2. ^ 友達、彼女がいない人は早死にしやすい”. 日刊SPA! (2013年8月23日). 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ 自治医科大学機関リポジトリ”. 2014年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]