石丸伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石丸 伸二
いしまる しんじ
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1982-08-12) 1982年8月12日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県高田郡吉田町
(現:安芸高田市
出身校 京都大学経済学部
前職 三菱UFJ銀行行員
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2020年8月9日 - 現職(任期満了日:2024年8月8日[1]
テンプレートを表示

石丸 伸二(いしまる しんじ、1982年昭和57年〉8月12日[2] - )は、日本政治家。第4代広島県安芸高田市長(1期目)。全国青年市長会所属[3]。三矢の訓協議会 副会長[4]

来歴[編集]

広島県高田郡吉田町(現:安芸高田市)生まれ。吉田町立吉田小学校、吉田町立吉田中学校広島県立祇園北高等学校(16期生)を経て、京都大学経済学部へ進学[5][6]2006年、同大学経済学部卒業後[7]三菱東京UFJ銀行に入行[6]。姫路支店に配属[8]2014年[7][9]為替アナリスト[7]として三菱東京UFJ銀行子会社MUFGユニオンバンク[要出典]初代ニューヨーク駐在として赴任し、以後は4年半にわたってアメリカ大陸の主要9か国25都市で活動[6]。2020年7月、同行を退職[10]

安芸高田市長選に出馬し、8月9日、8,076票(得票率60.18%)を得て、対抗馬の前副市長に2,732票差で初当選した[11][12]。同年8月9日、第4代安芸高田市長に就任[10]

人物[編集]

  • 2022年6月、居眠り議員らに対して「恥を知れ!恥を・・・という声が上がってもおかしくない」と言った発言により大きな注目を浴びた。
  • 本当は理系に進んで、医者になりたかったが、医者になるには6年間大学に通わないといけなくて、当時家にあまりお金がなかったので断念した[13]。実家がそれほど裕福ではなかったので、お金に不自由したくないという思いがあり手っ取り早く、手堅く稼ぐため経済学部を選び、一番確実に、期待値高く稼げる金融機関に就職した[13]
  • ニューヨーク駐在時代は、年間100日近くが出張という多忙なスケジュールで、アメリカ大陸各国の経済を分析・予測していた[14]
  • 三菱UFJ銀行でアナリストの職務を始める際に、上司から贈られた孟子の言葉「自らかえりみてなおくんば、千万人といえども吾往かん」[15]を今も支えにして市政に取り組んでいる[16]。その一節が石丸の著書タイトル『われかん』(2024年6月20日予定[17]KADOKAWA)となった。
  • 2023年10月9日、自身の公式Xのフォロワー数が20万人を超えた[18]
  • 2023年放送の市長の石丸と安芸高田市議会のドキュメンタリーテレビ番組『#つぶやき市長と議会のオキテ』が第28回PROGRESS賞を受賞した[19]。また、本番組に未公開映像と追加取したシーンを加えた劇場映画版『#つぶやき市長と議会のオキテ【劇場版】』が2024年5月25日に東京・ポレポレ東中野でロードショー、全国順次公開される[20]
  • 身長は173.2cm[21]
  • フェミニスト社会学者上野千鶴子を学生のときから知っていて、本もよく読んでいた[22]。2022年、安芸高田市で実施された上野の講演を拝聴した感想について石丸は「まさに真に女性の地位向上のため、ひいては社会の発展のため尽力されてきた、そして今も尽力されている方だなと感じた」と述べている[22]

趣味・嗜好[編集]

  • 剛柔流空手道初段(黒帯)[23]トライアスリート[23]、唎酒師(2019年7月1日認定[24][23]
  • 2019年9月22日「九十九里トライアスロン2019」オリンピックディスタンス男子総合(千葉県一宮海岸周辺)出場[25]
  • 2020年10月11日「九十九里トライアスロン2020」男子総合(千葉県一宮海岸周辺)出場[26]
  • 2021年10月31日「九十九里トライアスロン2021」オリンピックディスタンス男子総合(千葉県一宮海岸周辺)出場[27]
  • 2022年9月18日「九十九里トライアスロン2022」オリンピックディスタンス男子総合(千葉県一宮海岸周辺)出場[28]
  • 2023年3月19日「とくしまマラソン2023」マラソン男子 出場[29]
  • 2023年9月3日「サンポート高松トライアスロン ~瀬戸内国際体育祭~」(香川県高松市)DNS[30][31]
  • 2023年10月8日「九十九里トライアスロン2023」オリンピックディスタンス男子総合(千葉県一宮海岸周辺)出場[32]
  • 2024年2月11日「世界遺産姫路城マラソン2024」出場[33]
  • 2024年2月25日「2024そうじゃ吉備路マラソン」男子ハーフマラソン 出場[34]
  • 2024年2月29日「東京マラソン2024」マラソン男子 出場。
  • 2024年3月24日「とくしまマラソン」一般男子 出場。

趣味はキャンプ漫画本集め、ジャグリング[23]。漫画をこよなく愛しており、所蔵している単行本は1万冊(自宅に7000冊ほど保有し、電子書籍を数千冊持っている[35])を超え[7]、読んだ漫画は2万冊を超えている[36]

大学時代は「京都大道芸倶楽部 Juggling Donuts」に所属し活動していた[37]

2023年10月14日「元就の里リレーマラソン2023」(吉田運動公園)に出場しスタートからゴールまでジャグリングしながら完走した。

交際関係[編集]

  • 彼女について、2024年の『SPA!』の取材に石丸は「交際していた彼女がいたが、市長選出馬表明から選挙までの約4週間も、忙しすぎて連絡が取れなくなり、市長に当選して、4年間は安芸高田市を離れられなくなったため、市長選のあとに別れた。彼女は今、アメリカで仕事をしている」などと述べている[38]

家族[編集]

  • 実家は米農家である[39]。自身の父親について石丸は「普通の田舎の中卒のおじちゃんです。父は厳しかった。行儀が悪いとか、約束を守らないとか、事あるごとに怒られた。拳が飛んでくることもあった」などと述べている[38]
  • 独身である[40]

市長選[編集]

2020年7月3日、第3代広島県安芸高田市長児玉浩が前年の参院選広島県選挙区をめぐり、衆議院議員の河井克行から現金計60万円を受け取ったことの責任をとり市長を辞職[41][42][43][44]

同年7月5日、副市長の竹本峰昭が児玉の辞職に伴う市長選挙に立候補する意向を固めたことを地元新聞社が報道[45]

7月7日、「市長の辞職を受けて、副市長が立候補を表明した」「他に立候補を表明している者はいない」と伝えるニュースを知った石丸は立候補を決断。東京で仕事をしていた石丸は「無投票で市長に選出されそうだな。誰か出ろよ」と思うも、その直後に「自分が出ればいいかと思って飛んで帰った」という[38]

翌7月8日に退職願を出した[5](7月8日は在宅勤務で、「退職します」と会社に連絡を入れた[7])。

7月22日、正式に出馬表明した[46]。対抗馬の竹本は「政治不信を招いた」と児玉を批判する一方で事務所開きに招き、出席した児玉は挨拶で「竹本は後継者ではないが『託せる人』だ」と述べた[47]

石丸の公約は、『「この先も世界で一番住みたい」と思えるまちへ』[6]

  1. 政治再建(政治の「わかる化」)[6]
  2. 都市開発(将来を見据えた投資)[6]
  3. 産業創出(リモートを活かした人材の確保)[6]


同年8月9日に行われた市長選挙で竹本との一騎打ちを制し初当選した[47]

※当日有権者数:23,696人 最終投票率:56.98%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
石丸伸二37無所属8,076票60.18%
竹本峰昭66無所属5,344票39.82%

2023年10月12日に石丸は市長任期が残り1年を切った中で、就任時に掲げた政治再建に関し「ほぼ達成した」との見解を、市議会定例会で議員の一般質問に答えて示した[48]

2023年11月30日には2024年8月の任期満了に伴う安芸高田市長選挙に新人男性51歳(元・郵便局長、旧高宮町職員)が広島県庁で記者会見して立候補を表明し、次の安芸高田市長選への初の立候補表明となった[49][50]。石丸は「続けるとも続けないともまだ決めていない。選挙の日の1か月前ぐらい前は検討するかもしれないと思っている」と語った[51]

石丸は2024年5月10日午後の臨時記者会見で[52]任期満了に伴う7月の安芸高田市長選に不出馬を表明した[53][54][55]。安芸高田市長退任後も既存政党に所属せず政治家を続ける意向で[56]、広島県内外の全ての選挙が対象とした[57]。7月の東京都知事選挙への立候補を問われると「前向きに検討する」と語り[58]、「国政選挙に出馬する可能性は低いが、この先の選挙全てが選択肢だ」とも説明した[59][60]。石丸は、衆議院の解散総選挙がある場合、広島1区で出馬する可能性があると述べ[61]、その場合、市長任期満了日よりも早く辞めることになる。同日の中国新聞の取材に、安芸高田市議会大下正幸議長は「市長の判断なのでコメントは控えたい」と述べた[62]。最大会派・清志会代表・山本優市議は「対議会で注目は集めたが、政治への関心とは別物。まちづくりの政策は見えなかった」と評した[62]。会派・シセイクラブ代表・南沢克彦市議は「財政の課題を多くの市民と共有できたのは評価できる」「これだけ話題になったので、市民の審判を仰いでほしかった」とした[62]

都知事選[編集]

2024年5月16日、石丸は東京都内で行われたセミナー「Climber(クライマーズ)2024[63][64]」(主催:eightテレビ東京GOETHE[63])で東京都知事選挙(2024年6月20日告示、7月7日投開票)に出馬する意向を表明した[65][66]

同年5月17日、広島市内で記者会見を開いて東京都知事選の立候補を正式に表明し、「やらないといけないことがある。地方の衰退、これを止めるという作業だ」と動機を語り、無所属で出馬することも明らかにした[67][68]。在任中である安芸高田市長の辞職のタイミングはまだ決めておらず、任期のうち可能な限り務めるとした[68]

市政[編集]

婚活事業の打ち切り[編集]

2021年2月、行政が関与し男女の結婚を後押しする婚活事業を、本年度限りで打ち切りを決めた。中止の理由として石丸は3つ挙げた。なお1番重要なのは3番目の理由であると述べている。[69]

  1. 結婚という個人的事柄に対して公が関与する理由は本来ない。
  2. 少子化対策として結婚を推奨することは結婚が出来ない人や子供を持てない人を苦しめる。またLGBTへの配慮が足らない。そういった価値観を押し付けると子供が寄り付かなくなってしまう。
  3. 少子化対策としての効果がほとんど望めない。

パートナーシップ宣誓制度[編集]

2021年10月1日、LGBTなど性的少数者のカップルが婚姻と同等の扱いを受けられる「パートナーシップ宣誓制度」を導入した[70]

中学校統合計画の検討[編集]

