石井晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井 晶
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都足立区
生年月日 (1939-11-21) 1939年11月21日
没年月日 (2013-07-15) 2013年7月15日(73歳没)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

石井 晶(いしい あきら、1939年11月21日 - 2013年7月15日)は、東京都足立区出身のプロ野球選手外野手)・野球指導者・監督解説者

経歴[編集]

足立高校から東京鉄道管理局に進む。河野安男(近鉄)とともに中心打者として第29回全国鉄道大会で優勝、同大会の首位打者となる。1959年にはプロ入りした河野の後継として、四番打者、一塁手をつとめ都市対抗予選等で活躍。

1960年阪急ブレーブスへ入団。当初から背番号6で即戦力として期待されており[1]、強打のバッターとして主力を張った。1年目は主に控え三塁手として33試合出場にとどまるが[1]、2年目の1961年には三塁手のレギュラーを人見武雄と争い80試合に先発出場。1963年は開幕から一塁手として起用されるが、シーズン中盤に失速。しかし同年はウエスタンリーグで首位打者となり、打率.396の歴代最高打率を記録する。1964年には戸口天従に代り一塁手の定位置を獲得、初の規定打席(14位、打率.272)に達する。ダリル・スペンサーを押しのけて四番打者に座り[1]、15本塁打を放つ。同年のオールスターゲームにも出場、第3戦で伊藤芳明から本塁打を記録した。1967年シーズン中盤からスペンサーが一塁手に回る試合が多くなり、それ以降もフランシス・アグウィリーら外人選手との併用が続くが、優勝争いを演じるチームの中で勝負強い活躍を見せた[1]1969年読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、全6戦に一塁手として先発出場。3本塁打を放ち、18打数7安打5打点と活躍した。日本シリーズでは通算32打数11安打とよく打っている[1]1970年も前半戦は好調が続くが6月に故障欠場、カル・エメリーに定位置を譲る。翌1971年限りで現役を引退。

その後は1972年から1974年まで二軍コーチ[2]1975年から1981年までは一軍コーチに就任し、リーグ4連覇と3年連続日本一を支えた[1]。また後輩の面倒見がよかった[1]。その後はヤクルトスワローズの一軍内野守備コーチ(1982年)、一軍守備・走塁コーチ(1983年)、一軍外野守備・走塁コーチ(1984年)、阪神タイガースの二軍打撃コーチ(1985年 - 1988年)、一軍打撃コーチ(1989年)、二軍監督(1990年 - 1991年)、チーフコーチ[3]1992年)、一軍チーフ兼打撃コーチ(1993年 - 1994年)、二軍チーフ兼打撃コーチ(1997年)、二軍チーフ打撃コーチ(1998年)を務めた。阪神コーチとして指導したセシル・フィルダーは大リーグ復帰後に本塁打王となり石井に感謝した[4]

1999年にはノンプロ・田村コピーでコーチ、2004年からは名古屋お茶の水医療秘書福祉専門学院・名古屋ウェルネススポーツカレッジ・JPスポーツ専門学校・日本プロスポーツ専門学校で監督を務めた。一方でTigers-ai制作・配給による阪神戦テレビ中継の解説でも活躍した。2010年に病気で倒れて以降、その後は寝たきりとなった。

2013年7月15日、死去[5]。73歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1960 阪急 33 81 77 4 18 3 2 0 25 7 1 1 0 0 3 0 1 15 1 .234 .272 .325 .596
1961 95 318 297 22 76 14 3 3 105 25 2 5 2 0 15 0 4 43 11 .256 .301 .354 .654
1962 64 88 80 8 15 2 1 4 31 10 0 3 0 1 6 0 1 22 5 .188 .253 .388 .640
1963 140 324 310 31 79 11 3 4 108 31 1 4 1 1 12 0 0 39 11 .255 .283 .348 .631
1964 147 547 508 66 138 25 5 15 218 69 2 3 1 8 28 1 2 70 18 .272 .312 .429 .741
1965 137 456 428 28 103 16 1 1 124 33 2 1 2 6 20 1 0 51 9 .241 .275 .290 .564
1966 134 508 458 49 107 26 2 10 167 57 6 8 3 7 36 2 4 74 10 .234 .295 .365 .660
1967 83 165 150 16 36 6 0 2 48 9 1 1 1 2 12 0 0 28 4 .240 .296 .320 .616
1968 112 230 213 14 53 9 0 5 77 21 2 2 1 5 9 0 2 34 5 .249 .286 .362 .647
1969 114 250 226 22 53 5 0 3 67 21 5 0 4 2 16 0 2 33 4 .235 .291 .296 .587
1970 111 277 255 24 74 20 0 1 97 19 5 4 1 2 17 1 2 54 9 .290 .339 .380 .720
1971 92 134 115 10 28 1 0 3 38 14 2 1 2 0 16 1 1 16 1 .243 .341 .330 .671
通算:12年 1262 3378 3117 294 780 138 17 51 1105 316 29 33 18 34 190 6 19 479 88 .250 .297 .355 .652
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1969年7月13日 ※史上140人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 6 (1960年 - 1971年)
  • 72 (1972年 - 1981年、1985年 - 1987年、1990年 - 1994年)
  • 71 (1982年 - 1984年)
  • 82 (1988年 - 1989年)
  • 75 (1997年 - 1998年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、P53
  2. ^ 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、p128
  3. ^ NPBに所属する全12球団において、初めて『チーフコーチ』の肩書を名乗った。
  4. ^ 猛虎人国記(46)~東京都(下)~ スポーツニッポン
  5. ^ 石井晶氏死去 元阪急内野手で阪神2軍監督も務める”. スポニチアネックス (2013年7月16日). 2013年7月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]