石塚克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしづか かつひこ
石塚 克彦
生年月日 (1937-08-04) 1937年8月4日
没年月日 (2015-10-27) 2015年10月27日(78歳没)
出生地 日本の旗 日本栃木県那須烏山市
死没地 東京都小金井市
職業 演出家脚本家画家
ジャンル ミュージカル
所属劇団 ふるさときゃらばん


石塚 克彦(いしづか かつひこ、1937年8月4日[1] - 2015年10月27日)は、日本の舞台演出家。本名同じ。画号は「烏山(うざん)」。武蔵野美術学校洋画科卒[1]日本劇作家協会会員。

来歴[編集]

古美術研究で奈良に遊学後、平城京発掘に参加。シナリオライター山形雄策に師事。劇団新制作座統一劇場を経て、1983年、劇団ふるさときゃらばんを創立。脚本・演出・美術プランナーとして、第1作ミュージカル『親父と嫁さん』を上演、文化庁芸術祭賞を授賞[2]。1987年、第3回日本舞台芸術家組合賞を受賞。[1]

1991年、日米合作ミュージカルのメインライターとして「LABOR OF LOVE」を上演、日米両国ツアー、バルセロナオリンピック芸術祭に招聴される。文化放送との共催でミュージカル体験塾・演出。1994年、第1回全国棚田(千枚田)サミット、1999年-2006年、東京・日本橋三越での棚田展他をプロデュース。1999年、棚田学会を設立。棚田学会副会長。全国棚田(千枚田) 連絡協議会理事。2000年、東京芸術劇場ミュージカル月間にて最優秀賞を受賞。2003年、映画「走れ!ケッタマシン~ウェディング狂想曲~」で 初監督。[1]

2015年10月27日、心不全で死去した。[3]

主な作・演出作品[編集]

( )は公演期間

統一劇場時代[編集]

  • オモチャの青春(1972年 - )
  • お母さん
  • ふるさと山田洋次監督作品同胞 (映画)出演(1975年)
  • 兄んちゃん

カントリーミュージカル[編集]

サラリーマンミュージカル[編集]

おとなとこどものファンタジーミュージカル[編集]

パブリックミュージカル[編集]

スペクタクルイベント[編集]

  • LABOR OF LOVE(1991年 - 1992年) - 日本のミュージカル史上初の日米合作&ツアー作品、バルセロナオリンピック芸術祭参加作品
  • 川と人と橋のものがたり(1989年 - 1996年) - 1989年第6回日本イベント大賞最優秀企画賞受賞
  • 朝日村ファンタジー(1993年) - 信州博覧会イベント、上條恒彦との共演
  • ミュージカルとJAPAN食のイベント(1997年)
  • 駆けろ!架けろ!YATTOSEY!(1997年 - 98年) - 神戸-鳴門ルート全通記念事業
  • リバー・ピープル〜川とたたかう人々(2000年) - 白根市制40周年記念事業、大河津分水路通水80周年・関屋分水路通水30周年記念イベント
  • 20世紀から21世紀へ HOP STEP NAGOYA(2000年) - 年越しカウントダウンミュージカル
  • ホクトウの森(2001年、2003年) - 2001年うつくしま未来博ジャパンエキスポ大賞優秀賞受賞
  • みちぶしん(2003年 - )
  • われら地球族!(2005年) - 愛・地球博ウェルカム特別公演
  • どんどんどんどん(2005年) - 愛・地球博モリゾー・キッコロメッセ出展プログラム
  • 世界はまるい(2005年)

脚注[編集]