2022年11月28日、石丸は生徒数の減少を理由に、市内にある6つの公立中学校を1つに統合する方向で保護者に説明していく意向を表明。市は2校に統合しても、統合してから6年後にはクラス替えが難しくなる見通しであるとして、1校に統合し、生徒数を確保しながら新たな校舎を建てる方向で検討を進めたいとしているが、保護者を対象にしたアンケートでは、校数について2校が4割と最も多く、3校案と1校案がそれぞれ3割と意見が割れている[71][72]

市議会との対立[編集]

SNSで市議のいびきを指摘[編集]

2020年9月25日、石丸はTwitter上で、一般質問で市議の1人がいびきをかいて寝ていたと投稿した[73] 。指摘を受けた市議は27日に体調不良が理由であったとして石丸に対し謝罪するメールを送った[73]。ところが、その後29日に病院でのMRI検査により睡眠時無呼吸症候群・無症候性脳梗塞の診断を受けた。当の市議によれば意識を失う前、視野狭窄などの症状を呈していたという。(これに関して、市議は議長に診断書を提出、さらに議長は石丸にその診断書を提出した。石丸は、議員本人は病気による意識喪失と釈明するが判然とせず議会に問いただしたが議会は説明を拒んだと主張した[74]。石丸は当初この診断書については見ていないと主張していたが、その後、議会側からの追及を受けて、市議本人からの提出でないため中身を見ることもなくシュレッダーにかけたものとの形で説明を行っている[75]。)

30日に石丸は市議15人全員が出席した非公開の市議会全員協議会に呼ばれて、Twitterへの投稿の意図について説明を求められたが、翌日に石丸は、この日の全協について「議会の批判をするな、選挙前に騒ぐな、事情を補足してやれ、敵に回すなら政策に反対するぞ、と説得?恫喝?あり」とTwitter上に改めて投稿[73][76]。名指しされた市議の山根温子は「恫喝と受け取られたのなら大変残念。私としては優しい言葉で議会の現状を伝えたつもり。言葉足らずで誤解を生んだ」と釈明。石丸は「政策をしっかり見ていこうという同志がいるとの認識に改める」と応じた[76]

10月30日に市議会は石丸が一部市議から恫喝されたと主張している問題を受け、恫喝はなかったとする答弁書を提出[77]。石丸はこれに不快感を示し、翌31日には「国語のテストなら0点」などとTwitter上で批判した[78]

2021年1月19日に開かれた全協では、石丸は市議会が恫喝はなかったとの結論をまとめた回答書についての確認や、議会運営に関する内容などを述べる予定であったが、議会側は会議規則で定める議案の審査などに関わる協議や調整に該当しないとしてこれを認めず、石丸は途中退席した[79]。2月18日の全協では、司会の副議長を除く15人中6人が、何らかの形で石丸の考えを聞く場を設けるべきであるとの意思を示し、同26日、石丸は翌月の市議会一般質問では、この6人に対してのみ答弁するとの考えを示し、議会側が反発した[80]。3月4日の市議会では石丸が「後ほど文書で回答する」などの答弁を繰り返し、議会が中断するなど混乱した。その後石丸は議長の宍戸邦夫と面談し、宍戸は恫喝の問題と一般質問は分けて考えるよう求め、5日に石丸は応じないとしてきた一部市議との答弁に応じるなど態度を軟化させ、「全ての責任は私にある」と陳謝した[81]

副市長の全国公募案と断念[編集]

2021年1月4日、市は副市長の全国公募を開始(締め切りは1月31日)[82]。市は、4月就任予定で任期4年[83]、月額給与70万円[83]、年収約1,200万円[82]を提示した[83]。2回の面接などを経て内定を出す[83]

同年2月1日、市は目標の4倍以上となる4,115人から応募があったと発表した[84][85][86]首都圏関西圏、広島県内を中心に[84]北海道から沖縄まで全国各地[83]から応募があり、海外在住者からもあった[84]。業種、職歴は、製造業や商社、官公庁、マスコミ関係者[84]、コンサルタント[83]など幅広く多岐にわたった[84][83]

同年3月1日、全国から公募した2人目の副市長に、東京都の団体職員の女性を内定したと発表した[87]

定例市議会(2月24日 - 3月17日)に副市長の人事案を追加提案したが[88]、3月10日、同人事案は、議長を除く賛成7、反対8の1票差で否決された(1回目)[89]。選任案をめぐっては、否決を受けて結成された市民グループが、石丸や市議から経緯を聞く市民対象の意見交換会を開いたり、選任案が再提案された場合に賛成するよう市議に求める署名を集めたりする動きが出た[90]

同年6月2日、石丸が副市長選任案を再提案するために招集した臨時会で[90]、副市長選任案は賛成5、反対10の大差で2度目の否決となった[91]

同年6月29日、市議会は、2度否決している公募副市長の人事案について、地方自治法に基づき「議決に法令違反があった」とする石丸の求めに応じ、再議(審議のやり直し)を行い[92]、1対14の大差で3度目の否決となった[92]

2022年3月7日、市議会は本会議を開き、副市長の定数を2人から1人に減らす条例改正案を賛成多数で可決し[93]、安芸高田市の副市長の定数は1人になり[94]、石丸が提案した人物の副市長就任は不可能となった。

安芸高田市議会議員定数半減条例改正案[編集]

2022年5月24日、石丸は同6月10日開会予定の安芸高田市議会定例会で、現在16の安芸高田市議会議員定数を半数の8にする条例改正案を提出する意向を示した[95]。同年3月に市議会が副市長定数削減の条例改正案を可決し、石丸の目玉人事を封じたことから、石丸は市議会議員半減の条例改正案を提出することにしたが、議会側は2020年にも定数を2削減しており、石丸の定数半減案に対しては、「定数は議会の根幹。半減すれば、市民の声が反映されなくなる」と猛反発した[96]。石丸は「(副市長定数の削減時に)何が起きていたのか、何が問題だったのかを周知できると思い提案したというのも狙いとしてある」とも説明した[97]

同年6月10日、石丸が条例改正案を議会に提出した。石丸は提案理由について副市長の定数減の際の理由が財政健全化であったことや、「居眠りをする、一般質問をしない、説明責任を果たさない。こんな議員はいらないという声を多く聞く」として、半減により競争が生まれて議員の質が高まるなどと主張したが、同日の採択では、賛成1、反対14の大差で否決された[98][99][100][101][102][103]。石丸は採決後、「子供のけんかという評価はその通りだと思う。ただなぜそれが起きたかを知ってほしい」と、原因は議会側の姿勢にあると改めて主張[98]。市側から議員定数削減が提案されるのは異例のことであり[103]、識者からも「そもそも市長が議員定数の削減を提案すること自体が二元代表制の趣旨に反する」(関東学院大学法学部准教授・牧瀬稔(自治体政策学))などの疑問の声が上がった[98]

8月末に市は市民の声を施策に生かす「市民モニター制度」(98人)を使い、全市議16人の評価を問うたアンケート結果を公表。石丸は議員定数の半減理由の補足として実施したと説明した[104]。9月12日の定例市議会の一般質問では議員から「市の施策の評価や要望を聞くという目的から完全に外れている」などの指摘を受け、これに対し石丸は、「市民のニーズを把握し、市が今後行っていく施策に生かす目的で聞いている。当然、市という中には議会も含まれている。市民のニーズは議員に対する評価にほかならない」と反論し、アンケートの有効性を強調した[105]

台風接近中の他県トライアスロン大会出場[編集]

2022年12月の安芸高田市議会において、2022年9月17日から19日の3連休中に大型台風が接近する中、18日に千葉県で開催されたトライアスロン大会に参加していたことが指摘され、また、副市長と外出先や目的の情報が共有されていなかったこと、権限代行者が定められていなかったことが明らかにされた[106]。市議の指摘に対し、石丸は「事前の臨時幹部会議においてあらゆる想定をして機械的に実行しており、随時情報を共有していた」と反論し、大会参加の適示について「公務外であり、プライベートの詮索」「はっきり言ってキモイ」と批判した[106][107]

翌年2023年9月に一般会計決算が市議会によって不認定とされたが、台風接近中のトライアスロン大会への参加によって市民に不安と不信を与えたことが理由として挙げられた[108]

無印良品出店計画[編集]

2023年4月に市は、生活雑貨大手「無印良品」を展開する良品計画と協定を締結。市内の「道の駅 三矢の里あきたかた」に無印良品の店舗を開き、地域資源を活用した商品開発などを進める計画であったが、市が改修の設計費などの関連予算450万円を、議会の議決を通さず専決処分で決めたことに議会側が反発。議会側は専決処分を承認せず、施設改修費3300万円を盛り込んだ当年度の一般会計補正予算案についても、改修費分を削減した修正案を提出した。6月16日の本会議では議員から「独断と専行を許すわけにはいかない」「今回の企業誘致を議会の判断でさえぎれば、今後、誘致にのる企業が現れるか危惧している」といった賛否両論の意見が出たが、賛成多数で修正案が可決され、同年12月に予定していた出店が見通せない状況となった[109]。6月29日に議会で「行政手続きをないがしろにした」として石丸に対する問責決議が賛成多数で可決された。不信任決議案も提出されていたが、こちらは反対多数で否決された。石丸は「不信任決議案が可決されれば市民に議会への信を問うことができた。反対した議員は自分の議席を失いたくないからで、権力の私物化だ」と一部議員の対応を批判した[110][111]

YouTube映像使用動画投稿許容[編集]

2023年9月13日、石丸は、市や市議会が公開する市長記者会見や市議会一般質問のYouTube映像を使った動画がネット上に多数投稿されていることについて、著作権は市に帰属するとしながらも、「知名度が高まるのは莫大なメリット」と強調し「許容する」との認識を示した。市公式チャンネルの動画再生回数の伸びを踏まえ、広告で収益を図るとした[112]

安芸高田市議会広報紙「議会だより」[編集]

安芸高田市議会が発行する広報紙「議会だより」について、石丸は内容に「虚偽がある」として「議会だより」発行にかかる経費およそ150万円の計上を拒否し、「記述は要約であり虚偽ではない」とする市議会と対立した[113][114]

石丸は、2022年9月の市議会一般質問において国・県への陳情要望活動について問われた際、件数を挙げて市長交代前より増加傾向にあることを示しつつ県議会議長や議長への会議以外での面会は不要であり実施していないと答弁した。「議会だより」ではこの一連の答弁について「それなりにやっている」と記述したが、これについて石丸は虚偽であると批判した[113][115][114][116][117]

