石原俊 (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 俊(いしはら しゅん、1974年 - )は、日本の社会学者。専攻は社会学。専門領域は歴史社会学、地域社会論、島嶼社会論、現代社会論。

経歴[編集]

京都市生まれ。1993年、洛星高等学校卒業後、京都大学文学部に進学。1997年、同(社会学専攻)卒業後、京都大学大学院文学研究科(社会学専修)に進学。2002年、同博士後期課程単位取得退学。2005年、京都大学博士(文学)。千葉大学大学院人文社会科学研究科助教などを経て、2009年より明治学院大学社会学部准教授。2017年、同教授。2015~16年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員

父親は、人文地理学者で奈良大学学長京都大学名誉教授名古屋大学名誉教授、奈良大学名誉教授石原潤(いしはら ひろし)。母方の祖父は、洋画家京都精華大学理事長、同名誉教授関西美術院元理事長の福井勇

受賞[編集]

  • 第7回日本社会学会奨励賞受賞(『近代日本と小笠原諸島――移動民の島々と帝国』により)

主要著書[編集]

単著[編集]

  • 『群島と大学――冷戦ガラパゴスを超えて』共和国、2017年。
  • 『군도의역사사회학』(『〈群島〉の歴史社会学』韓国語版)金美晶訳、글항아리(グルハンアリ)、2017年。
  • 『〈群島〉の歴史社会学――小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界(現代社会学ライブラリー 12)』弘文堂、2013年。
  • 『殺すこと/殺されることへの感度――2009年からみる日本社会のゆくえ』東信堂、2010年。
  • 『近代日本と小笠原諸島――移動民の島々と帝国』平凡社、2007年。

編著[編集]

共著[編集]

監修[編集]

主要論文[編集]

  • 「地上戦を生き延びた硫黄島民――唯一の証言者・須藤章さんのライフヒストリー」『社会文学』45号(特集:日本とアメリカ)、日本社会文学会不二出版、2017年。
  • 「それでも守るべきは、大学の自治である」『現代思想』43巻17号(11月号、特集:大学の終焉――人文学の消滅)、青土社、2015年
  • 「満身創痍の大学と学問の自由の危機」『社会文学』42号(特集:歴史の岐路)、日本社会文学会不二出版、2015年。
  • 「解除されない強制疎開――「戦後70年」の硫黄島旧島民」『現代思想』43巻12号(8月号、特集:戦後70年)、青土社、2015年。
  • 「大学の<自治>の何を守るのか――あるいは<自由>の再構築にむけて」『現代思想』42巻14号(10月号、特集:大学崩壊)、青土社、2014年。
  • 「島と海の想像力――地政学を超える系譜学へ」『現代思想』41巻1号(1月号、特集:現代思想の総展望 2013)、青土社、2013年。
  • ディアスポラの島々と日本の「戦後」――小笠原・硫黄島の歴史的現在を考える」『別冊 』19号(総特集:日本の「国境問題」――現場から考える)、藤原書店、2012年。
  • 「<島>をめぐる方法の苦闘――同時代史とわたりあう宮本常一」『現代思想』39巻15号(11月臨時増刊号、総特集:宮本常一――生活へのまなざし)、青土社、2011年。
  • 「小笠原諸島の近代経験と日本」『科学』948号(8月号、特集:島に生きる――世界遺産の小笠原から日本へ)、岩波書店、2011年。
  • 「Becoming Pirates――海の近代の系譜学へ」『現代思想』39巻10号(7月号、特集:海賊――洋上のユートピア)、青土社、2011年。
  • 「戦争機械/女の交換/資本主義国家――ノマドとレヴィ=ストロース」『KAWADE 道の手帖 レヴィ=ストロース――入門のために 神話の彼方へ』河出書房新社、2010年。
  • そこに社会があった――硫黄島の地上戦と<島民>たち」『未来心理(Mobile Society Review)』15号(特集:伝達再考)、NTTドコモ・モバイル社会研究所、2009年。
  • 「移動民と文明国のはざまから――ジョン万次郎と船乗りの島々」『思想』990号(10月号)、岩波書店、2006年。
  • 「主権的な法と越境する生活世界――『日本帝国』占領下小笠原諸島の『帰化人』をめぐる自律的諸実践」『社会学評論』56巻4号、日本社会学会有斐閣、2006年。
  • 「<沖縄>の発見 1――琉球王国の自己呈示とヤマトからの視線を中心に」「<沖縄>の発見 2――欧米植民地帝国からの視線を中心に」『インターコミュニケーション』46号(特集:沖縄――<帝国>から遠く離れて)、NTT出版、2003年。
  • 「軍事占領をめぐる知の重層的編成――沖縄における<歴史の収奪>」『ソシオロジ』44巻1号、社会学研究会行路社、1999年。

報道[編集]

→【転載】『東京トリビア』(東京新聞、2012年、pp.148-149)

  • TBSラジオニュース探究ラジオ Dig』「世界自然遺産に登録される小笠原諸島、どんなところなんだろう」出演(パーソナリティ:神保哲生竹内香苗、2011年6月21日)
  • 週刊読書人』「論潮」欄(論壇時評)担当(2009年1月〜12月)
  • 京都新聞』コラム 双曲線「ペリー艦隊と沖縄・小笠原――日米関係で片づけられない島と海の民の出会い」執筆(2003年6月25日朝刊)

外部リンク[編集]