石井一昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石井 一昌(いしい かずまさ、1926年 - 2012年)は、日本の政治運動家日本を築く庶民の会会長・元護国団最高顧問・元護国団団長

生涯[編集]

福島県郡山市出身。1955年6月、護國團に入団、青年隊隊長などを歴任。1955年岸信介(当時、自民党幹事長)の事務所に単身乗り込み直談判を行う。1960年、安保改定時に全学連と争って逮捕。

長年の経験より「やくざ右翼は去れ」「右翼では国は救えない」「日本は女性で開けた国」「女性の力がなくては国は救えない」と、右翼を超越した次元で有志と運動を展開中に病没。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 「暗殺集団」(恒友出版)、「日本を哭く」(石井一昌)

外部リンク[編集]