経緯は以下の通り。

  • 2024年1月22日、安芸高田市議会が年4回発行する広報紙「議会だより」について、石丸は内容に虚偽があるとし「正しい情報が担保されていない」と指摘し、2024年度当初予算案への経費計上を見送る可能性を示した。議会側は「虚偽は確認できず、知る権利を軽んじている」と反論している。市は近く最終判断するとした[118]
  • 2024年1月29日、議会広報特別委員会の協議が行われた[113]。同日、議長の大下正幸は、市長が指摘する一般質問の記述は議事録にないとしながらも「(市長)答弁の要約」とする回答書を市長へ届け[113]、「議会だより」の内容は虚偽ではないという結論を市長に伝えた[114]
  • 2024年1月31日、石丸は臨時記者会見を開き、2024年度当初予算案に「議会だより」発行経費を計上しないと発表した[119]。大下から「議会だより」訂正などの対応がなかったことから「議会だよりには市民の知るべき情報が載っていない。広報紙で間違ったことを伝えてはいけないというのは大前提で、この正当性が担保されないと捉えたので、議会だよりの予算は落ちる」と説明した[114]。また、石丸は「今後、議会側の出方次第では対応を考える」とした[120]。今年度の広報紙の予算は、およそ150万円[120](年4回発行)。大下は「予算を計上しないことを市民が納得するのか。市長の権限で予算を削るのはいかがなものかと思う」と主張している[114]
  • 2024年3月15日、安芸高田市議会予算決算委員会は、2024年度一般会計当初予算案について、議会だよりの発行経費を追加する議員提案の修正案を賛成12、反対1で可決した。定例会最終日の21日の本会議でも可決される見通し[121]
  • 2024年3月21日、市議会は本会議を開き、2024年度一般会計当初予算案について、市長の石丸が予算計上しなかった議会広報紙「議会だより」の発行費を追加する議員提案の修正案を賛成13、反対1で可決した[122]。石丸は閉会後、地方自治法が定める市長の予算提出権限の侵害に当たるとし、大下議長に再度の議決を求める再議書を出した[122]。また、閉会後、石丸は見解を聞くため全議員を応接室に呼んだところ応じた市議は3人だった[123]
  • 2024年3月29日、市議会臨時会が予算案の審議のやり直しの求めに応じて開かれ、再び賛成多数で可決された[124]。石丸は、知事に申し立てができる「特別的拒否権」について慎重に検討したいとしている[124]
  • 2024年4月18日、石丸は臨時記者会見を開き、市議会広報紙「議会だより」の発行費について議会側の予算追加は地方自治法などに違反するとして、19日(申立て期限)までに地方自治法に基づいて知事への審査申し立てをすると発表した[125][126][127]

ふるさと納税[編集]

SNSで石丸が話題となった2023年8月以降、ふるさと納税寄付額は、2023年8月度は前年同月を1,354万円超える2,091万円という大幅に前年同月を超える現象が起きた。安芸高田市の2022年度ふるさと納税寄付額約2億円に対して、2023年9月のふるさと納税寄付額は前年同月比10倍となる約1億円を超えた[18]。これは1ヶ月で前年度のふるさと納税寄付額の約半分にあたる[18]。10月にはXの安芸高田市公式アカウントで「臨時の財源があれば安芸高田市の教育分野への投資を増やせるので、是非ともご支援をお願いします」とふるさと納税を呼び掛けている[18]

2023年10月10日、Xの安芸高田市公式アカウントで、安芸高田市ふるさと納税史上初の体験型返礼品「石丸市長との昼休み」の応募を開始し、開始3分で売り切れ[18]、東京、横浜、大阪から安芸高田市を訪れ石丸と昼休みを過ごした[128]。今後、市は第2弾の体験型返礼品の提供を検討している[18]

2023年11月、ふるさと納税返礼品の限定品として、サンフレッチェ広島が優勝した2022年のルヴァンカップ決勝で登場し話題になった、通常サイズの約3倍の高さ約80cmを誇る通称「デカサンチェ」が限定40個で登場した[129][130]

地元市民グループからの辞職要求[編集]

2024年1月10日、30人の市民でつくる「安芸高田市政刷新ネットワーク」が、「恫喝」発言を巡る訴訟で石丸の市議に対する名誉毀損を認定した一審広島地裁判決などを踏まえ、市政を混乱させたとして、石丸に市長辞職を求める要求書を安芸高田市に提出した[131][132][133][134][135]

2024年1月22日、定例記者会見で石丸は、「論ずるに値しない事案だ。一部の政治活動をしている団体がそうしたことを主張している。それ以上でもそれ以下でもない」と語った[136]

YouTube自治体の公式チャンネル登録者数日本一[編集]

2024年1月18日、安芸高田市YouTube公式チャンネルの登録者数が20万人を突破し、自治体のYouTube公式チャンネルとして全国最多となった[137]。安芸高田市が記録更新するまでは、神戸市の登録者数が19万人あまりで最も多かったが、それを抜いて安芸高田市が日本一となった[137]

2024年5月10日現在、登録者数25万人超えで、全国の自治体で最多(安芸高田市調べ)[60]。5月11日時点で登録者数25.9万人だったが、5月12日未明までに登録者数26万人超えとなった。

政策・主張[編集]

  • マイナンバーカード健康保険証と一体化すること(マイナ保険証の開始)による事実上のカード取得義務化を打ち出した政府方針を評価する[138]
  • 赤字鉄道路線の維持の是非について問うアンケートで、「どちらかといえば廃線とするべきだ」と回答。理由として公費負担の増加や、マイカーバスなど他の交通手段があることを挙げた[138]
  • 日本政府の新型コロナウイルス対策の評価について、2023年4月のアンケートで「どちらかといえば評価しない」と回答[138]
  • ふるさと納税はやめるべきという主張であったが、2023年度の月例定例会見やXにおいて、その主張に変化が生じたと発言している[138]
  • 次世代原発の開発・建設の推進などを盛り込んだ2022年12月の政府基本方針に「どちらかといえば賛成」と回答[138]

訴訟[編集]

SNSでの「恫喝」投稿[編集]

石丸は、Twitterに「市議から恫喝を受けた」とする趣旨で投稿し、後日メディアの前で一人の市議(以後Aとする)を名指しした。市議選を目前に控えたAは根拠のない誹謗中傷で政治活動を妨害された提訴した。広島地裁は(公務中の行為であったと認定し、市長個人でなく)市に対し33万円の賠償を命じた[139][140]

経緯は以下の通り。

  • 2020年9月、石丸が安芸高田市議会9月定例会で、一般質問の最中に居眠りしていた議員がいたことをTwitterでつぶやいた[139]。そのつぶやきを問題視した安芸高田市議会は、非公開の協議会に石丸を呼び出し議員全員の前で説明を求めた[139]。この協議会の翌日に、石丸はTwitterで「敵に回すなら政策に反対するぞと説得?恫喝?あり」と数人の議員から恫喝されたとつぶやいた[139]
  • これを受けて2020年10月、すべての議員が集まる全員協議会が開かれ、石丸は恫喝したとする議員の中でAのみを名指し、恫喝発言の張本人が自分であるかのような印象を与えたとAは受け取った[139]。Aは「恫喝と受け取られたのなら大変残念」「言葉足らずで誤解を生んだ」と釈明し、石丸は「同志がいるとの認識に改める」と応じた[76]
  • 2021年3月29日、Aは広島県庁で記者会見し、昨年9月30日の石丸とAとのやりとりの音声記録を公開し、該当する発言はなかったと訴えた[141]
  • 2021年6月9日、Aが、石丸から虚偽の発言で名誉を傷つけられたとして、500万円の損害賠償を求めて広島地方裁判所に提訴した[139]
  • 2021年7月16日の第1回口頭弁論で石丸側は「A市議は協議会で自ら発言を認めていて、言い分を変遷させる経過は不自然。発言は事実である」などと主張して、請求の棄却を求めた[142]
  • 2023年12月26日、Aが石丸の言動により支援者を失うなど社会的評価を損なったと主張し、石丸個人に500万円、市長の公務中の行為であったとして安芸高田市に330万円の賠償を求めていた裁判で[143]、広島地裁(光岡弘志裁判長[140])は石丸に名誉を損なう行為があったとし、安芸高田市に33万円の賠償を命じ、石丸個人への請求は職務上の行為を理由に棄却した[140]。同日、判決について石丸は「『議会を敵に回すと政策が通らなくなりますよ』の言葉どおりの動きになっている。その事実を公に示すことができた。よって、当初の目的は完遂したと評価している」とコメントした[144]
  • 2024年1月9日、安芸高田市は一審判決を不服として専決処分で広島高等裁判所に控訴した[145]。Aも同日、判決を不服として控訴した[146]
  • 2024年1月22日、定例記者会見で石丸は、控訴した理由について裁判所が「A市議が恫喝した証拠が石丸市長のメモしかない」として「恫喝」発言の存在を認めなかった判断を不服とした、と明らかにした[136]
  • 2024年2月14日、市議会は臨時会を開き、石丸伸二市長のA市議に対する名誉毀損を認定した「どう喝」を巡る訴訟で[147]、市に賠償を命じた広島地裁判決を不服として市が控訴した際の専決処分の承認案について、賛成1、反対12で承認案を否決した[148]。承認されなかったことで控訴を取り下げる法的拘束力はない[147]
  • 2024年4月24日、控訴審初公判、即日結審[149][150]。判決は2024年7月3日を予定[151]

選挙ポスター制作費未払い[編集]

  • 2023年5月30日に広島地裁(財賀理行裁判官[152])は、2020年の市長選の際に、石丸が選挙ポスター制作費を一部しか支払わなかったとして、広島市の印刷会社が訴訟を起こし、印刷会社が請求した72万9395円全額の支払いを命じた。石丸側は「公費負担となる選挙運動費用の上限を報酬額とする合意があった」と主張し、公費上限に当たる34万8154円のみを支払っていたが、判決では「営利企業が赤字になることをいとわず業務を請け負う理由は乏しく、合意があったと認めることはできない」とし、具体的な報酬額については製造原価、業務量などから業者側が主張した見積額と新聞折込費用の計107万7549円が相当であると結論付けた。石丸は判決について「弁護士に任せていて判決内容をまだ確認していない。今後、弁護士と相談して対応したい」と述べた[153][154]
  • 2023年9月27日、控訴審の第1回口頭弁論が広島高裁で開かれ即日結審した[155]。判決は12月13日予定[155]
  • 2023年12月13日、広島高裁(西井和徒裁判長[156])は、石丸側に残額の支払いを命じた一審広島地裁判決を支持し、石丸側の控訴を棄却[157][158][159]
  • 2023年12月15日、石丸側は控訴を棄却した広島高裁判決を不服として最高裁判所に上告受理を申し立てた[160]

ライブ配信[編集]

出演[編集]

