石坂禄朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石坂 禄郎(いしざか ろくろう、1897年1月7日 - 1989年2月19日)は日本の実業家、銀行家。

元経団連会長石坂泰三の弟。

略歴[編集]

系譜[編集]

        きく
         ┃
         ┣━━━石坂公成
         ┃
      ┏石坂弘毅
      ┃
      ┣石坂定義
      ┃
      ┃堀江悦之助
      ┃ ┃
      ┣松江
      ┃
      ┃鈴木朔太郎
      ┃ ┃
      ┣てい
      ┃
石坂義雄━━╋石坂泰三
      ┃ ┃
      ┃雪子
      ┃
      ┣祖父江久治
      ┃ 
      ┃
      ┣石坂銀五 
      ┃ 
      ┃   
      ┗石坂禄朗  ┏石坂光雄
         ┃   ┃
         ┣━━━╋石坂二朗
         ┃   ┃
       ┏あや   ┗石坂恒夫
  林曄━━━┫     
       ┗林暲   

         

家族[編集]

  • 妻 あや(元松沢病院林暲の妹)
  • 長男 光男
  • 二男 二朗
  • 三男 恒夫

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 武石和風『堂々たる人 財界総理・石坂泰三の生涯』 講談社1987年 165、168-169頁
  • 佐藤朝泰 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 130-133、266頁

脚注[編集]