石丸次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石丸 次郎(いしまる じろう、1962年 - )はビデオジャーナリスト大阪市出身。同志社大学文学部卒業。一般社団法人ラジオ・アクセス・フォーラム運営委員、パーソナリティ。

略歴[編集]

北朝鮮問題に詳しいビデオジャーナリスト。アジアプレス・インターナショナル大阪事務所代表。一般社団法人ラジオ・アクセス・フォーラム運営委員、パーソナリティ。中朝国境の映像などを撮影している。多くの脱北者を取材する。[要出典]

同志社大学文学部卒業後、韓国ソウルの延世大学などに2年半留学。在日朝鮮人問題、韓国の学生運動などを取材の後、93年に中国の朝鮮国境1300キロを踏破。北朝鮮取材は国内に3回、中朝国境地帯には1993年以来約100回。これまでに900人を超える北朝鮮人を取材している(アジアプレスのHPなどを参照)。朝鮮半島を専門領域とし、特に北朝鮮現場取材の第一人者としてよく知られている。[要出典]

ビデオ取材に「北朝鮮難民の証言」(NHK『ETV特集』)「北から来た少女」(NHK・ ETV特集)、「北朝鮮ジャーナリスト、リ・ジュン特集」(日本テレビ)など。ほかに韓国KBS、英チャンネル4、独ARD、仏Canal+などで北朝鮮現地ルポ。[要出典]

「北朝鮮難民問題に光を当てる一連の報道」で、第40回 ギャラクシー賞・報道活動部門・優秀賞を受賞。[1]

2008年に、北朝鮮内部のジャーナリストによる情報誌リムジンガンを創刊してメディアに大きく取り上げられた。石丸は発行人と編集長という肩書きになっている。当初は、北朝鮮ウォチャーたちの間でも、北朝鮮人のジャーナリストの存在を懐疑的に見る向きがあったが、北朝鮮で撮影されたビデオ映像や写真が多数公開されそのような声は聞かれなくなった。韓国の専門家の間でもリムジンガンの評価は高いという。[要出典]

著書[編集]

共著[編集]

訳書[編集]

  • 『涙で描いた祖国』(風媒社) 

出演[編集]

論文[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]