2021年
  • ドキュメント広島『#新人市長と議会のオキテ 〜“つぶやき”が生んだ混乱〜』[161](2021年5月2日、広島ホームテレビナレーション:榮真樹(HOMEアナウンサー)
  • テレメンタリー2021『#つぶやき市長と 議会のオキテ〜400日の“議論”の行方〜』(2021年11月11日[162]テレビ朝日 / 制作:広島ホームテレビ)ナレーション:福山潤
2022年
2023年
  • pivot TAKL『【安芸高田市・石丸市長に聞く】議会・中国新聞と戦う理由/メディアのサラリーマン化/20年後の財政問題/自治体破綻で地獄を見るのは…』[172](2023年8月28日、YouTube司会:佐々木紀彦
  • 報道リアリティーショー ABEMA Prime『ひろゆき×安芸高田市長 政治を変えるのに論破は必要?構図の炙り出しに効果?』[173][174](2023年9月1日、ABEMA)MC:ひろゆき
  • WATCH『このマチ、潰しません。安芸高田市の「20年後」』[175](2023年10月1日、広島テレビナレーション:西名みずほ
  • ReHacQ SP(2023年10月1日・10月10日、YouTube)司会:高橋弘樹 / 安芸高田市議会熊高昌三議員(6期目)[176]と対談
    • 前編『【石丸伸二vsメディア】なぜ揉める?安芸高田市長と本音雑談【㊙︎ゲストも登場】』[177](2023年10月1日)
    • 後編『【安芸高田市長vs不信任案提出の議員】石丸伸二の野望とは?【本音トーク】』[178](2023年10月10日)
  • ピタニュー『根回し無し!波乱も!安芸高田市”ガチンコ議会”の舞台裏』[179](2023年10月3日、広島ホームテレビ)
  • 選挙ドットコムちゃんねる 第261回(2023年12月26日、27日、28日、YouTube)全3回
    • #1『【議会と対立を続ける2つの理由】安芸高田市・石丸市長が”狙い”を激白!メディアとも同じ理由で対立を続けている?』[180](2023年12月26日)
    • #2『【市長の次は国政へ?】安芸高田市・石丸市長の”次なるキャリア”に迫る!国政に放り込んでも機能しない!?』[181](2023年12月27日)
    • #3『【石丸市長が裏金疑惑を切る】金でしか勝てない人は政治家を辞めてほしい!必要な改革は何?』[182](2023年12月28日)
  • 【初ゲーム実況?】安芸高田市・石丸伸二市長と一緒にゲームで「まちづくり」!インフラ問題、官製婚活、教育分野への投資などもじっくり聞いてみた【創造タウンズ島/ゲームさんぽ】[183](2023年12月29日、YouTube)
2024年
  • NewsPicks『【待望】国政政党が今最も注目する市長「石丸伸二」に野望を聞いた』[184](2024年1月10日、YouTube)
  • ReHacQ旅 広島&島根(2024年1月21日28日・2月4日、YouTube)西田亮介・高橋弘樹を案内
    • #1『【石丸市長vs副議長】安芸高田!奥広島のまったり旅…西田亮介【清志会vs毛利元就】』[185](2024年1月21日)
    • #2『【石丸市長vs議会】なぜ揉める?政治家の本音暴露【安芸高田市】』[186](2024年1月28日)井上咲楽を案内
    • #3『【石丸市長vs清志会の裏側】「あきたかた焼き」巡る…衝撃攻防戦【絶品の馬刺し】』[187](2024年2月4日)井上咲楽を案内
    • #4『【石丸市長も絶句】安芸高田の山奥…忘れられぬ夜【西田亮介】』[188](2024年2月11日)井上咲楽と「あきたかた焼き」を食べた。
    • #5『【安芸高田vsGHQ】石丸市長が明かす…瀬島龍三も絶賛の神事秘史【ガチ秘境】』[189](2024年2月18日)
    • ReHacQ SP『【石丸市長vs高橋弘樹】衝撃事実!裏側をぶっちゃけトーク【旅の思い出】』[190](2024年3月3日)
  • センセイ!そこんとこどーなん?(2024年1月18日24日2月10日、広島ホームテレビ)全3回 MC:春香クリスティーン
    • 前編『【地方議会に潜入#2前編】「想像以上、こんなにピリついて…」政治マニアの春香クリスティーンが直撃|安芸高田市議会』[191](2024年1月18日)
    • 中編『【地方議会に潜入#2中編】「もはや、どうこうなる状況ではない」政治マニアの春香クリスティーンが直撃|安芸高田市議会』[192](2024年1月24日)
    • 後編『【地方議会に潜入#2後編】街の声「このままでは手遅れになりそう」 政治マニアの春香クリスティーンが直撃|安芸高田市議会』[193](2024年2月10日)
  • 堀潤激論サミット『これからの“地方自治”のあり方とは?』(2024年1月24日[194]TOKYO MX
  • 古舘伊知郎チャンネル(2024年1月31日、YouTube)全3回
    • 前編『【市議会と対立】孤独に闘うエリート市長の本音に迫る!石丸伸二は日本政治の救世主になるのか!?【前編】』[195](2024年1月31日)
    • 中編『市長再選?それとも国政進出か?気になる石丸市長の今後。「恥を知れ 恥を」石丸喋りの原点は〇〇だった!【中編】』[196](2024年2月7日)
    • 後編『【石丸市長の涙…】まともな人ほど政治家にならない!一極集中の東京を弱体化させたい。その理由は?【後編】』[197](2024年2月14日)
  • 選挙ドットコムちゃんねる 2024年4月28日投開票 衆院補選長崎3区島根1区東京15区)開票特番 第一部(2024年4月28日、YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』)元・衆議院議員豊田真由子と出演
    • 2024年4月28日投開票 衆院補選(長崎3区・島根1区・東京15区)開票特番 ライブ配信[198](2024年4月28日19:50~)
    • 『第298回 #1【石丸市長×豊田真由子】昔の飲酒運転と同じ!?政治家が汚職に染まる理由!』[199](2024年5月3日)2024年4月28日生配信特番より「裏金問題の現場」について
    • 『第298回 #2【衝撃】石丸市長が東京都知事選挙に立候補!?』[200](2024年5月4日)2024年4月28日生配信特番より
    • 『第298回 #3 石丸市長と豊田真由子が提案「選挙妨害の封じ方」!東京15区補選で選挙妨害の疑い…』[201](2024年5月5日)2024年4月28日生配信特番より
  • ReHacQ『【緊急生配信】石丸市長…なぜ市長辞めるんですか?【安芸高田市】』[202](2024年5月13日、YouTube)

映画化[編集]

寄稿[編集]

  • PRESIDENT 2023年12月1日号 p.18-20「石丸市長直伝◎話し方の鉄則 100話したいなら10000準備する」(プレジデント社
  • 京都大学新聞2024年3月16日号(京都大学新聞社)【企画】卒業生インタビュー 石丸伸二さん(安芸高田市長)自分の使い道を見つけたい[13]

連載[編集]

  • 市長コラム「私のお気に入り ~#市長が訪ねてみる~」(「広報あきたかた」[205]2021年4月号(第1回) - 2024年6月号(第38回)最終回予定[206]※石丸が記事を書き、事業費はゼロ円[207]
  • 孤高のリーダー 元アナリスト市長の安芸高田戦記(2023年12月14日-24日、全11回[208]みんかぶマガジン)Yahoo!ニュースにも2023年12月から2024年1月まで期間限定で掲載された[209]
  • 短期集中連載 ワケあって炎上中 日本一有名なインフルエンサー市長が学んだこと 安芸高田市長・石丸伸二(週刊SPA Vol.1:2024年4月23日・30日号(合併特大号) - )

著書[編集]

単著
共著
  • 三菱東京UFJ銀行円貨資金証券部著『国債のすべて―その実像と最新ALMによるリスクマネジメント』(2012年9月15日、きんざいISBN 978-4322121339
    執行役員市場企画部長当時の亀澤宏規が監修し、円貨資金証券部ALM戦略グループ当時の石丸が第1章「日本国債の概要」・第3章「海外の国債市場と欧州ソブリン危機」を執筆[215][216]

講演会[編集]

  • どうなる?安芸高田のみらい(2021年3月28日-4月11日 主催:安芸高田市の未来を創る会)石丸市長参加全5回
  1. どうなる?安芸高田のみらい in 向原[217](2021年3月28日 会場:向原生涯学習センターみらい 多目的ホール)
  2. どうなる?安芸高田のみらい in 吉田 パート1[218](2021年4月3日 会場:安芸高田市民文化センター クリスタルアージョ)
  3. どうなる?安芸高田のみらい in 美土里[219](2021年4月4日 会場:美土里町生涯学習センター まなび)
  4. どうなる?安芸高田のみらい in 吉田 パート2[220](2021年4月9日 会場:安芸高田市民文化センター クリスタルアージョ)
  5. どうなる?安芸高田のみらい in 甲田[221](2021年4月11日 会場:甲田文化センター ミューズ)
  • 全国若手市議会議員の会 中国ブロック 危機管理研究部会「安芸高田市の市政運営」「安芸高田市の危機管理」(2022年4月13日、主催:全国若手市議会議員の会 会場:神楽門前湯治村)
  • あきたかた市民セミナー「よくわかる金融経済」(2023年8月23日・26日、主催:安芸高田市教育委員会 会場:安芸高田市民文化センター クリスタルアージョ)
  • 政策起業塾 特別公開講座「安芸高田を地方政治・変革の起点に」(2023年10月1日、主催:政策起業塾、zoom開催)
  • 全国地域政党サミットin湯河原「議会から?首長から?日本を変えるのはどっちだ!?」~若手首長と、首長を目指したい議員を招いて~(2024年1月21日、主催:地域政党サミット 会場:湯河原町商工会館302号室)※石丸の講演は、第1部『首長の立場から地方政治を語る』「後顧の憂いを断つ」。
  • 一般社団法人東京ニュービジネス協議会「石丸市長(広島・安芸高田市)特別講演・地域課題プレゼンテーション」(2024年2月7日、会場:日本橋オルクドール)
  • 徳島市長内藤佐和子・安芸高田市長石丸伸二「徹底討論 未来に向けた地方のあり方を考える!!」(主催:みんなでいっしょに前へ!実行委員会)」
    • 1st DISCUSSION[222](2024年2月10日、繊維会館3階ホール)
    • 2nd DISCUSSION(2024年4月13日予定、内藤佐和子後援会事務所)
  • Climber(クライマーズ)2024(2024年5月16日、会場:東京ビッグサイト、主催:eightテレビ東京GOETHE)石丸伸二「私達の未来へ向けて 変われるし、変えられる」[64]

脚注[編集]

