石井七歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 七歩(いしい なほ、 (1991-03-16) 1991年3月16日(26歳)-)は、日本の女性現代美術家芸術家東京都生まれ。2010年頃より、自身が生まれ育った団地の記憶を元に、現在のスタイルである都市と自然を融合させたドローイングを中心に作品制作を行い始めた。多摩美術大学を入学後1週間程度で中退し、代わりにアーティスト集団の旅団を結成して団長を務め、団長として組織を成長させながら数々の作品制作を行った。組織としての行き詰まりを感じ、自らの判断で旅団を解散させた後は、セルフプロモーションによるフリーランスとして活動中である。SNSを前提として個人で戦略的に活動を展開し続けており、先鋭的な感覚を持つ鑑賞者から、徐々にではあるが注目され始めている模様である。現在は、SNS上の特徴的な活動により、各種メディアにおいて「SNS時代のアーティスト」と言った謳い文句でも紹介されている。

主な参加展覧会[編集]

個展[編集]

 脚注[編集]

  1. ^ 表参道GYREにて3.11以後の日本を考える「超群島 - HYPER ARCHIPELAGO -」展が開催
  2. ^ 青森県立美術館オフィシャルページ 常設展+特別展示「超群島 -ライト・オブ・サイレンス」
  3. ^ VOCA展2013
  4. ^ 街中で夜通し芸術のお祭り 東京・六本木で「アートナイト」
  5. ^ ブロークントーキョー公式サイト

 外部リンク[編集]