石寒太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石 寒太(いし かんた、1943年9月23日[1] - )は、俳人。本名・石倉昌治。静岡県田方郡生まれ。國學院大學文学部卒業[1]1969年寒雷」入会、加藤楸邨に師事。1989年、「言葉にも心にも片寄らず、炎のような情熱と人の環を大切にする」をモットーに「炎環」を創刊、主宰。毎日新聞社『俳句αあるふぁ』編集長、毎日文化センター講師、NHK俳句教室講師、朝日カルチャーセンター講師。日本文芸家協会、近世文学会、俳文学会、現代俳句協会会員。 句集に『あるき神』『炎環』『翔』『夢の浮橋』『石寒太句集』、評論に『山頭火』『宮沢賢治の俳句』『わがこころの加藤楸邨』『「歳時期」の真実』『おくのほそ道 謎解きの旅』など多数。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.442

参考文献[編集]

  • 『現代の俳人101』 金子兜太編、新書館、2004年、198-199頁

外部リンク[編集]