  1. ^ 市町長・議員の任期満了日 - 選挙管理委員会│広島県”. 広島県選挙管理委員会 (2024年5月7日). 2024年5月17日閲覧。
  2. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、343頁。
  3. ^ 広島県安芸高田市 石丸 伸二市長”. 全国青年市長会. 2024年1月25日閲覧。
  4. ^ 三矢の訓協議会よりサンフレッチェ広島へ特産品の贈呈式を行いました。”. 安芸高田市 産業部 商工観光課 (2022年). 2024年2月7日閲覧。
  5. ^ a b 石丸 伸二 公式サイト. 石丸伸二 後援会 (2020年)
  6. ^ a b c d e f g 令和2年8月9日執行 安芸高田市長選挙 選挙公報” (PDF). 安芸高田市選挙管理委員会 (2020年). 2024年1月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e 地方から日本を変える! 安芸高田市長・石丸伸二「個人の人生で考えたら(市長になるのは)割に合わないです。でも、社会として考えたら、めちゃめちゃコスパがいい」│週プレNEWS”. 集英社 (2022年11月12日). 2024年1月25日閲覧。
  8. ^ 「補助金をもらうことが議員の仕事ではない!」金ばかりせびる居眠り議員に「恥を知れ!」と激怒した41歳安芸高田市長が婚活事業を廃止した理由│みんかぶマガジン”. MINKABU THE INFONOID (2023年12月14日). 2024年3月18日閲覧。
  9. ^ 38歳の新市長と広島県 安芸高田市を変える。「2人目の副市長」公募開始。”. en Japan (2021年1月). 2024年1月25日閲覧。
  10. ^ a b 市長プロフィール│安芸高田市”. 安芸高田市 総務部 秘書広報課 (2020年). 2024年1月25日閲覧。
  11. ^ 過ち糧に新しい政治へ 安芸高田市長・石丸伸二さん(38)=安芸高田市【決別 金権政治 参院広島・再選挙を前に】<4>”. 中国新聞デジタル (2021年4月4日). 2024年1月25日閲覧。
  12. ^ 石丸伸二氏が都知事選出馬を正式表明「優先して取り組まねばならないことがある」”. 日刊スポーツ (2024年5月17日). 2024年5月17日閲覧。
  13. ^ a b c 【卒業生インタビュー 京大出たあと、何したはるの?】Vol.8 安芸高田市長 石丸伸二さん 自分の使い道を見つけたい”. 京都大学新聞社 (2024年3月16日). 2024年4月17日閲覧。
  14. ^ 安芸高田市長・石丸伸二氏登場!市議会との対立の裏にある2つの狙いとは?選挙ドットコムちゃんねるまとめ”. 選挙ドットコム (2024年1月4日). 2024年1月30日閲覧。
  15. ^ 【トップインタビュー】「悪名は無名に勝る」=石丸伸二・広島県安芸高田市長│ iJAMPポータル”. 時事通信社 (2023年6月9日). 2024年3月26日閲覧。
  16. ^ X(旧Twitter)石丸伸二(安芸高田市長)@@shinji_ishimaru(2022年6月17日). 2024年1月29日閲覧。
  17. ^ a b 「吾往かん」石丸伸二(ビジネス書)”. KADOKAWA (2024年). 2024年5月2日閲覧。
  18. ^ a b c d e f 広島・安芸高田市、9月度のふるさと納税寄付額が1億円突破 前年同月比10倍に│日本ネット経済新聞”. 株式会社日本流通産業新聞社 (2023年11月14日). 2024年2月3日閲覧。
  19. ^ tv asahi「放送番組審議会」からのお知らせ「第28回 PROGRESS賞」受賞作決定”. テレビ朝日ホールディングス (2022年). 2024年3月1日閲覧。
  20. ^ 映画『#つぶやき市長と議会のオキテ 劇場版』公式WEBサイト”. 広島ホームテレビ (2024年). 2024年3月26日閲覧。
  21. ^ 【2024.2.12開催】あきたかたMeet-up オンライン#11” (2024年2月12日). 2024年2月20日閲覧。
  22. ^ a b 令和4年第1回安芸高田市議会3月定例会” (PDF). 安芸高田市 (2022年3月7日). 2024年5月19日閲覧。
  23. ^ a b c d 石丸伸二│人物一覧│集英社オンライン”. 集英社 (2019年9月22日). 2024年1月25日閲覧。
  24. ^ X(旧Twitter)石丸伸二(安芸高田市長@shinji_ishimaru)(2021年1月17日). 2024年1月30日閲覧。
  25. ^ 九十九里トライアスロン2019 2019年9月22日 オリンピックディスタンス 男子総合” (PDF). 九十九里トライアスロン事務局 (2019年9月22日). 2024年1月30日閲覧。
  26. ^ 九十九里トライアスロン2020 2020年10月11日 男子総合” (PDF). 九十九里トライアスロン事務局 (2020年10月11日). 2024年1月25日閲覧。
  27. ^ 九十九里トライアスロン2021 2021年10月31日 オリンピックディスタンス 男子総合” (PDF). 九十九里トライアスロン事務局 (2021年10月31日). 2024年1月30日閲覧。
  28. ^ 九十九里トライアスロン2022 オリンピックディスタンス 男子総合 2022年9月18日” (PDF). 九十九里トライアスロン事務局 (2022年9月18日). 2024年1月25日閲覧。
  29. ^ とくしまマラソン2023大会記録”. とくしまマラソン実行委員会 (2023年3月). 2024年3月3日閲覧。
  30. ^ 2023年大会模様(大会結果)│サンポート高松トライアスロン~瀬戸内国際体育祭~”. サンポート高松トライアスロン大会事務局 (2023年). 2024年1月25日閲覧。
  31. ^ リザルト / Results│JTU Web Magazine -公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)” (2023年). 2024年1月25日閲覧。
  32. ^ 九十九里トライアスロン2023 2023年10月8日 オリンピックディスタンス 男子総合” (PDF). 九十九里トライアスロン事務局 (2023年10月8日). 2024年1月30日閲覧。
  33. ^ 「姫路は第二の故郷」石丸・安芸高田市長も完走 銀行員時代に勤務、万感の笑み 姫路城マラソン”. 神戸新聞NEXT (2024年2月11日). 2024年2月5日閲覧。
  34. ^ 2024そうじゃ吉備路マラソン 男 子 ハーフマラソン B組(35~49歳) 【 記 録 表 】” (PDF). Japan Athletic Information Center(陸上競技インフォメーションセンター) (2024年2月25日). 2024年3月3日閲覧。
  35. ^ 生涯で読んだマンガは2万冊以上!安芸高田市長・石丸伸二さんに聞く為政者としての参考書4選”. 小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」 (2024年5月5日). 2024年5月18日閲覧。
  36. ^ DIME 2024年4月号 通巻802号「ビジネスパーソンに捧ぐ マンガ賢者11名に捧ぐ必読BEST」. 小学館. 2024年2月25日閲覧。
  37. ^ 2007年度以前のメンバー│京都大道芸倶楽部 Juggling Donuts”. 京都大道芸倶楽部 Juggling Donuts. 2024年1月25日閲覧。
  38. ^ a b c 居眠り議員に「恥を知れ!」。石丸伸二市長41歳、“腐敗しきっていた政治”から目指す場所”. 日刊SPA! (2024年4月9日). 2024年5月16日閲覧。
  39. ^ 石丸伸二X(2024年4月5日)。2024年5月18日閲覧。
  40. ^ 「結婚の強迫観念なくす」安芸高田市長が考える少子化対策”. 毎日新聞 (2023年1月7日). 2024年1月30日閲覧。
  41. ^ “速報 広島県 安芸高田市長が現金授受認める”. 広島ホームテレビ. (2020年6月24日). オリジナルの2020年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200625073014/https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20200624048306 2020年6月25日閲覧。 
  42. ^ “安芸高田市長、60万円を受領 前法相から昨年の参院選前”. 東京新聞. (2020年6月24日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/37646 2020年6月25日閲覧。 
  43. ^ 石川昌義 (2020年6月30日). “安芸高田市長が辞職表明 現金受領、首長3人目【動画】”. 中国新聞. https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=657317&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年6月30日閲覧。 
  44. ^ “【速報】安芸高田市長が辞職 克行容疑者から60万円 市議会臨時会で同意”. 中国新聞. (2020年7月3日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=658401&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年7月3日閲覧。 
  45. ^ “竹本副市長が立候補へ 安芸高田市長選、近く表明”. 中国新聞. (2020-07-0 5). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=659052&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年8月10日閲覧。 
  46. ^ “安芸高田市長選 銀行員・石丸氏が立候補へ あす表明 /広島”. 毎日新聞. (2020年7月21日). https://mainichi.jp/articles/20200721/ddl/k34/010/252000c 2020年8月10日閲覧。 
  47. ^ a b 東谷晃平、北村哲朗 (2020年8月9日). “「丸刈り市長」後任は37歳元銀行員 安芸高田市長選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN897JDLN88PITB00N.html 2020年8月10日閲覧。 
  48. ^ 政治再建「ほぼ達成」 安芸高田市長が見解”. 中国新聞デジタル (2023年9月12日). 2023年10月20日閲覧。
  49. ^ 2024年夏の広島県安芸高田市長選、新人の藤本悦志氏が立候補を表明”. 中国新聞デジタル (2023年11月30日). 2023年12月1日閲覧。
  50. ^ 安芸高田市長選に藤本氏立候補│NHK広島 NEWS WEB”. NHK (2023年11月30日). 2023年12月1日閲覧。
  51. ^ 来年8月の安芸高田市長選挙 元郵便局長の新人(51)が立候補表明 現職の石丸市長は「まだ決めてない」│FNNプライムオンライン”. Fuji News Network (2023年11月30日). 2023年12月1日閲覧。
  52. ^ 【速報】石丸市長が不出馬を表明 7月の安芸高田市長選挙”. テレビ新広島 (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  53. ^ 石丸・安芸高田市長が再選不出馬表明 市政の課題「あらかたケリ」”. 朝日新聞デジタル (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  54. ^ 安芸高田市石丸市長 次の市長選挙には立候補しない意向│広島 NEWS WEB”. NHK (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  55. ^ 安芸高田市・石丸市長 次の市長選に立候補せず│広テレ!NEWS NNN”. 広島テレビ (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  56. ^ 石丸市長2期目出馬せず「政治家続ける」「政治のエンタメ化必要」 安芸高田市”. 広島ホームテレビ (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  57. ^ 安芸高田市・石丸市長 次の市長選に立候補せず 政治活動は続ける意向「対象は全ての選挙」”. テレビ新広島 (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  58. ^ 安芸高田市長が再選不出馬、都知事選「前向きに検討」”. 日本経済新聞 (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  59. ^ 広島・安芸高田市長、再選不出馬を表明 都知事選「前向きに検討」”. 毎日新聞 (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  60. ^ a b 東京都知事選出馬を「前向きに検討」 広島・安芸高田の石丸伸二市長が再選不出馬を表明”. 産経新聞 (2024年5月10日). 2024年5月10日閲覧。
