石原実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石原 実.jpg

石原 実(いしはら みのる、1967年10月5日)は、神奈川県鎌倉市出身の会社経営者。


独立系不動産最大手のいちご株式会社(東証一部上場)の取締役執行役副社長兼COOであり、株式会社宮交シティ代表取締役会長兼社長、いちごマルシェ株式会社代表取締役会長兼社長、いちご不動産サービス株式会社代表取締役社長、いちご投資顧問株式会社取締役等も務める。

いちごグループがCSRとして取り組む運動部にて、部長、監督を務め(詳細はいちごスポーツサイト参照)、東京オリンピックに向けてオリンピック候補選手全6名を指導する。([1][2]を参照)

略歴[編集]

青山学院大学を卒業後、(株)間組(東証一部上場の大手ゼネコン。現(株)安藤・間)に入社し、大型ダム工事、大型半導体工場等全国各地の建設現場にて工務、施工管理に従事。2007年にいちご株式会社入社。グループの管理業務全般を統括し、東京一部上場のためのガバナンス基盤を構築するとともに、松戸南部市場(千葉県)、宮交シティ宮崎県)、ノルベサ北海道)等の地方商業施設やホテル案件等の再生を指揮する。2011年にいちご株式会社の副社長に就任し、グループの保有・運用物件の「心築」、テナントダイレクト営業、コンバージョンや省エネ化などのエンジニアリング、地方創生案件、不動産IT化等、不動産事業の変革・進化への挑戦を推進している。([3]を参照)

人物[編集]

好きな言葉は「一期一会」。いちごスポーツサイトにて石原は、「一期一会という禅の言葉を、有馬禅僧が監修なさった禅語辞典で調べると、人生は出生から死に至るまで、その一瞬一瞬は繰り返されることはなく、この無常の世界を、油断なく精一杯の充実した生き方が人間に課せられた重要課題である、とあります。今を、一生の最期、これは生涯に一度限りであると考え、出来る限りを尽くしたいと思います。」と語っている。

脚注[編集]

リンク[編集]

いちご株式会社 マネジメントメンバー

宮交シティ プロフィール

松戸南部市場 会社概要

UNITED SPORTS FOUNDATION(ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション)「リーダーたちの未来図」vol.6 2015.09.17「多様性を受け容れる社会づくりに貢献したい」

事務所移転時の敷金を半額に「保証金半額くん」スペシャル対談:いちご株式会社・石原実 氏×日本商業不動産保証・豊岡順也

いちごウエイトリフティング部メンバー紹介

いちご陸上部メンバー紹介