石井武比古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 武比古(いしい たけひこ、1934年- )は、日本の物理学者である[1]

概要[編集]

専攻は放射光学。日本物理学会会長、日本放射光学会長を務めた[1]理学博士(東北大学、1962年)[1]

タイ王国での放射光施設の建設、運用計画に大きな寄与をしている[2]

学歴[編集]

  • 1957年 - 東北大学理学部物理学科卒業[1]
  • 1962年 - 同大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了(理学博士)[1]

職歴[編集]

受賞[編集]

  • 1967年 愛知敬一記念賞[1]
  • 2003年 タイ国立放射光科学研究所功労賞[1]
  • 2005年 タイ王国勳4等ディレクナボーン勲章[1]

著書[編集]

  • 電子の分光(共立出版、共著、1978年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 石井 武比古さん”. 東北大学理学部物理系同窓会. 2014年5月3日閲覧。
  2. ^ タイ王国科学技術大臣他御一行 PFと構造生物学研究センターを訪問”. 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所 放射光科学研究施設 (2004年6月8日). 2014年5月3日閲覧。