  61. ^ 「J1広島の応援続けて」安芸高田市長・石丸伸二が衆院選で岸田首相と対決か”. BIGLOBEニュース(FOOTBALL TRIBE) (2024年5月11日). 2024年5月11日閲覧。
  62. ^ a b c 胡子洋; 林淳一郎 (2024年5月10日). “安芸高田市長の不出馬表明 議会や有権者の反応さまざま”. 中国新聞デジタル. 2024年5月10日閲覧。
  63. ^ a b Climbers 2024”. Sansan株式会社 (2024年). 2024年5月16日閲覧。
  64. ^ a b Climbers 2024 Speaker 5.16 THU 12:50-14:35 石丸伸二”. Sansan株式会社 (2024年). 2024年5月16日閲覧。
  65. ^ 広島県安芸高田市の石丸伸二市長、東京都知事選に出馬へ”. 日本経済新聞社 (2024年5月16日). 2024年5月16日閲覧。
  66. ^ 石丸伸二 [@shinji_ishimaru] (2024年5月16日). "#東京都知事選 に出ることにしました。". X(旧Twitter)より2024年5月17日閲覧
  67. ^ 石丸・安芸高田市長、都知事選は無所属で出馬「地方の衰退止める」”. 朝日新聞デジタル (2024年5月17日). 2024年5月17日閲覧。
  68. ^ a b 記者会見_都知事選出馬表明フル(2024年5月17日)”. 石丸伸二公式YouTube『まるチャンネル』 (2024年5月15日). 2024年5月15日閲覧。
  69. ^ 石丸伸二 Twitter(2021年2月19日)
  70. ^ 安芸高田市パートナーシップ制度はじまります! | 安芸高田市
  71. ^ “安芸高田市 全6中学校を1つに統合する方向で保護者に説明へ”. NHK NEWS WEB. (2022年11月28日). https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20221128/4000020415.html 2023年6月19日閲覧。 
  72. ^ 中学校の統合に係る説明会開催状況”. 安芸高田市 (2023年9月20日). 2024年1月25日閲覧。
  73. ^ a b c “安芸高田市長、市議会から「どう喝」 ツイッターで市議の居眠り指摘後 「敵に回すなら政策に反対するぞ」”. 中國新聞. (2020年10月2日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/56309 2023年6月18日閲覧。 
  74. ^ 安芸高田市長と「恥を知れ」と批判された「66歳市議」の評判 事態は泥沼化で不信任案の提出も”. 新潮社. 2024年5月19日閲覧。
  75. ^ 【対立の発端?】“居眠り”議員が記者会見で改めて主張 市長は診断書の中身を確認せずシュレッダー”. 広島ホームテレビ. 2024年5月19日閲覧。
  76. ^ a b c “市長どう喝の意図否定「私としては優しい言葉で…」 安芸高田市議が釈明”. 中國新聞. (2020年10月20日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/55868 2023年6月18日閲覧。 
  77. ^ “安芸高田市議会「どう喝なし」と回答 議員居眠り指摘投稿、石丸市長は不快感”. 中國新聞. (2020年10月30日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/55550 2023年6月18日閲覧。 
  78. ^ “居眠り?病で意識喪失?市長VS市議会 広島・安芸高田”. 朝日新聞. (2020年11月7日). https://www.asahi.com/articles/ASNC66V9FNC5PITB00R.html 2023年6月18日閲覧。 
  79. ^ “安芸高田市長が全協退席 報告の一部、議会が認めず”. 中國新聞. (2021年1月20日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/93902 2023年6月18日閲覧。 
  80. ^ “安芸高田市長、11人中6人に答弁 3月の市議会一般質問、どう喝問題「対話の意思踏まえ判断」”. 中國新聞. (2021年2月26日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/90424 2023年6月18日閲覧。 
  81. ^ “安芸高田市長が混乱を陳謝 一般質問再開、5人の質問に答弁”. 中國新聞. (2021年3月5日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/89749 2023年6月18日閲覧。 
  82. ^ a b 広島県安芸高田市 副市長の公募開始 起業経験者など歓迎”. 日本経済新聞 (2021年1月6日). 2024年2月4日閲覧。
  83. ^ a b c d e f g 給与70万円、副市長公募に1千人超 「想定よりも…」”. 朝日新聞デジタル (2021年1月25日). 2024年2月4日閲覧。
  84. ^ a b c d e 副市長公募に殺到4115人、商社や官公庁出身 広島県安芸高田市”. 中国新聞デジタル (2021年2月1日). 2024年2月4日閲覧。
  85. ^ “安芸高田副市長公募に4115人 目標の4倍超、市長「驚いた」”. 神戸新聞. (2021年2月1日). https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202102/0014047896.shtml 2021年2月2日閲覧。 
  86. ^ 安芸高田市 副市長の公募に4115人の応募│NHK政治マガジン”. NHK (2021年2月2日). 2024年2月4日閲覧。
  87. ^ 和泉恵太 (2021年3月1日). “公募の副市長に34歳女性内定、一般社団法人職員 安芸高田市、4115人が応募”. 中国新聞. https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/90106 2021年3月2日閲覧。 
  88. ^ 東谷晃平 (2021年1月25日). “給与70万円、副市長公募に1千人超 「想定よりも…」”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP1S77L2P1NPITB003.html 2021年1月27日閲覧。 
  89. ^ “【速報】公募の34歳副市長 選任同意案を否決 安芸高田市議会”. 中国新聞. (2021年3月10日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/89317 2021年3月10日閲覧。 
  90. ^ a b 和泉恵太 (2021年5月25日). “【速報】安芸高田市長、副市長の選任同意案の再提案を表明 一度否決された全国公募の四登氏”. 中国新聞. https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/81889 2021年5月26日閲覧。 
  91. ^ 大久保貴裕 (2021年6月3日). “公募の副市長人事案、2度目の否決 市長手法に議会反発”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP626RSRP62PITB003.html 2021年6月3日閲覧。 
  92. ^ a b 3度目「NO」溝深く 副市長人事案めぐり再議”. 朝日新聞デジタル (2021年6月29日). 2024年2月4日閲覧。
  93. ^ 安芸高田市の副市長2人を1人に削減、議会可決 市長は「暴走」と批判”. 中国新聞デジタル (2022年3月8日). 2022年6月3日閲覧。
  94. ^ 安芸高田市副市長定数条例”. 安芸高田市 (2020年3月7日). 2022年6月3日閲覧。
  95. ^ 【議会の意思を尊重】安芸高田市長 議員定数半分の改正案を提出へ「財政健全化のため」│YouTubeチャンネル【公式】HOME広島ニュース. 広島ホームテレビ(2022年5月24日). 2022年6月8日閲覧。
  96. ^ メガ銀出身の市長、「居眠り議員は要らない」と半減条例を提案へ…対立エスカレート”. 読売新聞オンライン (2022年6月3日). 2022年6月3日閲覧。
  97. ^ 安芸高田市・石丸市長 議員定数を半減する条例改正案提出へ 市長と議会の対立続く│広島ニュースTSS”. テレビ新広島 (2022年6月3日). 2022年6月3日閲覧。
  98. ^ a b c “広島・安芸高田市、「議員半減」を議会で否決”. 日本経済新聞. (2022年6月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC065GN0W2A600C2000000/ 2023年6月18日閲覧。 
  99. ^ 安芸高田 市議定員半減案 反対多数で否決 市長の提案通らず│NHK広島 NEWS WEB”. NHK (2022年6月10日). 2022年6月11日閲覧。
  100. ^ メガバンク出身市長「恥を知れ、恥を」 “議員定数半減”案否決 過疎の街で続く対立 広島│RCCニュース”. 中国放送 (2022年6月10日). 2022年6月11日閲覧。
  101. ^ 揺れる安芸高田市 「議員半減案」 採決の結果は…? 広島│ニュース・報道│HOME広島ホームテレビ”. 広島ホームテレビ (2022年6月10日). 2022年6月11日閲覧。
  102. ^ 安芸高田市 石丸市長提出「議員定数半減の議案」反対多数で否決 市長と議会の対立続く│広島ニュースTSS”. テレビ新広島 (2022年6月10日). 2022年6月11日閲覧。
  103. ^ a b “「恥を知れ」市長提出の議員半減案否決、議会との根深い対立 広島・安芸高田”. 産経新聞. (2022年6月10日). https://www.sankei.com/article/20220610-WISAFCOD7FPBRBAZYIQ4BPZASA/ 2022年6月10日閲覧。 
  104. ^ “全市議16人の評価、安芸高田市が公表 市民モニター制度でアンケート”. 中國新聞. (2022年8月30日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/208196 2023年6月19日閲覧。 
  105. ^ “安芸高田市 アンケートめぐり市長と議会側の対立が続く”. NHK NEWS WEB. (2022年9月12日). https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20220912/4000019446.html 2023年6月19日閲覧。 
  106. ^ a b “台風接近時に他県へ、市長の危機対応は? 安芸高田市幹部、「外出」の場所や目的把握せず”. 中國新聞. (2022年12月20日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/251123 2024年5月17日閲覧。 
  107. ^ 令和4年第4回(12月)定例会 12月12日 一般質問 会議録” (PDF). 安芸高田市 (2022年). 2024年5月17日閲覧。
  108. ^ “安芸高田市議会 昨年度の市の一般会計の決算認定せず”. NHK NEWS WEB. (2022年9月22日). https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20230922/4000023668.html 2024年5月17日閲覧。 
  109. ^ “「無印」出店に市議会が「待った」 広島県安芸高田市の予算案”. 朝日新聞. (2023年6月17日). https://www.asahi.com/articles/ASR6J7T5HR6JPITB006.html 2023年6月18日閲覧。 
  110. ^ “安芸高田市議会 市長の問責決議案を可決 不信任決議案は否決”. NHK. (2023年6月29日). https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20230629/4000022802.html 2023年6月29日閲覧。 
