石原浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石原 浩二(いしはら こうじ、1953年 - )は、日本化学者である。早稲田大学理工学術院教授。専門は無機化学、錯体化学。

来歴・人物[編集]

1977年埼玉大学理工学部化学科卒業。1983年名古屋大学大学院理学研究科博士後期課程修了。理学博士(名古屋大学)。1984年、名古屋大学理学部助手。1988年、早稲田大学理工学部専任講師、1990年、早稲田大学理工学部助教授を経て、1995年より早稲田大学理工学部教授となる。

論文[編集]

  • Kinetic study of the reaction of tetramethylplatinum(Ⅳ) complexes with acids (Inorg. Chim. Acta, 241/, 1996)
  • Ligand substitution reaction of tri- and tetrametyl-platinum(Ⅳ) complexes (31st International Conference on coordination chemistry, Vancouver, 1996)
  • An <sup>11</sup>B NMR study of the kinetics of metylboronic acid-metylboronate interchange in aqueous solution (Inorg. Chim. Acta / Elsevier, 262/, 91-96, 1997)
  • 「トリスペンタフルオロフェニルボロンと4-イソプロピルトロポロンとの反応」(第21回溶液化学シンポジウム, 190-191, 1998年)
  • 「a-ピリドンを架橋配位子とするPt(Ⅲ)二核錯体とアルケノールとの反応」(第21回溶液化学シンポジウム, 200-201, 1998年)
  • A stopped-flow apparatus with a push-pull coupler for the study of fast reactions in solution under high pressure (Rev. Sci. Instrum./ Am. Inst. Phys., 70/, 244-245, 1999)
  • Mechanistic study on the reaction of boronic acids with H-Resorcinol (Inorg. Chim. Acta, 290/, 222-227, 1999)
  • 「錯体の溶液内反応の研究に関する傾向」(『高圧力の科学と技術』 The Review of high pressure science and technology 9(3), 221-226, 1999年)
  • Kinetics and mechanisms of the axial ligand substitution reaction of the head-to-head 2-pyridonato-bridged cis-Diammineplatinum(Ⅲ) Dinuclear complex (Bull. Chem. Soc. Jpn., 74/, 861-868, 2001)
  • Kinetic study of the complex formation of boric and boronic acids with mono- and diprotonated ligands (Inorg. Chim. Acta, 344/, 28-36, 2003)
  • The mechanism of ketone and alcohol formations from alkenes and alkynes on the head-to-head 2-pyridonato-bridged cis-diammineplatinum(Ⅲ) dinuclear complex (J. Am. Chem. Soc., 125/, 3605-3616, 2003)
  • Mechanism of the axial ligand substitution reactions of the head-to-tail a-prydonato-bridged cis-diammineplatinum(Ⅲ) dinuclear complex with olefins (Inorg. Chem., 43/, 309-316, 2004)
  • Fast trigonal/tetragonal interconversion followed by slow chelate-ring closure in the complexation of boronic acids (Inorg. Chim. Acta, 358/, 3355-3361, 2005)
  • 「体積変化を伴う溶液内反応と圧力効果」(『ぶんせき』 (398), 61-66, 2008年)
  • 「高い酸解離能を有する4-ピリジルボロン酸誘導体の反応性に関する溶液化学的研究」(共著)(『分析化学』 Japan analyst 61(12), 1041-1047, 2012年)

受賞[編集]

  • 1988年 日本分析化学会奨励賞