石川博品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石川 博品(いしかわ ひろし、1978年 - )は、日本小説家ライトノベル作家。岩手県出身。

2008年に『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』で第10回エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、翌年出版された同作でデビュー。

一番好きな作家として中上健次を挙げており、作家の仕事場を撮影した写真集の中で中上が縦罫の紙に細かい字を押しこめるように書いているのを見て以来、2014年12月現在も原稿は手書きで執筆している。また椎名誠のエッセイから受けた影響は大きいと思うと語っており、『日本細末端真実紀行』『わしらは怪しい探険隊』『インドでわしも考えた』は人生で最も読み返した本だという[1]

個人サークル「石川博品」として同人活動も行っている。

主な著作[編集]

長編
  • 耳刈ネルリシリーズ(イラスト:うき、ファミ通文庫刊)
    • 耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (2009年01月30日)
    • 耳刈ネルリと奪われた七人の花婿 (2009年06月29日)
    • 耳刈ネルリと十一人の一年十一組 (2009年12月26日)
  • クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門 (2011年11月30日、イラスト:一真、ファミ通文庫刊)
  • ヴァンパイア・サマータイム (2013年07月29日、イラスト:切符、ファミ通文庫刊)
  • 後宮楽園球場シリーズ (イラスト:wingheart、スーパーダッシュ文庫ダッシュエックス文庫刊)
    • 後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール(2013年12月25日)
    • 後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール2(2015年06月30日)
  • 四人制姉妹百合物帳 (2014年12月10日、イラスト:まごまご、星海社文庫刊。初出は同年08月にコミックマーケット86にて頒布された同人誌)
  • 明日の狩りの詞の (2015年5月14日、イラスト:まごまご 、星海社FICTIONS刊)
短編
  • 平家さんって幽霊じゃね?FBonlineにて2011年09月初出、後に2012年8月発売ファミ通文庫『ホラーアンソロジー2「黒」』に加筆修正されて収録、イラスト:nauribon)
  • 地下迷宮の帰宅部 (2013年8月発売ファミ通文庫『部活アンソロジー2 「春」』初出、後に2014年06月発売東京創元社『年刊日本SF傑作選 さよならの儀式』に収録、イラスト:nauribon)
その他
同人誌
  • 耳刈ネルリ拾遺(2014年02月09日)
  • 四人制姉妹百合物帳(2014年08月15日、後に星海社文庫に収録、イラスト:はら)
  • アクマノツマ(2014年12月28日、イラスト:エビ桃)
  • 菊と力(2015年08月14日、イラスト:じゃいあん)

外部リンク[編集]

  1. ^ 森橋ビンゴ×石川博品フェア(2015年04月22日閲覧)