  111. ^ “安芸高田市議会、市長への問責決議案可決 道の駅への「無印」出店計画巡り 市長不信任決議案は否決”. 中国新聞. (2023年6月29日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/325246 2023年6月29日閲覧。 
  112. ^ 動画使った投稿「許容」、安芸高田市長が認識 記者会見・一般質問の市公式ユーチューブ”. 中国新聞デジタル (2023年9月13日). 2023年10月26日閲覧。
  113. ^ a b c d 安芸高田市議会議長「答弁の要約」 市長の「議会だよりに虚偽」指摘受け回答”. 中国新聞デジタル (2024年1月30日). 2024年1月31日閲覧。
  114. ^ a b c d e 安芸高田市 市議会広報紙の発行予算計上せず│NHK広島 NEWS WEB”. NHK (2024年1月31日). 2024年1月31日閲覧。
  115. ^ 市政の動き(広報あきたかた 2024年3月号)”. 安芸高田市. 2024年5月18日閲覧。
  116. ^ 安芸高田市議会 令和4年第3回(9月)定例会 会議録 9月13日 一般質問”. 安芸高田市. 2024年5月18日閲覧。
  117. ^ 議会だより第75号 2022(令和4)年11月15日発行”. 安芸高田市 (2022年11月15日). 2024年5月18日閲覧。
  118. ^ 安芸高田市議会広報紙の予算見送りも 市長「正しい情報が担保されず」、議会側「虚偽は確認できず」”. 中国新聞デジタル (2024年1月23日). 2024年1月22日閲覧。
  119. ^ 「議会だより」の発行経費、予算計上見送り 安芸高田市長が表明”. 中国新聞デジタル (2024年1月31日). 2024年1月31日閲覧。
  120. ^ a b 安芸高田市・石丸市長 「議会だより」発行の予算を計上しない考え│広テレ!NEWS NNN”. 広島テレビ (2024年1月31日). 2024年1月31日閲覧。
  121. ^ 安芸高田市の「議会だより」発行費追加へ 議員提案の修正案可決”. 中国新聞デジタル (2024年3月15日). 2024年3月17日閲覧。
  122. ^ a b 広報紙予算追加案可決 安芸高田市長、再議求める”. 中国新聞 (2024年3月21日). 2024年3月26日閲覧。
  123. ^ 「不適切にもほどがある」石丸市長 安芸高田市議会「議会だより」修正予算案を可決 議会と市長の溝深く…”. テレビ新広島 (2024年3月21日). 2024年3月26日閲覧。
  124. ^ a b 石丸市長VS安芸高田市議会 「議会だより」修正予算を再び可決 「特別的拒否権」行使を慎重に検討”. テレビ新広島 (2024年3月29日). 2024年3月29日閲覧。
  125. ^ 議会広報紙巡り審査申し立てへ 広島知事に安芸高田市長”. 中国新聞デジタル (=2024-04-18). 2024年4月20日閲覧。
  126. ^ 石丸市長 県知事に審査申し立てへ 「議会だより」予算で議会と対立 広島・安芸高田市”. テレビ新広島 (2024年4月18日). 2024年4月20日閲覧。
  127. ^ 安芸高田市長、知事に審査申し立て 議会だよりの経費含む予算めぐり”. 朝日新聞デジタル (2024年4月19日). 2024年4月20日閲覧。
  128. ^ 週刊SPA2024年2月27日号 通巻3807号 エッジな人々1125回「いつか消滅しても安芸高田の名前を残したい 安芸高田市長 石丸伸二」. 扶桑社. 2024年2月25日閲覧。
  129. ^ 安芸高田市のふるさと納税返礼品に高さ約80cmの「デカサンチェ」が登場! 18万4000円以上の寄付でもらえる”. 超ワールドサッカー! (2023年11月8日). 2024年2月3日閲覧。
  130. ^ サンフレッチェ広島【公式】X(旧Twitter)(@sanfrecce_SFC)2023年11月8日. 2024年2月2日閲覧。
  131. ^ 「市政が混乱」石丸市長に辞職を要求 “どう喝問題”による名誉棄損で敗訴 広島・安芸高田市│RCCニュース”. 中国放送 (2024年1月10日). 2024年1月22日閲覧。
  132. ^ 広島・安芸高田市の市民団体 石丸市長の辞職を求める要求書を市に提出│広テレ!NEWS NNN”. 広島テレビ (2024年1月10日). 2024年1月22日閲覧。
  133. ^ 石丸市長の“どう喝”裁判で安芸高田市が敗訴 市民団体が石丸市長辞任求める要求書提出 広島”. 広島ホームテレビ (2024年1月10日). 2024年1月22日閲覧。
  134. ^ 石丸市長の「どう喝」訴訟 安芸高田市が一審判決に不服と控訴 市民団体が市長に辞職求める│広島ニュースTSS”. テレビ新広島 (2024年1月10日). 2024年1月22日閲覧。
  135. ^ 安芸高田市長の辞職求める文書、市民団体が市に提出”. 中国新聞デジタル (2024年1月10日). 2024年1月22日閲覧。
  136. ^ a b 石丸市長「どう喝」裁判 「一審判決は恣意的にどう喝発言の存在を認めず」控訴理由を明らかに 安芸高田市”. テレビ新広島 (2024年1月22日). 2024年1月23日閲覧。
  137. ^ a b 安芸高田市「YouTube登録20万人超 全国最多」│広島 NEWS WEB”. NHK (2024年1月22日). 2024年1月25日閲覧。
  138. ^ a b c d e “安芸高田市長 石丸 伸二氏へのアンケート結果を特集”. 読売新聞. (2023年4月1日). https://www.yomiuri.co.jp/election/local/survey/detail/34214/ 2023年6月19日閲覧。 
  139. ^ a b c d e f 「私はどう喝していない」広島安芸高田市女性市議が市長を提訴…法廷闘争で今後の行方はどうなる?”. FNNプライムオンライン (2021年6月9日). 2023年10月2日閲覧。
  140. ^ a b c 安芸高田市に33万円支払い命令、市議の名誉毀損訴訟 広島地裁判決 市長個人への請求は棄却”. 中国新聞デジタル (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  141. ^ 山根氏「どう喝なかった」 安芸高田市議が音声公開、市長に反論”. 中国新聞デジタル (2021年3月29日). 2023年12月26日閲覧。
  142. ^ 「どう喝していない」第1回口頭弁論 広島・安芸高田市長を市議会議員が提訴(RCC中国放送) - Yahoo!ニュース(RCC中国放送)”. web.archive.org (2021年7月16日). 2021年7月18日閲覧。
  143. ^ 広島・安芸高田の「恫喝」問題 市に33万円の賠償命令 市長個人への訴えは棄却│産経新聞ニュース”. 産経新聞 (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  144. ^ 安芸高田市長「どう喝」 地裁「発言・投稿は真実と認められず│NHK 広島 NEWS WEB”. NHK (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  145. ^ 市議の名誉毀損訴訟で安芸高田市が控訴、市議側も”. テレビ新広島 (2024年1月10日). 2024年1月10日閲覧。
  146. ^ 石丸市長の「どう喝」訴訟 安芸高田市が一審判決に不服と控訴 市民団体が市長に辞職求める”. 中国新聞デジタル (2024年1月10日). 2024年1月10日閲覧。
  147. ^ a b 石丸市長「どう喝」訴訟 ”控訴”専決処分案を否決 控訴取り下げの法的拘束力はなし 安芸高田市議会│広島ニュースTSS”. テレビ新広島 (2024年2月14日). 2024年2月15日閲覧。
  148. ^ 控訴の専決処分を不承認 安芸高田市議会”. 中国新聞デジタル (2024年2月14日). 2024年2月15日閲覧。
  149. ^ 安芸高田市議の名誉毀損訴訟、控訴審が即日結審 広島高裁、判決は7月3日”. 中国新聞デジタル (2024年4月24日). 2024年4月25日閲覧。
  150. ^ 石丸市長「恫喝」訴訟 一審は安芸高田市側が敗訴 控訴審は即日結審”. テレビ新広島 (2024年4月24日). 2024年4月25日閲覧。
  151. ^ 安芸高田市の石丸市長訴えた裁判の控訴審始まる 市議側「石丸市長の個人的責任も認めるべき」 広島”. 広島ホームテレビ (2024年4月24日). 2024年4月25日閲覧。
  152. ^ 安芸高田市長に選挙ポスター製作費の支払い命じる 広島地裁│NHK広島 NEWS WEB”. NHK (2023年5月30日). 2023年12月18日閲覧。
  153. ^ 安芸高田市長に選挙ポスター製作費の支払い命じる 広島地裁│広島 NEWS WEB”. NHK広島 (2023年5月30日). 2022年5月31日閲覧。
  154. ^ “安芸高田市長に選挙ポスターやビラ費用の支払い命じる 広島地裁”. 中國新聞. (2023年5月31日). https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/313178 2023年8月16日閲覧。 
  155. ^ a b 安芸高田市長選ポスター、報酬額は「言い値」 控訴審で安芸高田市長側 広島高裁”. 中国新聞デジタル (2023年9月27日). 2023年10月2日閲覧。
  156. ^ 安芸高田市長側の控訴棄却 市長選ポスター訴訟、支払い命じた判決支持 広島高裁”. 中国新聞デジタル (2023年12月13日). 2023年12月13日閲覧。
  157. ^ 安芸高田市長選ポスター訴訟 石丸市長に支払命じる 広島高裁が控訴棄却│広テレ!NEWS”. 広島テレビ (2023年12月13日). 2023年12月13日閲覧。
  158. ^ 安芸高田市・石丸市長の控訴棄却 市長未払いの選挙ポスター製作費 支払いを命じる 広島高裁│広島ニュースTSS”. テレビ新広島 (2023年12月13日). 2023年12月13日閲覧。
  159. ^ 【市長と業者のメールも】広島・安芸高田市の石丸市長が再び敗訴 選挙ポスター費など一部未払い 広島高裁判決”. 中国放送 (2023年12月14日). 2023年12月18日閲覧。
  160. ^ 安芸高田市長選ポスター訴訟、石丸市長側が上告受理申し立て”. 中国新聞デジタル (2023年12月15日). 2023年12月18日閲覧。
  161. ^ ドキュメント広島『#新人市長と議会のオキテ 〜“つぶやき”が生んだ混乱〜』”. YouTubeチャンネル『【公式】HOME広島ニュース』 (2021年5月6日). 2024年1月22日閲覧。
  162. ^ 2021年11月10日(水)放送「#つぶやき市長と 議会のオキテ~400日の“議論”の行方~」|過去の放送|テレメンタリー|テレビ朝日”. テレビ朝日 (2021年). 2024年1月22日閲覧。
  163. ^ ドキュメント広島SP『#つぶやき市長と議会のオキテ 〜そこに“議論”はあるか〜』”. YouTubeチャンネル『【公式】HOME広島ニュース』 (2022年3月28日). 2024年1月22日閲覧。
  164. ^ はい!テレビ朝日です バックナンバー #850 2023年1月15日 第28回PROGRESS賞②”. テレビ朝日 (2023年1月15日). 2024年3月1日閲覧。
  165. ^ ABEMA Prime『【議員半減】「センセーショナルさを狙った」議会もメディアも機能不全?広島 安芸高田市長に聞く』”. YouTubeチャンネル『ABEMA Prime #アベプラ【公式】』 (2022年6月1日). 2024年2月3日閲覧。
  166. ^ ABEMA Prime『「議員を半減」案!元銀行マン・市長(39)の挑戦 人口減少...安芸高田の未来』”. 株式会社AbemaTV (2022年5月31日). 2024年1月22日閲覧。
  167. ^ a b <暴露>30代で当選した現役市長3名がひろゆき&成田悠輔に地方の闇を明かす!│日経テレ東大学│テレ東プラス”. テレビ東京 (2022年8月18日). 2024年2月2日閲覧。
  168. ^ 【議会改革】橋下徹も絶賛「恥を知れ!」安芸高田市長の議会改革&バズり術”. YouTube『ABEMAニュース【公式】』チャンネル (2022年8月21日). 2024年2月15日閲覧。
  169. ^ 【首長と政党】「実際は歯止めだらけだった」橋下徹×安芸高田市長〝恥を知れ!〟若手首長と議論”. YouTube『ABEMAニュース【公式】』チャンネル (2022年8月21日). 2024年2月15日閲覧。
  170. ^ 【安芸高田市長】「政治のエネルギーは怒りだ」橋下徹が絶賛!&政治家のセカンドキャリア問題”. YouTube『ABEMAニュース【公式】』チャンネル (2022年8月21日). 2024年2月15日閲覧。
