石原和三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石原和三郎
石原和三郎のレリーフ
群馬県みどり市、旧花輪小学校記念館屋外展示。

石原 和三郎(いしはら わさぶろう、慶応元年10月12日1865年11月29日) - 大正11年(1922年1月4日)は作詞家

経歴[編集]

上野国勢多郡東村花輪(現・群馬県みどり市東町花輪)に、伝六の長男として生まれる。

1877年明治10年)に13歳で助手教員となり、1891年(明治24年)には群馬師範学校を卒業、郷里の花輪小学校校長に任命された。

1894年(明治27年)に「小学校歌集註解」を出版。同年11月、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)訓導に転出。1900年(明治33年)に東京高師附属小をやめ、冨山房に入社。坪内逍遥のもとで「小学国語読本」編纂に携わった。

この年から石原作品を多くのせた「幼年唱歌」(全10冊)が順次出版され、「兎と亀」・「花咲爺」・「金太郎」が世に登場する。1905年(明治38年)には彼の長編ものの代表作といわれる「東京地理教育電車唱歌」が発行される。また、冨山房発行の「少年世界文学」には童話「六勇士」を書くなど著書も多い。

1922年(大正11年)1月4日に病没。満56歳没。

郷里の東村には1989年平成元年)、石原の業績を記念した「童謡ふるさと館」が開館した。また、1991年(平成3年)には、同郷の詩人・画家である星野富弘による絵柄で「うさぎとかめ」の切手が群馬県内限定で発売された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]