石塚庸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石塚 庸三(いしづか ようぞう、1915年2月19日-1982年4月24日[1])は、山形県米沢市出身[1]実業家東京帝国大学法学部政治学科卒[1]パイオニア2代目社長としてレーザーディスク事業を推進した[2]父は山形県立米沢興譲館高等学校教頭の石塚澄[要出典]

東芝から日本電子機械工業会に出向後、ミツミ電機を経てスカウトされパイオニアに入社[1]。常務、専務などを経て昭和46年社長に就任[1]。当時低迷した業績を飛躍させた実績から経営のプロともてはやされた。

日本電子機械工業会に創業者をはじめ社内の反対勢力を押し切りレーザーディスク事業を強力に後押しし立ち上げたことは有名。今日の会社規模の礎を築いたといっても過言ではあるまい。いまだに経済界では彼を崇拝するものがいるほどである。

晩年老体に鞭打っての激務を強いられたために持病が急激に悪化、早期に会長職を希望していたが、反対勢力(反レーザーディスク事業の会長派)による猛反発によりやむなく留任する。このとき側近らの話からは死を覚悟していたとも言われている。出張先のソウルにて力尽き急逝。[要出典]享年67。

脚注[編集]