  171. ^ NewsBAR橋下『#183 橋下徹×安芸高田市長・石丸伸二「恥を知れ!」話題の40歳首長/市長与党は独裁?』”. 株式会社AbemaTV (2022年8月20日). 2024年1月22日閲覧。
  172. ^ pivot TAKL『【安芸高田市・石丸市長に聞く】議会・中国新聞と戦う理由/メディアのサラリーマン化/20年後の財政問題/自治体破綻で地獄を見るのは』”. YouTubeチャンネル『PIVOT 公式チャンネル』 (2023年8月28日). 2024年2月1日閲覧。
  173. ^ ABEMA Prime『【論破力】市長が議会やメディアと対立?意見がぶつかることは大事?広島・安芸高田市長&ひろゆきと議論|アベプラ』”. YouTubeチャンネル『ABEMA Prime #アベプラ【公式】』 (2023年9月3日). 2024年2月1日閲覧。
  174. ^ ABEMA Prime『ひろゆき×安芸高田市長 政治を変えるのに論破は必要?構図の炙り出しに効果?』”. 株式会社AbemaTV (2023年9月1日). 2024年2月2日閲覧。
  175. ^ WATCH『このマチ、潰しません。安芸高田市の「20年後」』”. YouTubeチャンネル『広テレ!NEWS』 (2023年10月3日). 2024年1月22日閲覧。
  176. ^ YouTubeチャンネル『川根の熊ちゃんネル《熊高昌三公式ch》』. 2024年2月3日閲覧。
  177. ^ ReHacQ SP『【石丸伸二vsメディア】なぜ揉める?安芸高田市長と本音雑談【㊙︎ゲストも登場】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2023年10月1日). 2024年1月22日閲覧。
  178. ^ ReHacQ SP『【安芸高田市長vs不信任案提出の議員】石丸伸二の野望とは?【本音トーク】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2023年10月10日). 2024年1月22日閲覧。
  179. ^ ピタニュー『根回し無し!波乱も!安芸高田市”ガチンコ議会”の舞台裏』”. YouTubeチャンネル『【公式】HOME広島ニュース』 (2023年10月4日). 2024年1月22日閲覧。
  180. ^ 選挙ドットコムちゃんねる 第261回 #1”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』. 2024年1月22日閲覧。
  181. ^ 選挙ドットコムちゃんねる 第261回 #2”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』 (2023年12月27日). 2024年1月22日閲覧。
  182. ^ 選挙ドットコムちゃんねる 第261回 #3『【石丸市長が裏金疑惑を切る】金でしか勝てない人は政治家を辞めてほしい!必要な改革は何?』”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』 (2023年12月28日). 2024年1月22日閲覧。
  183. ^ 【初ゲーム実況?】安芸高田市・石丸伸二市長と一緒にゲームで「まちづくり」!インフラ問題、官製婚活、教育分野への投資などもじっくり聞いてみた【創造タウンズ島/ゲームさんぽ】”. ライブドアニュース (2023年12月29日). 2024年3月5日閲覧。
  184. ^ NewsPicks『【待望】国政政党が今最も注目する市長「石丸伸二」に野望を聞いた』”. YouTube『NewsPicks /ニューズピックス』チャンネル (2024年1月10日). 2024年2月1日閲覧。
  185. ^ ReHacQ旅 広島&島根 #1『【石丸市長vs副議長】安芸高田!奥広島のまったり旅…西田亮介【清志会vs毛利元就】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年1月21日). 2024年1月22日閲覧。
  186. ^ ReHacQ旅 広島&島根 #2『【石丸市長vs議会】なぜ揉める?政治家の本音暴露【安芸高田市】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年1月28日). 2024年1月29日閲覧。
  187. ^ ReHacQ旅 広島&島根 #3『【石丸市長vs清志会の裏側】「あきたかた焼き」巡る…衝撃攻防戦【絶品の馬刺し】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年2月4日). 2024年2月4日閲覧。
  188. ^ ReHacQ旅 広島&島根 #4『【石丸市長も絶句】安芸高田の山奥…忘れられぬ夜【西田亮介】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年2月11日). 2024年2月11日閲覧。
  189. ^ ReHacQ旅 広島&島根 #5『【安芸高田vsGHQ】石丸市長が明かす…瀬島龍三も絶賛の神事秘史【ガチ秘境】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年2月18日). 2024年2月20日閲覧。
  190. ^ ReHacQ SP『【石丸市長vs高橋弘樹】衝撃事実!裏側をぶっちゃけトーク【旅の思い出】』”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年3月3日). 2024年3月5日閲覧。
  191. ^ センセイ!そこんとこどーなん?『【地方議会に潜入#2前編】「想像以上、こんなにピリついて…」政治マニアの春香クリスティーンが直撃|安芸高田市議会』”. YouTube『【公式】HOME広島ニュース』チャンネル (2024年1月26日). 2024年2月5日閲覧。
  192. ^ センセイ!そこんとこどーなん?『【地方議会に潜入#2中編】「もはや、どうこうなる状況ではない」政治マニアの春香クリスティーンが直撃』|安芸高田市議会”. YouTube『【公式】HOME広島ニュース』チャンネル (2024年2月3日). 2024年2月5日閲覧。
  193. ^ センセイ!そこんとこどーなん?『【地方議会に潜入#2後編】街の声「このままでは手遅れになりそう」 政治マニアの春香クリスティーンが直撃|安芸高田市議会』”. YouTube『【公式】HOME広島ニュース』チャンネル (2024年2月10日). 2024年2月11日閲覧。
  194. ^ 2024年1月24日(水) 20:30~「堀潤激論サミット」★『これからの“地方自治”のあり方とは?』安芸高田市長と議論”. TOKYO MX (2024年). 2024年3月18日閲覧。
  195. ^ 古舘伊知郎チャンネル『【市議会と対立】孤独に闘うエリート市長の本音に迫る!石丸伸二は日本政治の救世主になるのか!?【前編】』”. YouTubeチャンネル『古舘伊知郎チャンネル』 (2024年1月31日). 2024年2月1日閲覧。
  196. ^ 古舘伊知郎チャンネル『市長再選?それとも国政進出か?気になる石丸市長の今後。「恥を知れ 恥を」石丸喋りの原点は〇〇だった!【中編】』”. YouTubeチャンネル『古舘伊知郎チャンネル』 (2024年2月7日). 2024年2月7日閲覧。
  197. ^ 古舘伊知郎チャンネル『【石丸市長の涙…】まともな人ほど政治家にならない!一極集中の東京を弱体化させたい。その理由は?【後編】』”. YouTubeチャンネル『古舘伊知郎チャンネル』 (2024年2月14日). 2024年2月15日閲覧。
  198. ^ 【生放送】衆院補選 開票速報をお届け!4月28日(日)19:50~|選挙ドットコムちゃんねる”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』 (2024年4月28日). 2024年5月3日閲覧。
  199. ^ 選挙ドットコムちゃんねる 第298回 #1『【石丸市長×豊田真由子】昔の飲酒運転と同じ!?政治家が汚職に染まる理由!』”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』 (2024年5月3日). 2024年5月3日閲覧。
  200. ^ 選挙ドットコムちゃんねる 第298回 #2『【衝撃】石丸市長が東京都知事選挙に立候補!?』”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』 (2024年5月4日). 2024年5月4日閲覧。
  201. ^ 選挙ドットコムちゃんねる 第298回 #3『石丸市長と豊田真由子が提案「選挙妨害の封じ方」!東京15区補選で選挙妨害の疑い…』”. YouTubeチャンネル『選挙ドットコムちゃんねる』 (2024年5月5日). 2024年5月5日閲覧。
  202. ^ 【緊急生配信】石丸市長…なぜ市長辞めるんですか?【安芸高田市】”. YouTubeチャンネル『ReHacQ−リハック−【公式】』 (2024年5月13日). 2024年5月13日閲覧。
  203. ^ ドキュメンタリー映画「#つぶやき市長と議会のオキテ 劇場版」特報(2024年3月1日). 2024年3月1日閲覧。
  204. ^ 広島・安芸高田市議会の騒動を追った「つぶやき市長と議会のオキテ」公開、特報解禁│映画ナタリー”. ナターシャ (2024年3月1日). 2024年3月1日閲覧。
  205. ^ 「広報あきたかた」│安芸高田市”. 安芸高田市. 2024年2月15日閲覧。
  206. ^ 石丸伸二X(2024年5月13日)#ライブ配信 の中で言及したコラム「私のお気に入り」です。コラムを通して、#安芸高田市 にある色々なお気に入りを紹介してきました。次回6月号が最終回となる予定です. 2024年5月18日閲覧.
  207. ^ 「広報あきたかた」令和3年4月号 p9「私のお気に入り~#市長が訪ねてみる~第1回」. 2024年2月5日閲覧。
  208. ^ 孤高のリーダー 元アナリスト市長の安芸高田戦記”. 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド (2023年12月). 2024年1月25日閲覧。
  209. ^ Yahoo!ニュース みんかぶマガジン「孤高のリーダー 元アナリスト市長の安芸高田戦記」”. Yahoo!ニュース みんかぶマガジン (2023年12月). 2023年12月18日閲覧。
  210. ^ 『覚悟の論理』早期購入特典のご案内│ディスカヴァー・トゥエンティワン”. ディスカヴァー・トゥエンティワン (2024年4月10日). 2024年4月20日閲覧。
  211. ^ e-hon”. 株式会社トーハン (2024年). 2024年1月26日閲覧。
  212. ^ セブンネットショッピング”. 株式会社セブンネットショッピング (2024年). 2024年1月26日閲覧。
  213. ^ Honya Club”. 日本出版販売株式会社 (2024年). 2024年1月26日閲覧。
  214. ^ 紀伊國屋書店”. 紀伊國屋書店 (2024年). 2024年1月26日閲覧。
  215. ^ 国債のすべて―その実像と最新ALMによるリスクマネジメント(2012年9月15日)執筆者紹介. きんざい
  216. ^ 国債のすべて/三菱東京UFJ銀行円貨資金証券部【著】紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店. 2024年3月18日閲覧。
  217. ^ どうなる? 安芸高田のみらい in 向原 2021年3月28日(日)”. YouTube『安芸高田市の未来を創る会』チャンネル (2021年3月30日). 2024年2月5日閲覧。
  218. ^ どうなる? 安芸高田のみらい in 吉田 2021年4月3日(土)”. YouTube『安芸高田市の未来を創る会』チャンネル (2021年4月6日). 2024年2月5日閲覧。
  219. ^ 【音声修正】どうなる? 安芸高田のみらい in 美土里 2021年4月4日(日)”. YouTube『安芸高田市の未来を創る会』チャンネル (2021年4月5日). 2024年2月5日閲覧。
  220. ^ どうなる? 安芸高田のみらい(吉田)2021年4月9日(金)”. YouTube『安芸高田市の未来を創る会』チャンネル (2021年4月9日). 2024年2月5日閲覧。
  221. ^ どうなる? 安芸高田のみらい(甲田)2021年4月11日(日)”. YouTube『安芸高田市の未来を創る会』チャンネル (2021年4月11日). 2024年2月5日閲覧。
  222. ^ ないとうさわこチャンネル『【内藤市長×石丸市長】未来に向けた地方のあり方を考える!!』”. YouTubeチャンネル『ないとうさわこチャンネル』 (2024年2月10日). 2024年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]